【ビデオ】心眼で見る パッティングの距離感

2017.11.17
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「心眼で見るパッティングの距離感」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

長年の実践経験をもとに
絶対的なタッチを持つプロに対して、

月に1、2回のラウンドでプロのような
距離感を養うはとても大変なことですよね。

距離感を養うにはやはり
“感覚”が必要になります。

今回動画でご紹介する練習法は、
その距離感の“感覚”を最速で養う練習法です。

「この練習法は私が知っている中で、
 距離感を鍛えるための一番良い練習方法です」

と、タイガー・ウッズも絶賛している
パターの距離感を養う練習法とは?

それでは、早速動画をご覧下さい。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

いかがでしたでしょうか?

今回、パッティングの距離感を
養う練習法をご紹介しました。

ロングティーとボールがあれば、
今すぐ実践できる内容なので、
次回ラウンド時には実践してみて下さいね。^^

ただし、、、
僕がオススメするのは3回の練習です。

①ラウンド前

②午後のラウンドに向けて

③ラウンド直後

各10分で良いので練習してみて下さい。
それだけで実際のグリーンでの
経験値は単純にこれまでの3倍になります。

ラウンド直後は課題の宝庫。

パッティングだけでなく、
その日のミスは、その日のうちに
反復練習をする癖を付けましょう。^^

それではまたメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

「ショートゲームはウェッジが9割」

もしあなたが、ショートゲームは
技術が大事と思い込んでいるのなら、
その考え方を今すぐ捨てて下さい。

なぜなら、ショートゲームは
技術ではなくウェッジが9割だからです。

チーム小原監修、徳嵩フィッターが
開発した新型ウェッジ「TK-01」

http://g-live.info/click/tkwg171116/

※職人が一本ずつ手作業で削っている為15セット限り。

 

▼ガッツパー水柿コーチのスイング動画

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス練馬店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
カテゴリー: パッティング, 上達テクニック, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス練馬店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】心眼で見る パッティングの距離感」への2件のフィードバック

  1. 田沼宏之

    ガッツパー水柿先生
    いつも有益なレッスン、有り難うございます。目を瞑ってのパタードリル、是非、取り入れてみます。
    ただ、ラウンド後は、なかなか時間がとれそうもないのが残念ですが、、。
    あきらめの悪い老ゴルファーより

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      田沼宏之様

      コメントありがとうございます!

      ラウンド後にお時間が無いようでしたら、
      ご自宅で2mでも3mでも距離が取れれば行ってみてください!

      その距離でも繰り返し練習して、打った時の感触を掴んでください。^^
      自分の中で感覚を養っていければ必ず上達に繋がります!!

      練習を繰り返していき、感じた事などがありましたら、
      その感覚をまた教えてくださいね。^^

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。