振り遅れた直後にやる裏技…

2018.06.24
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

今日は、私のある友人を紹介します。
彼とはよくゴルフに行くのですが
とても気心しれたいいやつで、

よく研修生としてキャディの仕事をした後、
夕暮れのゴルフ場をラウンドしたり、

ラウンド後の車の中で
つらつらとゴルフについての談義をしたものです。

私のゴルフの原体験は
このようなちょっと日暮れのゴルフ場です。

そんな友人はもちろん研修生として働いているので
ある程度の腕前をもっていたのですが
彼には弱点がありました。

それは、ラウンド中に何回か

「stuckした!」

と言って、
右方向へミスを打ってしまうことでした。

「stuckって何よ?」
と聞くと

振り遅れのことだよ
と教えてくれるのですが、

彼はリズムが悪くなると
その腕前とは裏腹に
振り遅れてミスを打つことがありました。

ちょっと気になったので
「stuck」の語源を調べてみたところ

どうも、タイガー・ウッズが
若い頃によくしてしまったミスのことで
「stuck」によって苦しまれたと語っているそうでした。

身体が突っ込んでしまった分
逃げ場がなくプッシュを打っていたのかもしれません。

ですが、彼もただのアマチュアではありません。
自分で解決法はよく心得ていて
それが出るとすぐに解決するためのドリルをコースで実践します。

そして、それをやった後は
確かにミスの度合いが減ったり
自分のスイングを取り戻せているようでした。

実は、そのドリルがこれです。

手を重ねてクラブを振る

以前も紹介したことがあるかもしれないので
知っている方もいるかもしれません。

・左手はいつもどおりグリップ、左手を覆うように右手を重ねてクラブを握る
・顔の真正面をクラブが通り過ぎることをしっかりと確認しながらスイング
・クラブが通り過ぎてからボディターン

というものです。

これによって、振り遅れを大きく改善して
身体の先行を我慢するというものでした。

身体の先行というのは中々厄介な癖で
飛ばそうと思えば思うほど出てしまいます。

ドラコンホールと意気込んで
フルショットする!

という場になった瞬間に
身体が先行する癖がある人は
まずスライスを打ってしまうと思います。

それは単純にリズムが早すぎること
クラブが降りてくるのを待てていないということでもあります。

だからこそ、ただやることは
「スイング中に、下半身がクラブを待つことなのです」

もちろん、これだけですべての方が治るとも限りませんが
一度実践して、スイングの具合を確認してみてくださいね。

上半身と下半身のバランスはゴルフでも非常に大事です。

服部コースケ

<本日のオススメ>
もしあなたが
振り遅れ、打ち急ぎに悩んでいるとしたら
コチラもおすすめです。

足の母子球でスイングバランスを整えて
飛距離アップにつながるツールが登場

事実、プロのドラコン選手もこれをつかっています…

http://g-live.info/click/okstab180619/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: メルマガ, 夕刊メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。