病にかかりました。

2018.02.06
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

最近都内では、2度も雪が降ったりと
とても寒い日が続いておりますね。

こんなに寒いと、、、

「寒くて、ゴルフする気にならないー^^;」

なんて思っちゃいますよね;

そうなんです。。
「ゴルフ行きたくない病」
かかってしまうのです。

そんな時私は、、、

割り切って室内で

そんな時私は、


・ジムでのフィジカルトレーニング
・暖かい部屋
・暖房器具の充実した練習場

に向かいます。

そして、特に下記の2つをチェックしてします。


・ショートゲーム(主にパッティング練習)
・鏡の前でシャドースイング

(↑練習メニューが気になる方はコメントください^^)

また、昔撮りためたマスターズの
ビデオ映像とかを観ると、

自然とモチベーションが上がって、
練習場へ足が向かいます^ ^笑

「寒くても外で練習がしたい!」

そんなあなたには

まずは連続素振りなどの
動的ストレッチで筋肉の温度を温めるか、

ビジネスゾーンなどの小さい振りから、
徐々に振りを大きくしていくことを
オススメします!

いきなりフルスイングなどすると
体を痛める原因となります。

シーズンインをいい状態で

最近のクルマは性能が上がってきて、

昔のように暖気運転(アイドリング)を
する必要がないという話もありますが、

人の体は一度故障すると厄介なので、
ゆっくりと体を温めながら

徐々にスピードを上げていくことを
オススメします(笑)。

この寒い時期にいかにゴルフのために、
何かの『行動』をすることが、

暖かい時期=シーズンインを
いい状態で迎えるカギになりますね。

近藤雅彦からの課題

シーズンインを
いい状態で迎える為に、、、

この寒い冬の間に、
下記の4つのどれかを
やってみて下さい!

■スイングスキルを磨く
ショートゲームも含めてミート率を上げる練習をこの時期行うといいと思います。
(ビジネスゾーンや左右片手打ちなどの基礎トレーニング)

■フィジカルを磨く
(柔軟、筋力アップ)
→ラウンド数が減る冬こそ頑張り時

■メンタルを磨く
決めたことをコツコツと繰り返す練習をするのに、冬はぴったりです。
忍耐力と継続による自信が身につきます。

■ギアを見直す
合っているクラブやグローブ、シューズを使用することは重要です。
フィッターなどの専門家の話を聞くことをオススメします。

またメールします!

近藤

<本日のオススメ>

「飛距離アップ…
 このプログラムを真似するだけで
 飛距離が約30y確実にアップして
 90を切ることができました…」

と語るのはアマチュアゴルファーののぶリンさん。

のぶリンさんのこのブレイクに隠された秘密とは?

続きはコチラ

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: パッティング, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

病にかかりました。」への2件のフィードバック

  1. あつお

    ・ショートゲーム(主にパッティング練習)
    ・鏡の前でシャドースイング
    (↑練習メニューが気になる方はコメントください^^)
    ↑メニュー気になります。教えてください。

    返信
    1. 近藤 雅彦近藤 雅彦 投稿作成者

      あつおさん

      コメントありがとうございます。

      自宅でできるパッティング練習は、沢山ありますが、とてもオススメの練習方法を2つ紹介します。
      (パターマットを使用)

      ①タッチを合わせる練習

      ・カップの手前ギリギリからやっと届く強さで入れる。
      ・カップの向こう岸に当ててギリギリ入るくらいの強さで入れる。
      ・カップの右端から入れる
      ・カップの左端から入れる

      この4通りの入れ方を1セットにして行うことで、
      方向性・距離感、微妙なタッチを養うトレーニングになります。

      ①振り子のような一定のリズム&テンポを刻む練習

      同じリズム&テンポでストロークできると距離感が安定してきます。インパクトでパンチが入ったり緩んだりすると転がる距離もまちまちになってしまいます。

      メトロノームなどを使用して「ピッピッ、ピッピッ」という音に合わせて練習すると効果的です。
      今はスマホで無料のアプリもありますので利用してみてください。

      鏡の前でのシャドースイングでのオススメの方法は、
      超スロースイングです。各ポシションでの筋肉や関節の動きを感じながら、ゆっくりゆっくり行ってみてください。
      自分のおこないたいスイングの体の動きが明確になります。

      また肩にクラブを担いで背骨に対して肩を垂直に軸回転するボディドリルはストレッチにもなりとてもオススメです。

      他にも自宅練習&トレーニングたくさんありますので、また動画などでも紹介させていただきますね。

      返信

近藤 雅彦 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。