[Video] 魔法の「フィニッシュ3秒ルール」

2018.06.25
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「魔法の『フィニッシュ3秒ルール』」
 

について、ビデオでお話ししたいと思います。

正しいトップの位置ができたら、
次に考えることはフォローです。

右手が左手を追い抜く、ターンオーバーですね。

ここで意識すべき動きは。。。

(続きはビデオにて)

肘の動きを意識してみてください

右肘がアドレスからバックスイングで真横に来て、

そして、インパクトからフォローに来て、
その位置でしっかり手を伸ばす。

ここで大切なのは、フィニッシュで3秒止まって
その位置のイメージをしっかり焼き付ける、ということです。

そうすることによって、
体がどういうふうに動けば良いかという事がわかります。
 

実際に見ていただくのが一番手っ取り早いので、
まずはこのビデオをご覧になってみて下さい。
 

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

ビデオの中では、ある練習器具を紹介しています。

ですがこれは、プラスチックの筒などを用意すれば
簡単に作れるものですので、特に購入する必要はありません。

最下点で両手が当たるということができればいいわけですから。
 

そして、お気づきのことかもしれませんが、
この動きは「ボール投げ」であろうが、
ただの「素振り」であろうが同じ動きであるということです。

そうした関連を考えると、より理解が深まると思います。
 

今回のビデオを何度も確認して、ぜひその関連性についても
身につけていただきたいと思います。

ああ、恐ろし!

2018-0625_1
 

先日の地震の時、
この重い側溝のコンクリートの蓋が
ポコポコ浮き出たとのこと。。。

地震の直後は、自宅も事務所もガスが使えませんでした。
(調べたら復帰方法がありましたが)

今回は震度4でしたが、
阪神大震災の時は、あたりの家がすべて
道側に倒壊していました。

「1995」の感覚を思い出して、寝るのが怖い。。。

揺れは阪神大震災に比べれば
全然軽かったのですが、恐怖が蘇りました。

完全に、トラウマです。
 

今回の地震で、何もないことが有難きこと、
すなわち「有難う」の反対語は
「あたりまえ」であることを、再認識しました。
 
 

今日はこんなところにしておきます。
 

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。
 

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

体力や筋力だけで飛距離が決まるのなら…

身体の小さい人、年齢を重ねた人が
飛距離UPを望むこと自体、
全くの無意味になってしまいますよね?

ですがコレを使えば、今より飛距離を
アップできる「新しい方法」があるのですが…

その新しい方法とは?

http://g-live.info/click/okstab180619/

※個数限定。3つのスペシャル特典付き

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: インパクト, スイング, ダウンスイング, バックスイング, ビデオ, フィニッシュ, フォロー, 夕刊メルマガ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。