ツアープロにとって心寒くなる季節…?

2017.11.07
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「ツアープロにとって心寒くなる季節…?」

について、お話をしてみたいと思います。

この季節は、肌寒くなってきますが、
僕らツアープロにとっては、心が寒くなるのが
 

 「QT(キューティー=クオリファイイングトーナメント)」
 

です。

非常にプレッシャーのかかる試合

昨年末から年末にかけて、ファイナルQTについて
このメルマガ上で書かせていただきました。

このQTの結果によって、次の年に出場出来る試合の数が
大きく変わってきます。

来年の仕事を取ってこられるかという
非常にプレッシャーのかかる試合が、このQTというわけです。
 
 

以前にもご説明したとおり、
QTはファーストQTからファイナルQTまで4ステップあります。

2016-1115_1

(JGTOより引用 http://www.jgto-qt.jp/about_qt.html )
 
 

結果として、今年は3rdQTで落ちてしまいました。

1999年にQTの制度が発足して以来、
ファイナルQTの手前で落ちたことはなかったのですが、

今年はチャレンジの結果などを考慮しても
残念ながら実力が落ちてきていることを認めざるを得ません。
 

飛距離アップも目標に

来年の出場試合はかなり少なくなりますが、
シニアツアーも近づいてきていますし(あと4年)
努力を続けていかなければすぐに下手になってしまいます。

最近は体力が落ちてきていることを自覚しています。

もちろん年齢的なものもありますが、今年の残りから来年にかけては
トレーニングをメインにやっていこうと思っています。
 
 

ところで、最近の若手は凄く飛ばします。

今回も2番アイアンや3番アイアンで打った若手のティーショットと
僕のドライバーが同じ飛距離ということがありました。

最近では振ると300ヤードを越えていく選手が多くなってきました。

僕は250ヤード~260ヤードなので、
あと20ヤード伸ばすことが目標です。
 
 

よくお客様からも飛距離アップのご要望を頂きますが、
飛距離アップは非常に大変です。

アマチュアの方の場合、軽くしか振っていなかった方は
全力で振るようになれば飛ぶようになります。

また効率よく振ることで飛距離が伸びることもあります。

今後新しい企画が出来るかも…

ですが、基本的には筋力アップを計り
自分自身がパワーアップしてヘッドスピードを上げる。。。

というのが、僕の飛距離アップのメインの考え方です。

今後の飛距離アップへの取り組みはまたメルマガで書きます。
 

3rdQTは落ちたことは非常に残念ですが、
最近はレッスン会にリピートして来てくれるお客様も
多くいらっしゃいます。

そして、来てくれたお客様にいいスコアを出してもらう事にも
凄くやりがいを感じています。

トレーニングの合間に、ゴルフライブからのレッスンでは
今後新しい企画が出来るかもしれませんので
楽しみにしていてください。

千葉でのレッスン会 ※枠に限りあり

事務局からお願いされておりまして、
今月千葉では僕のレッスン会を下記の通り、開催します。

ドライバーとアプローチのレッスン会になります。

残り枠が少なくなっているので、
ご希望の方はお早めにお申込み下さい。
(すでに締め切ってしまっていたら、すみません)
 

◆千葉(11/11 土)

ドライバーレッスン(8:30~11:30)
日時:11月11日(土)
場所:ジャパンゴルフスクール(千葉市若葉区)

http://g-live.info/click/kl171111_0830pdf/
 

アプローチレッスン(13:00~16:00)
日時:11月11日(土)
場所:ジャパンゴルフスクール(千葉市若葉区)

http://g-live.info/click/kl171111_1300pdf/
 

あなたのご参加を、お待ちしております。
 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川武志
 

<本日のオススメ>

誰でもカンタンに飛ばすことができるように
開発されたヘッドとシャフト…

開発元の地クラブメーカーが
一本一本直接クラブを組み立てをした
特別な圧飛ドライバー「DOCUS」。

量販店では決して手に入れることはできません。
残り本数が少なくなってきたので、どうぞお早めに。

http://g-live.info/click/docus171102/

※今だけの「3万円引き」で手に入ります。

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。