【ビデオ】正しいスイングは正しい骨格に宿る

2018.09.07
mizugaki

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「正しいスイングは正しい骨格に宿る」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

骨格というのは、
人それぞれ生活習慣によって違いがあります。

実は、日頃から無意識の内にしている行動一つ一つが、
あなたの骨格の歪みを作っているんですね。

例えば、、、

・デスクワークなど長時間同じ姿勢でいる

・ゴルフの練習では右打ちしか練習していない

・座る時に足を組むのが癖になっている

・姿勢が悪い(猫背)と言われる

などなど。

一見、ゴルフと何が関係しているの?
と思われるかもしれません。

ですが、骨の歪みを放置すると、
慢性的な肩こりや腰痛、頭痛などあらゆる体の不調に繋がり、

正しいスイングをする上で、
足かせとなってしまうことが非常に多いのです。

そこで今回は、年齢と共に体が硬くなり飛距離低下や
スイングの再現性にお悩みのあなたに「骨格」という切り口から
理想の骨格を作るためのエクササイズご紹介していきたいと思います。^^

↓詳しくは動画で解説しています。

 

いかがだったでしょうか?

今回、基本となる3つのエクササイズを
ご紹介させていただきました。^^

それぞれのエクササイズでのチェックポイントをまとめると。

■スタンディングアームサークルズのポイント
・常に足先を正面に向け、肩甲骨を寄せることに注意します。
・鏡の前で行うと、左右対称に腕を回せているかなどを、自分で確認しやすくなります。

■スタンディングエルボーカールズのポイント
・腕を開いたり、閉じたりする時に、頭が前後に動いてしまう人は、
 かかと、腰、背中上部、頭を壁につけて、頭が動かないようにして行いましょう。

■スタンディングオーべーヘッドエクステンションのポイント
・組んだ手が頭の真上にくるように、体を後ろに倒さないように注意する。
・腹筋をリラックスさせ、手、肩、体を一直線に伸ばしましょう。

このエクササイズは実際にレッスンの中でも
毎回取り入れています。^^

日頃からちょっとした空き時間などに
あなたもぜひ試してみて下さいね。

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

【新発表】小原大二郎のパター上達法が遂に書籍化!

パターにセンスは必要ありません。

30パットを切る夢のような方法を
全てあなたに伝授します。

発売記念キャンペーン中の今のうちに
早めに手に入れて下さい。

http://g-live.info/click/opt_bk1809/

在庫には限りがあります

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
カテゴリー: ビデオ, 体づくり, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】正しいスイングは正しい骨格に宿る」への2件のフィードバック

  1. yasu119

    ありがとうございました。体中が硬くて硬くて困っております。毎日、実施します。自分のためであるから。
     先生の声がもう少し聞き取れたらうれしいです。声が少し小さくて聞き取れません。
                                             70歳のジイジイより

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      yasu119様
      コメントありがとうございます!!

      エゴスキューは自分で身体の調子を整える事ができます。
      ぜひこれからも続けていって下さいね。^^

      声の大きさですが、お使いの機器のボリューム調整で調節しても小さいでしょうか?
      宜しくお願いいたします。

      ガッツパー水柿

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。