アプローチはコレだけで上手くなる。

2017.12.05
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

さて、本日は、
アプローチ巧者になるために
必要な要素についてお話したいのですが、

あなたは何だと思いますか?

私はコレ一つだけ押さえておけば
アプローチが得意になれると思います。

そう、たったのコレだけなんです、、、

例えば、、、

例えばあなたはピンまで
30ヤードの位置にいるとします。

そんなとき何を考えますか?

ちょっと情景を思い浮かべて
イメージしてみて下さい。


答えは出たでしょうか?^^

私が考える
重要な考える事は、

「キャリーとランの比率」です。

キャリーとランの比率を知っておくことで、
おのずと【落とし場所】が決まってくるんです。

アプローチでは【落とし場所】
決めて行うことで、

シンプルに”打つこと”に集中できます。

そうしたら、スタンダードの
ビジネスゾーンの打ち方を習得できれば、

あとはクラブを変えるだけで、
低くて転がる、高くて止まる、
などの球種コントロールができます。

打ち方ひとつでクラブを変えることで、
球種を変える方法が私の1番のオススメです。

下にクラブと
キャリーとランの比率を
まとめておきます。

クラブ キャリー:ラン
アプローチウェッジ 1:1
ピッチングウェッジ 1:2
9番 1:3
8番 1:4
7番 1:5
サンドウェッジ 2:1

アプローチ応用編

さらに応用編です。
ここでは詳しく話しませんが、

・ボール位置を変える
・フェイスを開く

など行っていけば、
アプローチのバリエーションが増えていきます。

ここまできたら、あなたは
圧倒的なアプローチ巧者になれます。

わからないことがあれば
なんでもメッセージを下さいね。

またメールします!

近藤


<本日のオススメ>
<悲報:生産終了決定>

業界差大飛距離を記録した反発チタン搭載の
300y飛ぶフェアウェイウッド。

生産終了決定が決定し、この機会を逃したら、
もう二度とお目にかかれないかもしれません…。


詳しくはこちら

※生産終了決定

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、神田店、新宿店の店長を兼任している。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: アプローチ, スイング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、神田店、新宿店の店長を兼任している。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

アプローチはコレだけで上手くなる。」への6件のフィードバック

  1. 石原英治

    最近、アプローチショットをサンドからアプロチチエッジに変えて、チップインをも狙って打つんですが、どうしても強めにはいり、うまくいきません。

    返信
    1. 近藤 雅彦近藤 雅彦 投稿作成者

      石原さん
      コメントありがとうございます。

      どのクラブにおいても距離感を一定に保つには

      ・振り幅のコントロール
      ・スピードのコントロール

      この2つが重要です。

      まずはアプローチウェッジに変えたことで、サンドと同じ振り幅では飛びすぎてしまうので、
      アプローチウェッジの振り幅と距離の関係に慣れる必要があります。

      そしてもう一つは、一定のスピードで振ることが重要ですので、1、2と口ずさんだり、
      メトロノームの音に合わせて振ったりして、毎回同じテンポで振れるように練習することがオススメです。

      チップインを狙って気合が入りすぎるとテンポが速くなりすぎるので注意が必要です。

      私もよくなります(笑)

      番手による振り幅をつかみ、一定のスピードで振ることができれば、
      距離感が安定してくると思います。

      石原さんの寄せワン、またはチップインの数が増えることを期待しています。

      返信
  2. 植田 忍

    近藤プロ、わかりやすい解説をありがとうございます‼️ちょとお伺いしたいのですが、もしグリーンが速い場合は、この比率はどのように変化しますか?教えて下さい‼️

    返信
    1. 近藤 雅彦近藤 雅彦 投稿作成者

      植田さん
      コメントありがとうございます。

      グリーンが速い状況では、
      例えばAWでキャリーとランの比率が1:1から1:2になったり、
      さらに下りになれば1:3とランの比率が高くなっていきます。

      ぜひコースラウンド時やアプローチグリーンで打った際に、
      キャリーとランの比率をメモにとっていただき、ご自分の物差し(基準)ができると、
      アプローチに対する自信につながりますのでオススメします。

      植田さんのスコアアップに、少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

      返信
  3. yasu119

      近藤プロ、有難うございました。「ボールの位置を変える」とは、スタンス内の幅内の位置でボールを左踵・真ん中・右足甲の位置のことでしょうか?

    返信
    1. 近藤 雅彦近藤 雅彦 投稿作成者

      yasu119さん
      コメントありがとうございます。

      同じ使用クラブでスタンス幅が拳1個分の広さと仮定すると、
      ボール位置と球すじの関係はこんな感じで変化します。

      ・スタンダードはセンター、
      ・ボールを上げたい場合は1個分左(左足親指の前)
      ・低く打ち出したい場合は1個分右(右足親指の前)

      です。
      是非試してみて下さい。

      yasu119さんのスコアアップに、少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。