[+20y]芯食う確率&飛距離がグンとUPドリル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.06.22
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「芯食う確率&飛距離がグンとUPドリル」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

ズバリ、これをやるだけで
プラス20ヤードも可能です。そのドリルとは。。。

バランスディスクドリル

芯を食って飛距離アップを目指すのであれば、
市販のバランスディスクを使って
重心コントロールの練習をすることをオススメします。
 

きっとあなたも理解していらっしゃると思いますが、
ナイスショットにはバランス感覚がとても大切です。

なぜなら、そもそもコースというのは
「すべて傾斜している」
と言ってもいい場所だからです。

ですので、バランス感覚無しにショットは出来ません。
 

 ・重力を感じながら

 ・上体の力を抜いて

 ・重心の動きをコントロールできるようになること
  

これができれば、バランスが崩れないスウィングが
できるようになりますし、

これでボールが打てれば
どんな斜面でもへっちゃらになるはずです。
 

ではここであなたにクイズです。

スウィング中にバランスをとるコツをつかむには
一番どこに気をつけたらよいでしょうか。。。?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、それは。。。
 

フィニッシュでのバランス

アマチュアのほとんどの方というのは、
特にミスショットをした時のフィニッシュで
体のバランスが崩れていると思います。

フィニッシュでバランスが崩れるということは、
実はインパクトする前から既に
バランスは崩れてしまっています。

当たる前から崩れているのですから、
そもそも芯に当たるわけがないのです。
 

この事実は意外と知っているようで
理解されていないと感じることがあるので、
まずはこの事実を認識しておいて下さい。
 

ですが逆に言えば、最後までバランスを崩さない
スウィングを身につけることができたとしたら。。。

芯に当たる確率がグンと上がって、
平均飛距離を20ヤード伸ばすことも夢ではありません。
 

ということで、ここでようやく
バランスディスクの登場です。

バランスディスクを使ったドリル

市販のバランスディスクを使って、
重心コントロールの練習をしてみましょう。
 

 1.左右の足に一つずつ、
   市販のバランスディスクを用意します。

 2.そのうえに立ち、足元がグラつく
   バランスの悪い状態で球を打ちます。

 

たったこれだけです。

もしかしたらあなたも、こうした練習を
プロがやっているのを目にしたことがあるかもしれません。
 

もちろん、始めは難しいと感じるかもしれません。
ですがやっていくうちに、
 

 「あ、重心をコントロールするためには、
  上体の力をすっかり抜いて
  重力を感じることが大事なんだな」

 「やっぱり姿勢が悪いと、
  バランスを崩しやすいな」

 

ということもわかってくるでしょうし、
さらに慣れてくれば

 「左右の股関節に上体がしっかり乗っていれば、
  フルスウィングしても意外と大丈夫だな」

 

ということも体感できます。
 

このように、ひとつ一つをクリアにする過程で
 

 バランスを保ちながらも
 速く、鋭く振るために必要な動き

を覚ることができるというわけです。
 

姿勢を保つために自然と体の重心に意識が向いて
スウィングバランスが良くなりますし、

さらにはバランスを保つための『バランス筋』が鍛えられ、
斜面に強くなる上飛距離も伸びる。。。
 

バランスディスクはまさに、
「良いことずくめ」のドリルです。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

この飛ばしの秘密は、

 「もっと正確に、もっと遠くに飛ばしたい」と
 常にドライバーの進化を求め、暇さえあれば
 ゴルフのことばかり考えてしまう…

そんなあなたのためのものです。

江連プロは本当の上達法を提供していない
この日本のゴルフ業界に
真っ向から挑戦するという意味を込めて…

この度、100%公開する決意をしました。

コチラをクリック

本数限定。特典あり
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: インパクト, ドライバー, ドリル, フィニッシュ, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

[+20y]芯食う確率&飛距離がグンとUPドリル」への1件のフィードバック

  1. 下西貞男

    スイング動作が常に安定しない、安定さすにはなにおすればよいのでしようか、教えて下さいお願いします。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。