フィッティングしてスコアが悪くなった!?

2018.01.18
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「フィッティングをしてスコアが悪くなった!?」

という話をしたいと思います。

冒頭からこんなタイトルを書くと、フィッティングについて
変な誤解を与えてしまいそうですが。。。

ですが、フィッティングというものを
改めて理解していただくためには大切なことなので
ここのこの場でお話をしておこうと思いました。

以前にフィッティングをしてクラブを購入

そのお客様は、このゴルフライブの読者様でも比較的
購読歴の短めなお客様だったんですが、

フィッティングに興味をお持ちになって
たまたま募集があった時に運良くお申込みになられました。

フィッティングを受講後、提案したクラブも
気に入っていただき、早速購入。
 

ですが、クラブのお渡しから1~2ヶ月経った頃。。。
そのお客様から電話がかかってきました。
 

 「徳嵩さんすみません。新しいクラブを使っているんですが、
  むしろスコアが悪くなってしまった気がするんですが。。。」

 

たまたまその方は店舗からそれほど
遠くないところにお住まいだったこともあり、
再度スタジオにお越しいただくことになりました。
 

お客様「。。。というわけで、
    前よりもスコアが出なくなっちゃいまして。
    以前のクラブと購入したクラブ、両方持ってきました」

徳嵩 「わかりました。
    じゃあまず、ちょっと打ってみましょうか」

 

 (新しいクラブでボールを打つ)
 

徳嵩 「あー、なるほど。
    振った感じは、いかがですか?」

お客様「うーん。なんかやっぱり違和感があります。
    いつものスイングじゃない感じです」

徳嵩 「じゃあ、前のクラブでも打ってみましょう」
 

 (以前のクラブでボールを打つ)
 

徳嵩 「こっちはどうですか?」

お客様「やっぱりこっちのほうが打ちやすく感じますね。。。」

徳嵩 「なるほど。。。でもまあ、そうでしょうね。
    なんでスコアがよくならないのか、これでわかりました」

お客様「え、どういうことですか?」

繰り返しになりますが…

このお客様の場合、新しいクラブに変えたものの
スイング自体は頑なに、来店当初に見させていただいた
スイングのままだったんです。
 

この場で何度も申し上げていますが。。。

私達の提供するフィッティングは、
スコアを出す理想のスイングに
少しでも早く近づけるためのものです。

具体的には、チーム小原が提唱する
 

 「ビジネスゾーンスイング」
 

にのっとったスイングをしやすくするために
フィッティングをさせていただいています。

しかしながら、ゴルフライブの読者歴が浅く
ビジネスゾーンのスイングについての理解が
あまり行き届いていなかったことに原因があったようです。

もちろん、そうしたことは自分もフィッティング時に
お伝えしていたのですが。。。

短い時間では、そこまで深く理解していただくことが
できなかったようです。

いわゆる「一見さん」に起こりやすい問題

これも以前に何度かお伝えしたかもしれませんが。。。

チーム小原流でフィッティングをして
いわゆるお客様の今までのスイングで打とうとすると、
クラブに当たらなくなってしまうことがあります。
 

 「そんなのひどい。それじゃあそもそも
  フィッティングの意味なんてないじゃないか!」

 

そんなふうにお思いになるかもしれません。
ですがそこには、自分たちチーム小原の願い、
 

 「この(フィッティングをした)クラブで
  狙った通りに正しく打てる練習をしていただければ
  数ヶ月たったときには、スイングがよくなってますよ」

 

こうした狙いが込められているということです。

ですので人によっては、
フィッティングしてクラブを購入されてから
ゴルフが難しいと感じる方も、いらっしゃいます。

特に今回の冒頭の例のような、
レッスンに通われていない「一見さん」の場合、
難しさを感じられる方が多いです。
 

ゴルフパフォーマンスのスタジオ会員さんであれば
レッスンの中で「ここが原因だから直していきましょう」
というアドバイスをすることができます。

もちろんフィッティングの中でも多少のアドバイスはしますが、
ハッキリと「ここが原因です」とはお伝えしていません。
(フィッティングはレッスンの時間ではないので。。。)

外部からフィッティングにいらっしゃる方へ…

話の流れとしてちょうどいい機会なので。。。

今後、レッスンを受けていらっしゃらない方で
フィッティングにいらっしゃる方に、
この場を借りてお伝えしておきたいことがあります。
 

 ・フィッティングを受けていただく前に
  ビジネスゾーンスイングをこのメールマガジンで理解して
  実践しておいて下さい(この下地がとても重要です)

 ・フィッティングを行うのは
  スコアという結果に直結する理想のスイングに
  近づくためだという理解をしておいて下さい

 ・フィッティングは(これはレッスンについても同様ですが)
  「練習場でいい球を打つためのものではない」
  「コースで結果を出すためのものだ」
  ということを、特に心に留めておいて下さい

 

特に3つ目のことは、見落としがちなのですが。。。

フィッティングやレッスンは、
練習場でグッドショットを打つためのものではありません。

最近よく小原プロも言っていますが、
 

 「『バッドスイング=バッドショット』ではない。
  だからこそ、ゴルフは難しい」

 

悪いスイングをしても、いい当たりが出てしまう。

これがあることで「だったら、これでもいいじゃん」となって、
後で余計にゴルフを難しくしてしまっているんですね。

ですがやっぱり、まず優先すべきは「いい形」です。

フィッティングはもちろん、
レッスン中にボールが当たらなくなったとしても、
それを気に留めてはいけません。

形を優先すれば、自然といいスイングになります。
 

ちなみに冒頭のお客様の場合は、
このへんの事情をきちんと改めてお話をしてご納得いただいて
今でも新しいクラブをお使いいただいています。

初めは手探りかもしれませんが、そこを乗り越えれば
コースでの結果も加速度的に付いてくることを、私たちは保証します。

追伸:モンゴプロのパター上達プログラム

小原大二郎プロに

 「日本一真似する必要があるパター教材」

と呼ばれる、モンゴプロのパター教材が
キャンペーン中とのことです。

モンゴプロ「ザ・ショートゲーム ~パター編~ 」

http://g-live.info/click/mng180116/

あなたに合ったパターを手に入れていただくのも大事ですが、
パターのスキルを確実に身に着けていただくことも
それと同時に大切です。

1月22日(月)までは特別価格で手に入るので、
この機会に手に入れておいて下さい。
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: ゴルフクラブ, ビジネスゾーン, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

フィッティングしてスコアが悪くなった!?」への6件のフィードバック

  1. カズ

    昨年の12月に徳嵩さんにフィッティングを受けてクラブを購入して初めてプレーしたスコアが111でした。(普段は100~110ベスト99)まだビジネスゾーンスイングが上手くいってないのかまだ結果は出ていません。ビジネスゾーンは手打ちではなく身体全体で打つイメージだと思っています。これからもベスト更新、シングルプレーヤー目指して頑張ろうと思っています。これからも良いアドバイスを期待してます。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      カズさん、どうもありがとうございます。

      ビジネスゾーンができてくるとクラブの効果が間違いなく出て来るはずです。シングル目指して、引き続き頑張ってください。

      返信
  2. 住吉桂輔

    今年も宜しくお願いします。昨年7月からフィッティングしたクラブを使用してから半年超経過しました。
    ビジネスゾーンの腰から腰、肩から肩のスイング練習をコツコツしながら100切りまであと一歩(ベスト101)の所まで来ました。

    フィッテング+ビジネスゾーンの恩恵エピソードはいくつかありますが
    その中で最も強烈なものをつい最近体験しました。

    ・今年の1/5気温5度の寒空の下、レイクウッド総成CCの西7番コースのPAR4バックティー389ヤードからの打ち下ろし。
     フェアウェイ真ん中にある楠木の左側をハイドローで超え、残り90ヤードにつける、約300ヤードのビッグドライブ。
     打ち下ろしとは言え、同伴者以上に打った本人が腰を抜かしました。

    最近では他にも練習場で5Iがキャリー200ヤード、58度のTKウェッジで100ヤード弱飛ぶなど
    断片的ですが今までに無い、良い効果が出て、寒いのに飛距離が少しずつですが伸びている状況です。
    あとはこれでスコアに直結すれば言う事無しですが、いずれ良い結果が出ると信じて練習しています。

    正しいクラブとスイングの両立が出来ていれば、暑かろうが寒かろうがボールはちゃんと飛んでくれるのだと、
    この冬場で体験出来たのは私にとって大きな財産です。
    今年の夏場はどれだけ飛んでくれるのか、ちょっと楽しみです。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      住吉桂輔さん、約300ヤードのビッグドライブ、おめでとうございます。

      正しいスイングができるようになればなるほど、今のクラブの性能はもっともっと引き出されてくるはずです。

      春以降の本格的なシーズンインが楽しみですね。また報告をお待ちしています。

      返信
  3. harapeko

    私も昨年末フィッティングを受けてクラブを新調し今週クラブが届きました。自分でお誕生日プレゼント、ご褒美に…。
    今度の日曜におろします。
    楽しみですが当たらないかもですね。
    ベジネスゾーン頑張ります。
    今年の目標がビジネスゾーンの徹底としています。2月のコンペ不安ですが楽しみます。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      harapekoさん、メッセージどうもありがとうございます。

      今週末、楽しみですね。おっしゃる通り初めはもしかしたら違和感があるかもしれませんが、ビジネスゾーンを続けることで違和感は減ってくるはずです。根気よく続けてみて、2月のコンペでいい結果を出して下さい。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。