ネガティブは上達の近道

2018.08.15
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より

「自分のゴルフで良いところを
あげてみてください。」

こんな質問をされたら
あなたはいくつ答えられるでしょうか?

レッスンの中でこんな自己分析を
してもらうことがあるのですが、
だいたいの方は答えが2、3個程度しか出ません。
まぁ、多くて5、6個というところ。

中には考え込んでしまう方までいます。

でも、「自分の問題点を
なるべくたくさんあげてください」
と自己分析をしてもらうと10個を下回りません。
中にはノートがびっしりと埋まる人もいました。

「いつも意気込んでスタートするのに
終わった頃にはすっかり
意気消沈してしまいました…」

そう話される生徒さんも
少なくありません。

掘り下げてみると、
朝イチのティーショットではチョロしてしまい…
ダフリトップを頻発し…
3パットの嵐…

気づくとメンタルはボロボロになり、
帰り道になると、
頭の中は失敗の記憶ばかり。

「ポジティブに考えなさい!」
とはいうものの、
人はネガティブなものに目がいくものです。
むしろ、それが正常。

自然に湧いてくるものを
止めることなんてできません。

なので、
「僕はポジティブじゃないからだめなんだ」
なんて悲観する必要はありません。

ネガティブ思考は上達のヒント

湧いてくるネガティブな思考を、
直接どうにかしようとするのは危険です。

今までの自分を突然変えることは難しく、
上手く変えられない自分に落胆し、
より自分を追い詰めてしまうからです。

そこから抜け出せなくなり、
挙げ句ゴルフを楽しめなくなってしまい
ゴルフから離れてしまう方を
僕は何人も見てきました。

むしろそのネガティブ思考を
スコアアップに役立てましょう。

あげていただいた
少なくとも10個程度ある問題点。

問題点、ということは
それを改善すれば上達ができる、
ということ。

例えば、、、

10個の改善点があるとしましょう。
それは、10個スコアアップの
チャンスがあるということです。

ダフリトップやチョロが出てしまうなら
ビジネスゾーンをもう一度見直してみたり。

3パットが多いなら、
普段やらないパターの練習を増やしたり。

ひとつひとつシンプルに考えていけば、
案外簡単に改善できることも
多いはずです。

一つ克服するたび上達する訳ですから、
そうやって考えると、
少し簡単に感じますよね。

あとは身体を動かすだけです。

大切なのは地道な努力

先程お話したように、
1つずつのちょっとした改善であれば、
出来るような気がしませんか?

万が一、1つがうまくいかなくても、
改善点はまだ9個あるので
上達のチャンスが
なくなる訳ではありません。

3ヶ月、半年、1年と
長い目で見れば見るほど、
この方法が効いてきます。

なぜなら地道に努力して
身につけたものは
身体から抜けにくいからです。

しかも、ネガティブなところに目がいくという
あなたの習性を活用することができるわけです。

あなたのネガティブ思考を
もっと信じてあげてください(笑)

悲観的に考えるからこそ、
「こういう対策を打たないと…」
と先回りして考えられるのですから。
 
宮本大輔

<特別ウェブセミナー>

あなたはゴルフをするにあたって
身体のどこかに次のような症状が出ていませんか?

・腰が痛い・肩が痛い
・肘が痛い・首が痛い
・股関節が痛い・膝が痛い
・脚回りが痛い

もし、1つでも当てはまっているのなら、
ゴルフが出来ない身体に少しづつ
近づいているかもしれません…

http://g-live.info/click/okmt_wbnr_op1808/

The following two tabs change content below.
宮本 大輔

宮本 大輔

千葉大学教育学部卒。身長166cm、飛距離は約280y。 大学卒業後ゴルフの道を志し、2008年からレッスプロとして活動。 小原大二郎プロと出会い、2014年からはゴルフパフォーマンスにて小原プロの元、レッスンを学び、レッスン活動をスマイラックの講師として行う。千葉大の教育学部で培った『人に伝えること』に長けた指導と、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップの指導により、多くの生徒から信頼されている。ハキハキさ、持ち前の明るさがレッスンの特徴。 現在は、三宮店店長を務める。
カテゴリー: スコアアップ, メンタル, モチベーション, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
宮本 大輔

宮本 大輔 について

千葉大学教育学部卒。身長166cm、飛距離は約280y。 大学卒業後ゴルフの道を志し、2008年からレッスプロとして活動。 小原大二郎プロと出会い、2014年からはゴルフパフォーマンスにて小原プロの元、レッスンを学び、レッスン活動をスマイラックの講師として行う。千葉大の教育学部で培った『人に伝えること』に長けた指導と、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップの指導により、多くの生徒から信頼されている。ハキハキさ、持ち前の明るさがレッスンの特徴。 現在は、三宮店店長を務める。

 

Facebookでコメントする

ネガティブは上達の近道」への1件のフィードバック

  1. ゴロフ君

    いつもメルマガありがとうございます。なかなかラウンドで結果がでないばかりか、まさに内容がミスショットの
    オンパレードで帰りにシャワーを浴びる気力もなく意気消沈して帰路についています。車の中でビジネスゾーン
    を見直してもっとミート率を上げ方る練習を増やそうと考えたり、どうしてもヘッドをボールにぶつけて行って
    しまう原因は?、ラウンドでスイングリズムやテンポが頭では解っているつもりでもなかなか練習場のように打てない
    根本原因は心理状態だけのが問題なのか?、とかいろいろなことを考えれば考えるほど毎回堂々巡りでまさにネガティブ
    思考だけが増長するこの頃ですが、地道にまた一つずつ改善して行こうと思い直すことができました。
    ありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。