ゴルフで「逃げ道」を作ろう

2018.09.03
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、
小原大二郎です。

あなたは「背水の陣」という言葉を知っていますか?

よく、テレビや選挙に出馬する議員さんが

「背水の陣でがんばります。もう失敗は許されません」とか、
「不退転の気持ち、背水の陣で出馬した」とかいう風に使われますね。

絶体絶命の立場や状況から全力をつくすという意味の言葉です。

ゴルフでも難しいライや状況だったり
ミスを重ねているときに
まるで自分が背水の陣を敷いているかのような気持ちになってしまうことがよくあります。

ミスは許されないけれども
全力を尽くして、ナイスショットを打とうとする。

実は苦手なクラブだけれど
適正な距離が打てるクラブが他にないから
苦手クラブでフルショットする。

ライが悪いけれども
フルショットしないと届かないから、
不安定な足場からフルスイングする。

と言った具合にです。。。

しかし、それって本当に背水の陣だったのでしょうか。
そこまでリスクをおかさなければいけなかったのでしょうか。

実は、それ、
自分で追い込んでいるだけなのかもしれませんよ。

実は私も、フルスイングからはかなり逃げてます

正直、、、
私も、苦手なクラブでフルスイングをしたときは
多少曲がってしまったりミスを打つときがあります。

プロゴルファーでも、
フルスイングは実はあまり打っていない
ということをあなたは知らなかったかもしれませんね。

私はショットの度合いを
フルスイング、肩から肩、腰から腰
と言った具合に分類していますが、

フルスイングと肩から肩は
ほとんどのアマチュアゴルファーは使い分けができていません。

具体的には、、、

フルスイング = 距離を稼ぐために使う、多少曲がってもOKのときに使う
肩から肩のスイング = 真っ直ぐ飛ばすために使う、不安定なライ、苦手なクラブで使う

という風に考えを改めてほしいのです。

私も、フルスイングを使うのは
ラウンド中、かなり少ないです。

アイアンに至ってはほぼフルスイングしません。

しかし、生徒さんとのラウンドレッスンをしてみると
120~140yほどのショートホールでも大振りしている人がたくさんいます。

ゴルフは距離を合わせる競技ですから
いつもより飛ばす、限界まで飛ばさなくてはいけない
という考えから思い通りの距離を真っ直ぐ運ぶという意識を持ってほしいのです。

グリーンを狙っていくクラブほど
コンパクトにスイングすることで
ターゲットへの精度が高まります。

例えば、150yを7Iでフルスイングして
大きく引っ掛けたりしていませんか?

でしたら、6Iで肩から肩の方が
しっかり当たってオンするかもしれませんよね。

そっちのほうが簡単だと思います。

これは、普段からの練習で
150yを簡単に打つためにはどうしたらいいか
ということを知っておく必要があります。

1、2番手上げて、軽く肩から肩で打つ
ということを実践するだけでも
ゴルフが非常に簡単になります。

これが、「逃げ道」です。

ゴルフで逃げの選択肢を作る

距離やクラブに限らず
毎回フルスイングをして

ドライバーなら230y
3Wなら215y
5Iなら170y
6Iなら160y

という風に、この限界飛距離を
必ず出さなければ行けないという幻想にとらわれてしまっていませんか?

飛距離の目安は
あなたにとっての目安ではありません。

あなたが狙った飛距離をしっかり打てればいいだけ。
飛距離を出そうとするのではなくて
出せる飛距離を打てば良いのです。

ドライバーでスライスOBが続いているなら
「肩から肩で180yでもいいや」
というのも逃げ道です。

自分から、「背水の陣だ。このホールでもフルスイングで勝負だ。」
などと考える必要はないと思いませんか?

堅実に、肩から肩で自分のリズムを作り直せばいいのです。

これも「逃げ道」の一つです。

困ったときの神頼みではなく、
困ったときの逃げ道を作っておけば
今後のゴルフもより安心してラウンドできるようになるでしょう。

まずは、フルスイングから逃げて見てください。
プロゴルファーも実はかなり逃げています(笑)


<本日のオススメ>
この江連忠が開発したドライバー…

実は、ドラコン選手権上位者のほとんどが使用しています。

現に、2018年の女子ドラコン選手の1,2位、
男子ドラコン1位がそれぞれこのドライバーで練習しています。

あなたのヘッドスピードを伸ばすヒミツとは?

http://g-live.info/click/edr_1808/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

ゴルフで「逃げ道」を作ろう」への3件のフィードバック

  1. 富波義雄

    小原先生のコメントを拝見しました。
    有難うございます。
    スイングには「逃げ道を作る」のが最重要点とありましたが、
    長年の悩みが解消されたようです。
    このコメントメールを何度も読み返して体に覚えこましております。
    脳梗塞で倒れる前のシングル6が、ビジネソゾーンの範囲しかクラブが振れない身体条件になり
    すべてをクリアーして初心者のつもりで検討しております。
    杖のお世話になりながらコースへでていますので90は切りたいと思っております。

    返信
  2. てるてる

    ご指摘の通り、アプローチと同じ感覚で先ずは肩から肩のスイングを練習する必要がありますね。フルスイングよりミート率が上がって結果距離が出ることもありますよね。

    返信
  3. 吉野明男

    このメッセージは、私には素晴らしく感動しました。ありがとうございます!少し肩の力が抜けたように思います。100切りができなくて、もがいていますが。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。