イップス?ショートパットが入らない…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.08.21
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

ゴルファーの中には、
こんな悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。
 

 「ショートパットが怖い…」

 「とにかくショートパットが入らない!」

 「1m以内になると入る気がしない…」
 

これはいわゆる「イップス」とも呼ばれる症状に
当たるのかもしれません。

そのような状態だとゴルフをするのも辛いですし
ゴルフを嫌いになってしまいますよね。

ところで、パターにこんなデータがあることを
あなたはご存知でしょうか?

1m以内のミスは80%以上が左に外している

そもそもショートパットは
どの方向に外す ケースが一番多いのか?

ちょっと前のことですが、
1993年にアメリカのツアーを対象に
調べたデータがあります。

そこで出た結果が
 

 「1m以内のパットを外したケースは
  80%強が、左に外している」

 

当たり前ですが、ショートする場合を除いて
外れるのは基本的に右と左しかありません。

であれば、左右50%ずつの結果になってもいいはずです。
 

にもかかわらず、なぜ「50%ずつ」にはならないのか?

これを知ることが、この「ショートパットイップス」の
克服につながるのではないかと思います。

ちなみに、あなたはショートパットの時
どんなことを考えているでしょうか?
 

 「絶対に入れなきゃ。。。」

 「さすがにこれを外したら恥ずかしいな」
 

ご存知の通り、ショートパットというのは
目の前のカップが嫌でも視界に入ります。

ですので、そんなふうに考えること自体は
ある意味仕方がないことかもしれません。

ですがただ、そうした感情というのは
「右手」に現れるのです。

入れたいという感情が、右手を勝手に動かす

右手とだけ言ってもわかりにくいかもしれません。
もう少し具体的に言えば
 

 ・右手首が返って、ヘッドがかぶる

 ・かくして、球はカップの左側を通過する
 

ということです。
 

あなたもご存じの通り、14本のクラブの中で
一番短くて扱いやすいのが、パターです。

ですが、その扱いやすさが故に、右手に感情が現れれば
わずかな動きが、球に影響を及ぼしてしまいます。
 

ということで、ショートパットの課題はいかに
この右手の動きを抑えるかということになるのですが。。。

そのことに役立つ言葉が、一つあります。

 ANYTHING BUT HEAVY

日本語にするなら、
「なんでもいいけど重いもの」
といったところでしょうか。
 

昔から「パターは軽いものより重いものを選べ」
と言われています。

当たり前ですが、重いものは動かしにくいわけです。

ですが、重いものは動かすのは大変なものの
いったん動き始めたら動きは安定します。

つまり、それだけ体の余計な動き、
右手に現れやすい感情を抑えやすくしてくれるわけです。

ちなみに、ショートパットに悩んだプロが
クロスハンドグリップにすることがありますが、
それも同じ理由です。

ショートパットを上達するには?

 「ショートパットが上手くなる練習方法はないんですか?」
 

もちろん、あります。
ですがその前に、ショートパットの基本は。。。
 

 ・フェースをスクェアに構え

 ・スクェアにインパクトすること

 ・ストレートな軌道でストロークし、芯で打つということ
 

まずはこのことを、しっかり覚えておいて下さい。

それを押さえた上で、練習方法ですが

 ・まず、2本のクラブを
  パターヘッドの長さに合わせて平行に置く

 ・そのクラブに対して、フェースをスクェアに合わせる

 ・そして、クラブに当たらないようにストロークする

言葉にすると、とてもシンプルな練習ですが
こうすることで
 

 「フェースをスクェアに構える感覚」

 「ストレート軌道でストロークする感覚」
 

この感覚を磨くことができます。
 

また、1m先にティを2本立てて
その間に球を通す練習を繰り返すと、
インパクトでフェースをスクエアにする感覚が身につきます
 

それから、パターヘッドに小さく切った割り箸を
3cmくらいの間隔で貼り付けて、その割り箸に当てないように打てば
打点が安定し、芯で打てるようになるでしょう。
 

もしショートパットが入らないと悩んでいるのなら
こうした練習方法で、1mを徹底的に練習して下さい。
 

ですが、ただ単に練習してもダメです。
これは非常に大事なことなのですが、
 

 「1mのパットを1回外したら、その分3回入れる」
 

あなたもご存知の通り、ゴルフというのは
イメージがとても大事なスポーツです。

ショートパットの悪いイメージを取り除き、
その3倍、良いイメージを頭にも体にも植え付けるために
これを行って下さい。

初めはなかなかうまくいかないかもしれませんが、
このような練習を繰り返すことで
ショートパットが得意になってくるはずです。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

100切り前なのにサンドウェッジ…!?
「自分が結果を出せるのか?」
と不安だったゴルファーが、

あれほど使いこなせてなかった
サンドウェッジで100切り!

「そんなバカな」と思った方はコチラ。
明日までの期間限定ですのでお急ぎ下さい。

http://g-live.info/click/msw_1808/

明日8/22(水)で終了です

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: イップス, グリップ, パター, パッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

イップス?ショートパットが入らない…」への1件のフィードバック

  1. 小菅一宏

    いつもメルマガを拝見させていただき、参考にさせていただいております。
    今回のメルマガの通り私もショートパットに悩んでます!
    ただ私の場合は約80%は右に外しています。
    ロングパットは80%程度は1クラブ以内に寄りますがショートは1Rで4~5回は外します。
    毎日、自宅で練習マットで練習はしますが中々改善されません。
    どうか良いアドバイスが御座いましたら宜しくお願いします。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。