[Video] 切り返しの体重移動で肩が開く方へ

2018.09.03
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「切り返しの体重移動で肩が開く方へ」
 

について、ビデオでお話ししたいと思います。
 

前回のビデオでも切り返しの話をしましたが、

この切り返しにともなう体重移動で
肩が開いてしまうという方がいらっしゃいます。

そうならないために、どうすればいいか?

(続きはビデオにて)

切り返してから、左に体重移動

実際は、ハーフウェイバッグの段階で、
体重は右にあるわけですから。。。

まずは切り返してから、左に体重を乗りましょう。

そして、乗ってから回転に入ります。

注意としては、踏むまでは回転しないことです。
乗ってから回転することを気をつけて下さい。
 

これに慣れてきたら、
いわゆるステップで打つようなドリルを
するのも良いでしょう。

このステップ打ちについてもビデオで紹介していますので、
続きはこちらのビデオをご覧になってみて下さい。
 

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

そして、肩を開かないにする工夫については、
ビデオの中でも触れていますように、
足の踏み方を工夫してみることです。

この一連のドリルについては
いろいろなバリエーションがありますので。。。

ぜひ、いろいろ試してみて下さい。

また、来てしまった…

2018-0903_1
 

2018-0903_2
 

2018-0903_3
 

2018-0903_4
 

最近の私のお気に入りです。

ここのはボリュームもあって、
ビールとの相性も抜群です。

かぶりつけないようにも見えますが、
押さえてへちゃげれば大丈夫です。

肉汁が出るので、専用の紙にくるんで食べます。
 
 

今日はこんなところにしておきます。
 

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。
 

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

現在公開中している、コチラのパターですが、
「残り5本」となりました。

100切りを目標にしながら
一度もそれが実現出来なかったゴルファーが…

このパターに変えただけで、
あっさりと100切りを達成してしまいました。

残り5本。
特典付きで手に入るのもこの本数限りと
なりますので、どうぞお急ぎ下さい。

http://g-live.info/click/btp_1808/

 

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: ダウンスイング, ドリル, ビデオ, 切り返し, 新着ビデオ, 重心・体重移動 | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

[Video] 切り返しの体重移動で肩が開く方へ」への3件のフィードバック

  1. 櫻井 整

    いつも大変参考にさせて頂いています。
    今、10.5度でSシャフトのドライバーを使っています。
    ボールが上がらなくで悩んでいます。
    ヘッドスピードは39〜42くらいです。
    玉が140yから180yくらいのキャリーで50yくらい(場合によってはそれ以上)転がっています。
    振り遅れなのでしょうか?
    良い方法がありましたら教えて下さい。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      櫻井整様

      一般論で言えば、球が上がらないのはボールがちゃんとフェースの真ん中に当たっていないという事や、
      インパクト時にロフトが立った状態でインパクトしてしまう事で起こってしまう事が多いです。

      「フェースの真ん中に当たっているか」を確かめるには、
      ドライバーの打球痕を調べるためのシールを数百円で買う事が出来るので、一度試してみてください。

      それを貼って普通にドライバーを打ってみて、打球痕が真ん中~真ん中の少し上であれば問題ないですが、
      フェースの下に打球痕があれば、低く打ってしまっています。

      もう一つの「ロフトが立った状態」というのは、身体が突っ込んでいる場合がほとんどです。
      インパクト直後アドレス時の左足の斜めと背骨が一直線になるのが正しい形です。
      この形が出来るようになるには股関節の使い方が大切です。

      このお話を説明しようとすると数時間のお話になります。
      一連の私の教材ではこの部分を詳しく説明していますので、ぜひ事務局にお問い合わせ頂ければと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。