PGAツアー観戦記(&お詫び…)

2018.01.16
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「PGAツアー観戦記」

について、お話をしてみたいと思います。

本題に入る前に。。。

この場を借りて一点、
お詫びをさせていただきたいのです。

インフルエンザに…

今年は、年明け早々に
インフルエンザにかかってしまいました。

そのため、1/8(月・祝)の愛知レッスン会に
お申込みいただいてくれていた方々には
レッスン会の開催が出来ませんでした。

大変なご迷惑をおかけしまして
申し訳ありませんでした。

体調管理はしっかりしなければと
反省しております。

PGAツアーを観戦(テレビですが…)

インフルエンザで外に出られない事もあり
自宅のテレビで
 

 「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」
 

を見ていました。
 

このメルマガをお読みの方の中にも
ご覧になっていた方がいるかもしれませんね。

全体的にドライバーは飛んでいて、
アイアンはくっつくというシーンが
とても多かったです。

昨年の優勝者しか出ていない試合の中で
上位の選手が映っていることを
考えれば当然とも言えますが…
 

ニュースにもなっていたと思いますが、
優勝したダスティン・ジョンソン選手は
432Yのミドルホールで1onしてしまいました。

(入ってしまうんじゃないかなというくらい
 ラインに乗っていました。
 カップ20cm手前で止まってイーグル)
 

飛ばし屋にとっては、ダウンヒルに落ちて
転がっていくホールかもしれませんが
それにしても432Yは。。。わけが分かりませんね。
 

解説の田中秀道さんは
 

 「世界のトップを獲りたかったら、
  普通に350ヤード飛ばせないと」

 

と言っていました。
 

大変な時代になってきました(^_^;)

僕が注目した、2つのバンカーショット

アイアンもほとんどの選手が
普通にバーディーチャンスに付けてきます。
 

 「アイアンショット・イズ・マネー」
 

なんて言葉が生まれてくるのも分かりますね。

中でも松山選手のアイアンは素晴らしいですね。

最終日追い上げも見事でした。
今年のメジャーも楽しみですね。

その中でも、僕が目を引いたのは
2つのバンカーショットでした。

1.8Hのダスティン・ジョンソン選手

 アゴが非常に高かったのに左手首を甲側に折らずに
 高いボールを打っていたこと
 

2.18Hのジョーダン・スピース選手

 45Yのバンカーで、砂を非常に薄くとっていたので
 ボールに当たるような音がしていた事
 

どちらも近くに寄りました。

この二つのバンカーショット、
これをお読みのあなたにも
参考にしてほしいポイントがあります。
 

1.アゴが高いとアマチュアの方は
  左手首を甲側に折って高く上げようとします。

 左手首を甲側に折っても、手首の力だけでは
 ボールはなかなか飛んでくれません。
 結局、バンカーを脱出できないという事になり易いです。
 

2.ホームランを怖がり砂を多く取りすぎて飛ばせない。

 プロの試合でバンカーの音を聞くと
 砂の乾いた音がすると思います。

 これはバンスがいい感じで砂に当たっている証拠です。

 しかし今回のように、
 まれにボールに当たっているような音がする時があります。

 これはボールとリーディングエッジが数mmのところに
 クラブを入れているからです。

これですと、ダフっているという感じは
ほとんどしないのではないでしょうか?
 

 「バンカー = ダフる」
 

ではなく、
 

 「バンカー = 適度に砂を取る」
 

という感じがしてきますよね。
 

この二つのバンカーの話。。。

ツアーのバンカーのシーンが出てきたら
この辺りを気にしながら見てみると、
必ず得るものがあるはずですよ。(^_-)

2月のレッスン会のご案内

インフルエンザで開催を中止してしまった分のレッスンを
新たに日程を再設定しまして、下記の通り開催します。

前回お申込みだった方にすでにお申込いただいていまして、
残り枠はわずかとなっております。

お早めに申し込んで下さい。
(すでに締め切ってしまっていたら、すみません)
 

◆愛知(2/12 月・祝)

アプローチレッスン(11:00~14:00)
日時:2月12日(月・祝)
場所:P&A ゴルフクラブ(愛知県愛西市)

http://g-live.info/click/kl180212_1100pdf/
 

ドライバーレッスン(16:00~19:00)
日時:2月12日(月・祝)
場所:バーディーゴルフ(愛知県愛西市)

http://g-live.info/click/kl180212_1600pdf/
 

あなたのご参加を、お待ちしております。
 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川武志
 

<本日のオススメ>

「本当に70歳を過ぎた私が
 スコアや飛距離が伸びるのでしょうか?」

そんなふうに感じたあなたは
ゴルフライブ講師の大森睦弘氏が紹介する

「70歳を過ぎてもスコア80台を出す方法」

をお試し下さい。限定割引キャンペーンは
明日(1月17日水曜日)までです。

http://g-live.info/click/nen1801/

※期間限定の公開。お早めに

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。