夢をかなえる唯一の方法

2018.06.26
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

おはようございます、近藤です。

あなたは、もっといいスコアで回りたい、
もっと飛ばしたい、褒められるショットを打ちたい、
尊敬されるプレーがしたいと思いませんか?

でも、自分には才能がない、知識がない、
時間がない、上達にかけるお金がないと
理由をつけて夢を諦めていませんか?

確かに、これらの夢を叶えることは、
非常に難しいことです。

ですが、悲観することはありません。

何も持たざるあなたでも
たった一つだけ夢をかなえる方法が残されています。

そう、それがビジネスゾーンです!

ビジネスゾーンさえ完璧にすれば
あなたの夢は全て叶うのです。

「でも、ビジネスゾーンって難しいんじゃないの?」
「上級者にしか理解できないんじゃないの?」

いえいえ、それは全くの誤解です。

ビジネスゾーンは決して難しいものではありませんし
今日初めてクラブを握った初心者でも出来ます。

ライバルよりはるかに有利なスタート

たとえば、私や小原プロ、モンゴプロなんかも
ゴルフを始めたばかりの頃は1年間ずっと、
ビジネスゾーンだけをやっていました。

アマチュアの方より時間だけはありましたので
本当に丸一日ビジネスゾーンだけをやっていました。

当時はビジネスゾーンについて
正しくまとめられた教材はありませんでした。

ゴルフライブで学んでいるあなたは、
私たちよりはるかに有利なスタートを
切ることができています。

「ビジネスゾーンって知ってる?」
とゴルフ仲間に聞いてみてください。
おそらく、大半の方は知らないです。

どうか、自覚してください。

あなたのゴルフの夢の実現は、
このメルマガを読んでいる今この時、
すでに始まっているのです。

正しい方法を続けていれば
夢は必ず実現できると強く信じてください。

多くの方がその事実に気づかず、
「別にもっといい方法があるはず・・・」
と魔法のような方法を探し続けて失敗します。

1万時間の法則

この世の中、何か成果を出そうと思ったら
大抵3年間は時間がかかると言われます。
石の上にも三年というやつです。

「10000時間の法則」というそうです。

何事にもプロレベルになるには
大抵1万時間かかるというもので、
1万時間を3年で割ると1日9時間です。

仕事でも、転職するまでに
3年は続けろとよく言われます。

これは3年やれば一人前になれるからで、
あながち間違っていないと思います。

なにかを始める時は、いったん、
「今日から3年間は捨ててみる」
という覚悟でやらなくてはいけません。

3年間、毎日9時間やればプロ。
3年間、毎日3時間やればセミプロ。

そんな感じです。

3年、3年といいましたが
これが続けば大したものです。

ほとんどの人が3年続かないから
人によって「差」というものが生まれます。

なぜ続かないのかというと
ちょっとやってみて芽が出ないと
これは意味がないと思って見切りをつけてしまうからです。

そんな時は、10000時間の法則に対して
何%達成できているのか考えてみてください。

例えば1日3時間を3か月続けたことは
たった270時間。

10000時間の法則に対して
達成率はわずか2.7%なのです。

「そりゃ芽が出ないのも当然だ」
と冷静に判断できるはずです。

あらゆる成果の根拠は「継続と行動」です。

どんなにすばらしい方法があったとしても
継続と行動が出来なければ結果にはつながりません。

ビジネスゾーンは1万時間の法則を揺るがす

ここからは私の勝手な意見になります。

あらゆるゴルフの練習の中で
ビジネスゾーンは最高の時短練習です。

1万時間も必要ないでしょう。

もっと短い時間で結果をもたらしてくれます。

ビジネスゾーンは1万時間の法則を乱す、
ゴルファーにとって最高の練習方法です。

私もプロゴルファーになるため
人生の大半をゴルフに捧げてきた男です。

信じられないという気持ちはちょっとわきに置いて
私の話を信じてみてください。

もうビジネスゾーンをやっているよという人も
ビジネスゾーンって何?という方も
今日は下記の小原プロの動画を見てみてください。

今日から一緒に取り組んでいきましょう。

私たちのスクールでもビジネスゾーンで
全くの初心者から上級者まで
短期間のうちに結果をたたき出しています。

あなたが無理にスクールに通う必要はありません。

ただ、ビジネスゾーンだけはやってください。

スコアアップ、飛距離アップ、美しいスイング、
必ず、あなたの夢を実現できます。
絶対できます。

応援しています。

近藤雅彦

koe01
koe02
koe03

<本日のおすすめ>
ビジネスゾーンを発展応用させ、
ゴルフの第3領域を開花させる最新プログラムが登場。

最短100切りは当然のことですが、
突然の80台も飛び出している方法です。

http://g-live.info/click/m_se7en/
※6月27日(水)までの限定公開

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: 100切り, 90切り, ビジネスゾーン, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

夢をかなえる唯一の方法」への2件のフィードバック

  1. イーグル

    ビジネスゾーンの練習をだいぶやりましたが、最近はちょっと疑問点が出てきました。
    それは、バックストロークで腰の高さでシャフトが飛球腺と平行になるのは分かるのですが、フォローでは、腰の高さで、シャフトは飛球腺と平行にはならずに、ヘッドが飛球腺の位置にある時は、グリップはもう少し内側に引き込まれていると思います。
    それとも、ビジネスゾーンの練習はあくまで練習ドリルで実際のスイングとは別物なのでしょうか?

    返信
  2. ゴルフ平(へい)

    こんにちは。

    「ビジネスゾーン」は本当に大切ですね。ただしっかり練習されてる方を見る事

    は、殆どないですね。ブログ仲間に「ミート率アップ」の為にビジネスゾーンを

    薦めましたが、スイングが出来てないので・・と言われました。

    コーチに教わってる方なのでそれ以上は言わなかったですが、本末転倒してるな

    と感じました。それぞれの道で上達を目指したいと思いますが、私は「ビジネスゾーン」

    をホームとして鍛錬していきます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。