ミスが怖くても、リズムは失うな

2018.01.28
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

あなたの1Hの
ティショットの成功率は何%くらいでしょうか?

直近のゴルフを思い出してみてください。

プレッシャーがかかる場面、
特に体が動いていないときほど
ショットの成功率は落ちてきます。

その理由は、、、
体がこわばって
スイングの始動が上手くいかなくなるからです。

でも実は、、、
スイングの始動は、普段の練習で解決することができます。
具体的には、プレショットルーティンを身につけることです。

何を言っているんだと思われるかもしれませんが、

コースでのスイングを再現性を上げるために必要なのは
スイングを固める練習だけではなくて
ショットに入るまでの動作も重要ということです。

今回、解説するのは
プレショットルーティンの中でも
ワッグルと、フォワードプレスについて。

ボールを打つまでに勝負は決まっている

リズムと言っても、
スイング中のリズムのことではありません。

ここで言うリズムは
ティショットでボールを置くところから
素振りをして、

アドレスをして
ボールを打つまでのリズムのこと。

ゴルフが上手な人ほど
打つ前のリズムが良く、
ショットまでの動作も早いと言われています。

それは、ボールを打つまでの静止の時間がながければながい人ほど
スイングがブレてしまいやすいとも言われています。

あなた自身も、ショットまでに
あまりに時間を掛けすぎている人を見ると違和感を感じると思います。

プレショットルーティンが完成していて
”流れの中で”ショット出来ると動作は安定します。

プロゴルファーたちに言わせると、

”流れの中で”綺麗にショットまで行けたとき

「いまのはリズムが良かったね」
と声をかけてくれます。

スイングのリズムが悪い=スイング中に固まる時間が長い
と捉えてもいいでしょう。

スイング中に固まってしまう原因は、

ミスショットを打ちたくない
なるたけ良いショットを打ちたい
前のホールのミスを思い出したり

色々な理由がありますが
だいたいは、恐怖心が影響していると思います。

「ここでは、左がOBだからフェアウェイ右側にボールを残したい、、、
 でもさっきのティショットでは、右に曲げてしまったから怖いな、、、」

そんな迷いが
アドレス中に、頭の中でぽわぽわと浮かんできて
悪魔の囁きのように、あなたのスイングを邪魔するのです。

そんな悪い想念を排除して

リズムよく打つための動作が
ワッグルとフォワードプレスです。

理想的なスイングの初動を取り入れてショットできれば
ラウンドでのスイングの安定感が増していくでしょう。

プロゴルファーのワッグル集

・足踏み
・右足程度までのテークバック(コック)
・体全体を揺らす
・腰程度までのテークバック(コック)
・ヘッドを浮かす、下ろす
などがあります。

プロ野球選手も同じですが、
ピッチャーのボールに合わせてリズムを取るのも
スイングの動作をスムーズに行うためです。

このリズムを取る動作は
しない選手もいれば、する選手は
足を上げたり、バットを揺らしたりと様々ですが

自分の想像以上にスイングを変えずとも
結果に大きく影響をあたえると言われています。

プロのワッグル&フォワードプレス

ヘンリック・ステンソン選手は、かなり強烈にフォワードプレスを入れています。
(フォワードプレスは、テークバック直前に、
 ハンドファーストに腕を動かしてから、テークバックする動きのことです)

ワッグルには特にいろいろな種類があり、
自由度が高い領域ではあります。

例えば、ジェイソン・ダフナーのようなワッグルは非常に特徴的です。

このようなプレショットルーティンに正解はありませんが、
その人のミスを改善するために取り入れているというケースが多いようです。

特にプロツアーにテレビ観戦や
上手な人のスイングを見る際は
このショットまでの動作はすぐにマネできるので参考にしてみてください。

私の打つ前の動作はこんなイメージです。

ぜひ、いろいろな人のスイングの始動を参考にしてみて
あなたに合うと思うものを取り入れてみてくださいね。


<飛距離アッププログラムが70%引き>
いつかは、みんなと同じくらいの飛距離が出ると思っていた。
しかし、実際にはドライバーで置いていかれるばかり…

色々試してもボールはドロップするか
スライスするばかり…

大半のゴルファーが勘違いしている
飛ばしながら、良いスコアで回れる
無駄のないスイングの秘密とは?

http://g-live.info/click/rdtb_0125/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: セットアップ, セットアップルーティーン, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

ミスが怖くても、リズムは失うな」への3件のフィードバック

  1. きんたく

    先日、ロングドライブP ザ・ベスト を購入させて頂き初のラウンドをしてきました。(1/25購入、1/31ラウンド)
    早速毎日練習に取り入れて1週間ですが、
    まだ自分の感覚で50%(弾道がスライスに変わり、それを恐れフォローが上手く出来ておりません。)の出来ではありますが、今までと違いミート率も上がり芯でとらえられる様になったのか、打感がかなり違いました(^^)
    勿論、飛距離もアップ!(220→240yd) 球に勢いがあります。
    ただ、何ホールかはリズムが取れずトップだったりの失敗・・・
    気を付けているつもりでしたが、リズムが大事な事を痛感させれました・・・

    これからも、練習に励みたいと思います。
    これからのメールも楽しみにしております!!!

    返信
  2. bmwバ―ド

    確かにいつも自分のリズムでプレーすることが、大事なことを最近すごく感じます。アドレス前のルーティーンを同じようににすると、心もショットも安定するようになったです。私はまだアドレスしてからショットするまでの間が長すぎるのかもしれないと感じました。

    返信
  3. トモ

    喜びのコメントです。

    ここ数年、ボールが右に飛びます。
    気にかけると、どフックになってしまうので悩んでいましたが昨日、アライメントプログラムが届いてDVDを鑑賞させていただきました。
    さっそく練習場に行ってきましたが、バックスイングで肩の回転が少なかったことが原因だったようです。
    やる気満々です。
    ありがとうございましたm(_ _)m

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。