【ビデオ】クラブ構造を理解するとシャンクが治る

2018.07.20
mizugaki

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「クラブ構造を理解するとシャンクが治る」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

通常のショットと比べて、
フルスイングしないアプローチショットは
シャンクが出やすい要素がたくさんあります。

グリーン手前の絶好の花道から
アプローチでシャンクするほど
落ち込むことはありませんよね。

今回は、アプローチショットに限定して、
シャンクの原因と対処法について説明していきます。

実はクラブ構造を理解することで、
より確実に解決することが出来るようになります。

実はゴルフクラブというのは、
野球のバットやテニスラケットとは
重心位置が異なる特殊な道具なんです。

このクラブ構造を知ることで、
シャンクだけではなく、ミート率も一気に向上するので、

副産物として、、、
最大飛距離が上がり、
平均飛距離も上がりるようになります。

それでは、ゴルフクラブを使う上で
知って置かなければいけない
ゴルフクラブの構造とは?

詳しくは動画にて。^^


スマホの方、動画が見れない方はこちら

 

いかがだったでしょうか?

今回は、アプローチのシャンクについて
アドレスからの注意点は以下の2つ。

・重心位置はかかと重心ではなく、母子球を意識すること

・手元の位置は近すぎず、拳ひとつ分の余裕を持つこと

でしたね。^^

また、クラブの構造の観点から注意点を1つ
お話させていただきました。

冒頭にも書いたように、
ゴルフクラブというのは、

グリップとシャフトの延長線上とは
違う場所に重心があります。

クラブ重心1

言われてみれば確かに頷けますよね。

是非、今回の動画を参考に、
アプローチのシャンクを克服し、
ミート率アップにも役立ててみて下さい。^^

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

スコアアップの頼れる相棒
「ベタピンスコープ2」
キャンペーン終了間近です…

なぜ、僕がここまで
このスコープをオススメするのか?

その秘密はコチラからご覧下さい…

http://g-live.info/click/betapin180717/

※在庫が少なくなってきたのでお早めに

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
カテゴリー: シャンク, ビデオ, ミート率, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】クラブ構造を理解するとシャンクが治る」への4件のフィードバック

  1. まーよこ

    水柿プロ

    アプローチでのシャンクの動画、ありがとうございました!クラブの構造から考える視点を持てて、シャンクの原因もさらに理解できました!
    実際のラウンドでは、体重の重心位置と手元位置にも気をつけたいと思います。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      まーよこ様

      コメントありがとうございます!!

      ゴルフの基本のアドレスから見直しつつも、
      ミスの根本的な所からしっかりアドバイスができるようにしていきます!

      今回の内容が、少しでもまーよこ様のヒントになれた事を嬉しく思います。^^

      ガッツパー水柿

      返信
  2. toku

    水柿先生。クラブヘッドの真ん中がクラブの重心位置なのでしょうか?アプローチでシャンクが止まらなくなる時がありますので意識して練習します。ありがとうございました。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      toku様

      コメントありがとうございます!!

      実際には重心はクラブヘッドの中になりますが、
      今回の場合ですと大体フェースの真ん中辺りとイメージしていただけると良いかと思います。

      具体的には、グリップエンドを軽くつまんでヘッドを垂らした時に
      グリップエンドから垂線(重心線)を下ろした位置が重心になります。

      toku様のアプローチシャンクの解決に繋がると嬉しいです。^^

      ガッツパー水柿

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。