パター巧者は、誰とも戦える

2017.12.11
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「パター巧者は、誰とも戦える」

について、お話ししたいと思います。

今日の文章は短めです。
時間を掛けずに、あっさりとお読みいただけると思います。

はじめに。。。冒頭のこの言葉は、私の言葉ではなく
スコットランドのプロゴルファー
ウィリー・パーク・ジュニアの言葉です。

「パットの名手」ウィリー・パーク・ジュニア

ウィリー・パーク・ジュニア(1864~1925年)は
選手時代に「パットの名手」とも呼ばれた人物です。
 

2017-1211_1
 
 

ちなみに父は第1回全英オープンの優勝者、
ウィリー・パーク(・シニア 1833~1903年)です。
 

2017-1211_2
 
 

そんなウィリー・パーク・ジュニアは生前、
こんなことを言っていたそうです。

「パター巧者は、誰とも戦える」

30年前、私は次なる文章を世に送り出した。
 

 「パター巧者は、誰とも戦える」
 

長い歳月に耐え、この一文は最初に作られたときと同じ、今も真実である。
 

あまりのインパクトの強さに多くの物議を醸したものだが、
私自身、多くの賞金マッチに出場して勝ち抜き、
自らの言葉の正しさを証明してきた。
 

当節、この一文が多くに引用されるのを見るにつれ、
私の主張が荒波にもまれて生き残り、
たとえ宇宙が滅びても、この言葉の真実だけは滅びないと
保証印を押されたような気がしてならない。

 
 
 
 

ウィリー・パーク・ジュニアのこの言葉を聞くにつけ
本当にそのことを痛感せずにはいられません。

ついでにボビー・ジョーンズの名言も…

パターについては、かの「球聖(きゅうせい)」
ボビー・ジョーンズも、こんなことを言っています。

せっかくなのでこちらも以下、引用させてください。
 
 

パッティングで大切なこと byボビー・ジョーンズ

とくにグリーンで調子が悪いとき、
まったく信じられないほど崩れてしまう日もあるが、
 

私の場合、パッティングが破壊している最大の原因は、
どのようにストロークするか、そればかり考えすぎて、
ボールをカップに入れようとす集中力に欠けてしまうのである。
 

肝心なのはカップインさせることであり、
パターの動かし方に気がいってしまうと、
パッティングの最大の目的が見失われるのだ。
 

この本末転倒がスランプの原因となる。
 

グリーン上で自分がなすべき目的は、
理想的なパターのストロークを学習することではない。
 

ストロークよりもボールをカップに入れることだけに集中すると、
それだけでゴルフの本当の目標が見えてくる。

 
 
 
 

この言葉を聞くと、私などは
 

 「そうなんだ、これだったんだよ!」
 

と思ってしまいます。
 

このボビー・ジョーンズの名言は、パターだけではなく
ショットにも同じことが言るのではないでしょうか。
 

ただしこれは、あくまで正しいストローク(スイング)が
できている方に当てはまる話となります。

まだ正しいストローク、スイングが固まっていないうちは、
一回一回、意識していく必要がありますよね。

その点は、くれぐれもご注意下さい。
 
 

今日はこんなところにしておきます。

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、
そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

【最終案内…】
大森コーチのウェブセミナーですが
配信のご案内は本日12/11(月)をもって終了となります。

下記のご案内はご覧になりましたか?
まだなら、どうぞお早めにご覧下さい。

http://g-live.info/click/new_datsu_rikimi_op1712/

※無料で見られるのは本日12/11(月)まで

 

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: パター, メルマガ, メンタル, モチベーション, 名言, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

パター巧者は、誰とも戦える」への1件のフィードバック

  1. 松波茂樹

    お辞儀スウィング我ながら一生懸命練習してます
    顔の位置、常に右向きでダウンスウィングに入るのですか?
    それともボールをいつも見ているべきなのですか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。