【必読】コースと練習場で別人!?

2017.12.05
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「コースと練習場で別人!?」

について、お話をしてみたいと思います。

練習場でうまく打てるのに
「コースに行くと全然ダメなんです。」
という方は少なくありません。

そのような悩みのある方にはぜひ、
お読みいただきたいと思っています。

シングル並に見えて「90が切れないんです」

練習場で素晴らしいショットを打っている方がいたとします。
それを見て、
 

 「さぞかしいいスコアでラウンドするのだろうなぁ。」
 

と、きっとあなたも思いますよね。

もちろん、練習場でいいショットを打って
コースでもいいスコアでラウンドする人も当然います。

まぁ、見た目通りですよね。(^.^)
 

これからお話するのは、練習場でレッスンして、
かなりいい球を打つようになったF様というお客様の話なのですが。。。
 

梶川 「Fさん、凄くいい球打っているじゃないですか。
    最近いいスコアも出てるんじゃないですか?」

Fさん「いやいや、全然ダメなんですよ。
    90切れないんですよ。」

梶川 「えっ、70台でラウンドしてもおかしくないくらいの
    ボールが出ていますよ。」

Fさん「いや~、練習場ではいいんですが、
    コースでは全くダメなんです。」

 

実際、F様は本当にいい球を打っているのですが、
こうおっしゃる方は、意外に少なくありませんよね。

ラウンドレッスンに行ってみたら…

梶川 「アプローチ、パターが良くないんですか?」

Fさん「いや~、ショットが曲がるんです」

梶川 「え、これだけいいショットを打っていて
    コースではダメなんですか?(◎_◎;)」

Fさん「はい。。。」

梶川 「。。。それじゃあ、コースで見てみないと分からないので
    ちょっと一緒に行ってみましょうか?」

 

Fさんの打っていたドライバーは、練習場で見ていると
僕より飛んでいるのではないかと思うくらい勢いがあります。

確かに飛ぶ人は曲がるリスクもありますが、
コースではどうなってしまうのか僕は不思議でした。
 

ラウンドレッスンの当日。。。

Fさんは練習場ではいつも通りいい球を打っています。
 

さてスタートホールです。
 

Fさん「よろしくお願いしまぁす」

 (バシュ!)

梶川 「えっ!?(◎_◎;)」

練習場と全く違う…

そこにはいつもと全く違うFさんがいらっしゃいました。

ちなみに僕は、練習場で下半身の動きは
特に重要視して教えていきます。

練習場ではダイナミックに下半身を使うFさんですが、
コースではなんと、右足がベタ足のまま
フィニッシュしているのです。。。(◎_◎;)
 

梶川 「Fさん腰が全く回ってないですけど、どうしたんですか?」

Fさん「なんか曲がるのが怖くて体が思うように動かなくて。。。」

梶川 「練習場ではあれだけいい球を打っているのですから、
    ダイナミックに体を使わないともったいないですよ」

Fさん「そうですよね。。。」

梶川 「とにかく右のかかとは
    フィニッシュで天を指すまで上げましょう」

 

ということで、まずは右足がベタ足にならないよう
意識してもらいました。

するとどうでしょう。
下半身が徐々にいい動きをするようになってきました!
 

そしてとうとう練習場通りのショットが打てるようになって。。。

Fさんはなんと、僕より20ヤードも飛んでいました!(^^;
 

Fさんはコースでは下半身が止まってしまっていたわけですが、
このパターンというのは、多いのかもしれませんね。
 

というわけで、練習場と同じパフォーマンスが出せるように、
あなたもコースでは下半身がしっかり動いているか
確認してみて下さい。

愛知&千葉でのレッスン会 ※残枠わずか

事務局からお願いされておりまして、
今月も愛知で僕のレッスン会を下記の通り、開催します。

アプローチのレッスン会になります。

残り枠が少なくなっているので、
ご希望の方はお早めにお申込み下さい。
(すでに締め切ってしまっていたら、すみません)
 

◆愛知(12/9 土)

アプローチレッスン(8:30~11:30)
日時:12月9日(土)
場所:P&A ゴルフクラブ(愛知県愛西市)

http://g-live.info/click/kl171209_0830pdf/
 

そして、年末になってしまうのですが、
千葉ではドライバーレッスンを開催します。

◆千葉(12/30 土)

ドライバーレッスン(9:00~12:00)
日時:12月30日(土)
場所:ジャパンゴルフスクール(千葉市若葉区)

http://g-live.info/click/kl171230_0900pdf/
 

どちらもあなたのご参加を、お待ちしております。
 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川武志
 

<本日のオススメ>

過去3回販売し、すぐに完売してしまった
ぶっ飛びFW”トライメタル”

なんと今回は奇跡のコラボレーション
飛ばしを極限まで追い求めたシャフト、
「FUBUKI FW」(5万円相当)を標準装備。

飛距離のためだけに開発されたヘッドと
飛距離のためだけに開発されたシャフト。

この異次元タッグがあなたの飛距離を
想像もできない未体験ゾーンへと導きます。


http://g-live.info/click/tm20171130/

※大きな反響が予想されますのでお早めに

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。
カテゴリー: ドライバー, フィニッシュ, メルマガ, 新着メルマガ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。