[Video] ボールが捕まり飛距離UPの鍵は左手

2018.06.11
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「ボールが捕まり飛距離UPの鍵は左手」
 

について、ビデオでお話ししたいと思います。
 

今日のポイントは、左手片手でクラブを持った時に
フォローの位置で左腕が遠心力で延びるということです。

左腕を曲げないということですね。

そして、この左手片手のスイングドリルで
飛距離を伸ばすポイントは何かというと。。。

(続きはビデオにて)

右手の悪さがなくなる

いわゆる右手の悪さとしては、
キャスティング(アーリーリリース)などの
いろいろなエラーが起こります。

ですが、左手一本で振っていますと、
必ずダウンスイングで右太ももの前で水平になる
適切な入射角が得られます。
 

逆に、右手だけで振ると、スイングのアークが小さくなり
肘が引ける理由になりますが。。。

左手で振ると、アークが大きくなり
飛距離アップも望めるといういうことなんですね。

ですので、
 

 ・まず、左手をしっかり伸ばし

 ・頭の位置を動かさずに

 ・その左手の位置に右手を持っていくようにする
 

こうした必要があるわけなんですけれども。。。
 

これについては、実際に見ていただくのが一番手っ取り早いので、
まずはこのビデオをご覧になってみて下さい。
 

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

ビデオでも申し上げている通り、
お尻を締めた腰の回転を作ってから
右手を持っていくようにしましょう。

こうすることで、頭を動かさずに
左手の位置に右手を持っていくことが出来ます

この腰を動かす動作がないまま右手を持っていくと
頭は必ず動いてしまいます。
 

この点に気をつけてスイングをするだけで、
ボールは捕まるようになります。

もちろん、飛距離アップも望めるわけです。

このビデオを何度も確認して
ぜひこの動き、身につけていただきたいと思います。

梅雨入りしましたが

2018-0611_1

2018-0611_2
 

先週は、チェリーヒルズゴルフクラブでした。
 

梅雨入りぎりぎりセーフ。
 

帰る時に雨が、降ってきました。
 
 

今日はこんなところにしておきます。
 

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。
 

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

古賀プロメルマガ読者限定!
先着30名のみ限定公開…

 古賀公治の非常識なシングル達成法

巷のゴルフ雑誌、教材では語られない
ゴルフスイングの真実…
13の上達トリガーでシングルを達成する
非常識な上達法を遂に公開します。

http://g-live.info/click/koga_s180611/

※先着30名限定数に達し次第終了

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

[Video] ボールが捕まり飛距離UPの鍵は左手」への8件のフィードバック

  1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

    永冨輝昭様(Facebookより)
    はい、何よりのお言葉有り難うございます。

    返信
  2. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

    上村亮吉様(Facebookより)
    知っていても出来ないなら意味がありませんからね!

    返信
  3. ゴロフ君

    切り返しからどうしても右手に力が入ってしまう癖が矯正できそうな
    気がします。練習に取り入れてみます。有難うございました。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      ゴロフ君
      力まないとボールは飛びませんが力むのは下半身です。
      下半身を力んでも周りからは力んで見えません。

      返信
  4. 武田 隆

    非常にわかりやすい説明ありがとうございます。
    早速練習に取り入れます。

    返信
    1. ツマさん

      ロジックがシンプルで非常にわかりやすく、すーっと頭に入ってきました。

      返信
      1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

        ツマさん
        スイングを学ぶ意味で大切なのは色々なものを付け足していくのではなく、余分なものを切り落としていくと言うことです。
        そのためには正しい知識が必要であると言うことは言うまでもありません。

        返信
    2. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      武田隆様
      本来は左右の手の力配分は5対5でよいのですが
      右利きの方がそうなるためには左8対右2くらいのイメージを持つ必要があります。

      返信

武田 隆 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。