スグにスコアアップするには…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.12.06
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

 

おはようございます、小原大二郎です。

 
今日はゴルフのスコアが上がらずに途方に暮れていた
ある一人の男性の話をします。
もしあなたもこれに当てはまるのなら、、、
これをヒントに、今スグにスコアアップができるかもしれません。
( ※ 今日はちょっと小説みたいな感じで書いています )

 
■「そんなことでスコアが良くなるわけねぇーだろ…」
あるスコアアップの提案をされて、
彼は内心、こう思った。

 
「そんなことでスコアが良くなるわけねぇーだろ…」

 
しかし、アドバイスをくれた人に対して、
そんなことを言うわけにもいかない。。。
それに、レッスンを受けてから、
”やれ”と言われた課題を何もやっていないことが
負い目になっていたのだ。

 
だから内心、

 
「絶対に上手くいくはずがない…」

 
そう思ったが「やってみます」としか言えなかった。

 
実際、その方法はとても簡単で、効果が出ると言われた。
「本当かどうかは、やってみれば分かる」と。

 
「効果が出なかったら文句を言ってやろう…」

 
そんな考えも少なくなかった。

 
■「他のことをすればいいのでは…」という期待
彼はここのところスコアが全く振るわない。
一度も100を切ることが出来ず、スコアもすっかり低迷していた。
ゴルフ雑誌、ゴルフ教材、、、何をやっても現状から抜け出せなくて、
ネットで見つけた他の練習方法に活路を見出そうとしていた。
「この方法でスコアがよくなった」という話がたくさんあったので、
これをやれば、うまくいくんじゃないか?
そんな淡い期待があった。

 
その期待が崩れるのに、時間はかからなかった。
単純にこれをやればいい、とはいえ、
ゴルフというのはあらゆることが複雑にからみ合っている。
100を切れていない彼はすぐに混乱した。
その方法では、今までに聞いたことのないような用語が
次から次へと飛び交っている。

 
そして、調べるうちに、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、、、
情報がどんどん入ってくる。
しかし、何一つ、実行していない自分に気づいた。

 
■これではただの評論家だ…
「何とかしよう…」と決めた日から、知識は確実に増えたが、
結局、何からやればいいのか全く分からない。
幅広い情報を調べたので、一つひとつのことに深みがなく、
何をどうやればいいのかも分からなかった。
結局、ただの評論家のようになってしまった。

 
「このままじゃヤバイ…」

 
本当にこんなので、ゴルフがうまくなるのか?

 
「なんだ、オレ。結局何も変わってねぇーじゃねぇーか!」

 
そんな状況の彼にとっては、この時間は全てムダだったのだ。

 
まさに自己嫌悪。
鏡に映った自分の顔を見て、なぐりたい気分だった。
その顔も、とても情けない顔に見えた。。。

 
■もうだめだ。。。ゴルフをやめよう。
「もうゴルフをやめよう…」そう思っていたある日、、、
以前2、3度レッスンを受けたことのあるプロゴルファーのことを思い出した。

 
「もうこれでダメならあきらめよう」

 
そう思って、もう一度だけレッスンを受けることにした。

 
プロは今までの彼の経緯を親身に聴いてくれた。
結局自分が何もしていなかったことは話さなかったが、
おそらく話の中で見抜かれていたのだと思う。
「じゃあ、これをやってみましょう」と言って、
今回そのプロから出された課題は、、、
以前2、3度レッスンを受けたときにやっていた練習と全く同じだった。

 
インターネットで見つけた方法と違い、
今回の練習は、彼が以前にやったことがあることだった。
やったことがあることを、もう一度やれと言われただけだ。

 

 

■プロからの驚きの言葉

 
「以前やっていた練習を、もう一度やってみましょう」

 
とても簡単な提案だった。
その練習は、確かにしばらく続けていて、
スイングが安定してくるのが実感できた方法だった。
しかし、途中でやめてしまったのだが。。。
その練習を、もう一度やれ、ということだった。

 
これをやればスコアもよくなる、とそのプロは言っていたが、
彼は信じることができなかった。

 
「以前よりもいい結果なんて出るはずがないよ」

 
心のなかでそう思っていた。
そのように言おうかと思ったが、言うタイミングを逃してしまった。
それに、今まで何もしてきていないという負い目もあったので、
彼はそれを実行してみることにした。

 
その練習は、とてもシンプルなものだ。

 
「これでスコアがよくなるなら、誰も苦労しないよ…」

 
他の練習もいっしょにやってもいいか、とプロに聞いたが却下された。
「他の練習は一切やらないで!」と言ってきた。

 
まあ、彼はもう、失うものは何もない。
あるとすれば、その練習に費やす毎日のわずかな時間だけだ。

 
それから数週間後、、、

 
久しぶりのコンペで、彼は今までに出したことのない、
「98」というスコアで回ってしまった。。。

 
信じられなかった。
最後のホールでカップにボールが沈んだ瞬間の、あの感覚。。。
今までゴルフを始めてから味わったことがない感覚だった。

 
コンペは惜しくも2位だったが、終了後のパーティーの彼の顔は
今までにないぐらいイキイキとしていた。
ゴルフを始めてから、初めてかもしれない。
こんなにイキイキとした顔をしているのは。。。

 
「でも、なんで今まで結果が出なかったんだろう。同じ練習なのに…」

 

 

 
・・・さて、ここまで読んで、あなたはどう思いましたが?
同じ練習をやっただけなのに、
今まで達成できなかった100切りという結果が出せた。。。
なぜでしょうか?

 
またメールします。
小原大二郎

 

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スコアアップ, メルマガ, 小原大二郎 | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。