[ビデオ] 実は間違いだらけ!? シャフト選び

2018.03.15
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに
 

 「実は間違いだらけ!? のクラブシャフト選び」
 

という話を、動画(ビデオ)でさせていただきます。

お待たせしました。
今回は久しぶりのビデオでのアドバイスです。

実は今回の「シャフトの硬さ」についての質問は
お客さまからの一番多いのですが。。。

ですがそもそもシャフトについて、
この「真実」だけは、知っておいてほしいんです。
それは何か?

統一の規格が… 無い!

一般的に、シャフトの硬さの表記として
 

 ・R

 ・S

 ・X
 

といったアルファベットの表記がされていたり
ヘッドスピードが書いてあるものもあったりします。

ですが(これは以前にお話ししたかもしれませんが)
そもそもこの表記のフレックスといったことについては。。。

いわゆる「JIS規格」のような、
世界で統一された規格というのものがないのです。
 

つまり、これによってどういうことが起こるかというと、
 

 「A社の『S』と、B社の『S』で、硬さが異なる」
 

もっと極端な例としては、
 

 「同じA社の中でも、モデルが違うと
  『S』どうしで比べても、硬さが違う」

 

こういったことが、起こってしまうんですね。
 

 「え、じゃあ一体どうやって選んだらいいの!?」
 

そのへんについて、今日のビデオでは
より詳しく解説していますので、続きをどうぞ。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

ビデオの中でもお伝えしてるように、
シャフトが硬すぎると力みの原因にもなります。

逆に、柔らかすぎるとミート率の低下に繋がります。
 

つまりシャフトの硬さというのは、
クラブ選びではとても重要なポイントというわけです。

ですので一番いいのは、
チーム小原のフィッティングに一度来ていたくことですね。
ということで。。。

フィッティング枠、増やしました

ゴルフパフォーマンスでの「チーム小原」のフィッティング、
増枠ができましたので、読者のあなたにもご案内します。

http://g-live.info/click/a_bstudio180301/

開催は東京(秋葉原)大阪(弁天町)です。

この店舗では自分はフィッティングを担当しませんが、
チーム小原のフィッターがあなたのスイングを
じっくり見させていただきます。

どうぞ安心して受講して下さい。

特に、今日の話のように
シャフトの交換を検討している方には
打ってつけのチャンスです。

満員になり次第、募集は終了となります。
下記からお早めにお申込みください。

http://g-live.info/click/a_bstudio180301/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

それは、今から3年ほど前の2015年5月…
三井住友VISA太平洋マスターズでの出来事。

2度目の御殿場制覇を狙う片山晋呉選手は
荒天の3日目、16番で3メートルの
パーパットをねじ込み単独首位に。

そのとき使用していたのが、BioMECH社の
『アキュロック・エースパター』だったのです。

http://g-live.info/click/bio1803/

※25本限定。注文殺到中ですのでお早めに

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: シャフト, ダウンスイング, バックスイング, ビデオ, フィッティング, ヘッドスピード, 切り返し, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。