ラウンドではチカラが入ってミス多発…(涙)

2018.06.09
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「ラウンドではチカラが入ってミス多発…(涙)」
 

についてお話しようと思います。
 

この手の話は以前にモンゴもすでにしている気もしますし、
他のプロからもこのメルマガ上で聞いているかもしれませんが。。。

でも、やっぱり多くの方からいただく質問なので
改めて取り上げてみようかなと!

ちなみに、こんなご相談をいただきました。

ラウンドすると力が入ってミスが多い

> ゴルフ練習場には週一で通って
> 上手くいってるんですが
> ラウンドすると力がはいってるのか
> ミスがかなり多いです。
> どうやってゴルフをすればいいか悩んでます。

 
 

なあるほどお。。。
でも、一つだけ思ったのは
 

 「うらやましい〜!(*^▽^*)」
 

だって、週イチでゴルフに行けているんですから。。。
本当にうらやましいです!

ということでまず、週イチでやっていらっしゃるのなら、
ゴルフが上達できる恵まれた環境にいらっしゃると
思っていただいてよいです。(*´-`)
 

さて、でもって本題。
「練習場では上手く行っている」とのことですが、

練習でビジネスゾーンをやっていただくのは前提として。。。
実際に練習場で、どんな練習をやっていらっしゃるのでしょうか?

それによって、アドバイスも変わってくると思うのですが、
一つだけ、とりあえず言えることは
 

 「練習場で何百球も打つのは、もったいない!」
 

たとえば「打ち放題」だからといって
何百球も打つのは、あまりオススメはしません~!( ´Д`)

だからといって、ボールを打たないと
ラウンド当日は不安。。。

そこで、モンゴがオススメするのは

練習場でコースさながらのシミュレーション練習!

これはモンゴも以前よくやってたんですけど、
練習場に行って、コースで回っているかのように
本番さながらにボールを打つというものです。

今はたぶん、スマホとかタブレットとか便利なものがあるので、
次に行くコースのガイドみたいなものを
ネットで簡単に見ることができると思います。

一週間前ぐらいになれば、スタートホールがインかアウトか、
そういう情報もありますよね?

自分がコースを回るショットに合わせて
ボールを打ち分けていきます。たとえば、
 

 ・朝イチはミドルからスタートだから、ドライバーで打とう

 ・ここは距離がないからフェアウェイウッドで打とう

 ・このホール、左は行っちゃダメなとこだな。
  右に打つようにしよう
  
 ・あ、ここ右はOBなんだな

 ・練習場ネットの正面ポール3本のうち
  右のポールより右に行ったらOBということにしよう

 

こんなことを考えながら、
ティーショットのようにドライバーで打ったり、
アイアンショットやアプローチを打ったりします。(^-^)
 

で、自分の狙い通りにうまく打てたら、
次に使うであろうクラブをそのまま使いますし、

ミスショットをしてしまったら、
その打った方向や距離から、次がどんなライかを予想して
そこからのショットを想定して打つ。。。

そんな感じの練習です。

本当のシミュレーションではダメ?

まあ言ってみれば、練習場で
「エアシミュレーションゴルフ」をする感じですね。
 

ちなみに、先日水柿プロも言っていましたが、
練習場のボールは基本飛ばないので、
飛距離についてはそのへんを加味しておいてもよいと思います。

信じちゃいけないレンジボール(byガッツパー水柿)

http://g-live.info/click/180601_yuukan/

 

練習場のレンジですと、
パターはさすがにできないでしょうけど、
グリーンに至る前のショット
 

 ・ティーショット

 ・セカンドショット

 ・サードショット(アプローチ)
 

このへんまでは、一球ずつ丁寧に打てますから
こうしたシミュレーション練習をしたほうがいいですね。

こうやって事前にそのホールを想定して、
練習場でバーチャルな経験していることによって。。。

今まで行ったことのない初めてのコースでも
事前にショットイメージを固めておくことで
焦ることもなくなります!
 

ですがもしかしたら、ここまでの話を聞いて
 

 「モンゴさん、最近は全国のゴルフ場を
  シミュレーションゴルフとかでプレーができますから
  そういうシミュレーションでもいいですよね?」

 

そんなふうに思った方がいるかもしれません。
 

はい、もちろんそういう便利なものが使えるのなら、
それでもいっこうに構いません!

もちろんシミュレーションなら風景も見えますので、
より本番を想定できるのはもちろんですね。
 

ですが。。。これはあくまで考え方なんですが。
 

実際に目の前にないものをイメージの中で見て、
そこに向かって打っていくっていうのも、
それはそれでいい訓練になります。

それに。。。そうした「シミュレーションに行ってやればいいや」
なんて考えていると、実際にその場に行かないとできないわけで。。。
 

「その場に行けないこと」が
「できない理由」になる危険があります!ヽ(`⌒´メ)ノ
 

こうした練習は、
別にシミュレーションゴルフに行かなくても
できる練習ですので。。。
 

ぜひ一度、ダマされたと思ってやってみてください!
 
 

追伸:モンゴも愛用の徳嵩ウェッジが…

お待たせしました!

モンゴも愛用している、徳嵩フィッター開発のウェッジ。。。

 「TK-01ウェッジ」

今なら期間限定で手に入れるチャンスとのことです!

http://g-live.info/click/tkwg180607/
 

このウェッジが完成してから
モンゴもずっと使わせていただいていますが。。。

もう、ベタ惚れッス〜〜♪( ´▽`)

モンゴはちょっとマニアックな「60度」がお気に入りなんですが、
それ以外のロフトも多数用意されているので。。。

ぜひ一度、チェックしてみてください!

http://g-live.info/click/tkwg180607/

※今ならモンゴが解説した特典ビデオがもらえます!( ̄ー ̄)b
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: コース, コースマネジメント, スコアアップ, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

ラウンドではチカラが入ってミス多発…(涙)」への1件のフィードバック

  1. きんたく

    モンゴプロこんにちは。
    私も水曜日が休みなので、毎週一回練習場に行っております。
    多少飽きっぽい?のか、只ひたすら打つのはつまらないので、前回廻ったゴルフ場・よく行くゴルフ場を想定して、ドライバー・セカンド(7アイアン・ロング設定なら7UT)・100ヤード(練習場設定のグリーン)・アプローチ 56°(50・30・15)と一打ごとクラブを替えて練習しております。
    何故かショートコース設定時だけはのりませんが・・・(^^;A
    今回のメールを読んで、自分で遊び(ドライバー右打込み、木の根元から5アイアンでパンチとか。)半分でやっていた事がいい事とは( ^ω^)・・・
    まあ~、同じクラブで打ち込んでいると力みが半端ないからが、発端でしたが・・・
    毎朝のサンド15ヤード20~30球よりも、練習場の方が結構楽しく通っております。
    次回のメールも楽しみにしております。

    返信

きんたく にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。