「このゴルフ場遠かった~」

2018.10.08
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます。

先日、関西シークレットクラブのレッスンに行ってきました。

少し秋めいてきて
絶好のゴルフシーズンを感じられる様になってきました。

初めてお会いする生徒さんや
久しぶりにお会いする方が多くて
最初は思わず少し緊張も(笑)

しかし、すぐにゴルフの話が盛り上がり
レッスンはとても有意義な時間になりました。

さて、関西のコーチに紹介してもらった
奈良の名門ゴルフ場は私にとっても貴重な機会でした。

しかし、生徒さんからは
朝イチでこんな声が聞かれました。

小原「●●さんおはようございます!」

生徒さん「おはようございます!
     いや~!遠かったですねー!!」

あなたも、もしかしたら
こんな風に話を始めてしまったことありませんか?

つい言ってしまう「遠かった」

1時間半と言うと
ちょっとゴルフ場が遠く感じられる人もいるかも知れませんね。

もちろん、人によってお住まいも違うのでなんとも言えませんが
たいてい

「遠かった~」

「来るだけで疲れちゃったよ~」

という言葉を耳にすることがあります。

確かに朝も早いことが多いですし
これからラウンドしていこうってなると
ついつい言葉が出てしまうのかもしれませんね。

もちろん、全員が全員
近いところで開催できればいいのですが、
そうとも行かないのが常々。

この言葉を聞くと、
私はこれからラウンドするぞ~~
って気持ちブレーキをかけられているのではないかと思うんです。

ラウンドはこれからが本番。
プロでいえば、気持ちを高めていく時間が
クラブハウス到着から、スタートまでの時間です。

そのときに
ついた瞬間から「疲れた」という選手はいないわけです。

厳しいことを言うようですが
朝イチの言葉の使い方でも
その人の人となりが出ると思います。

出会い頭に
「いや遠かったよ~」 という人と
「いや~!今日は楽しみですね~!」

という人だったらどうでしょうか?

後者のほうが素敵ですよね。

私は、「言霊」はあると思っています。
だからこそ、あなたにも
発する言葉を気にかけてもらいたいとこっそり思っています。

前向きな言葉でナイスショットが打てる

どうせなら「良かったこと」「楽しかったこと」を
人とシェアするために言葉を使いませんか。

不平不満を言うだけでは
話を聞きたいと思われなくなってしまいます。

ネガティブではなくてポジティブ
前向きな方が良いですよね。

ポジティブに、前向きに話す人には
セロトニンという脳内物質がたくさん出ているそうです。

セロトニンって「幸せホルモン」とも言われていて
感情や精神面、睡眠など
人間の大切な機能に深く関係しているそうです。

実は、このセロトニンがたくさん分泌されることで
ゴルフが上達すると言われているんです。

これを出してゴルフが上達するなら
どんどんセロトニンが増えるようにしたいですよね。

そのためにもネガティブな発言は控えて
楽しんでゴルフをプレーしたいですね。

私自身も、楽しくゴルフをしようと心がけているのですが
スコアや結果を考えたら、
なかなか楽しいばかりではいられません。
だからなんでしょうかね。
ゴルフを楽しんでいる人を、とても尊敬します。

もちろん満足するような結果ばかりではないと思うんです。
満足できない時の方が多いかもしれません。

それなのに、楽しそうなんですよね。
「まだまだやれますよ!」

そういった方に多く聞かれる言葉です。

「まだまだ」という言葉。

私は、「まだまだ」って言える
生徒さんが好きです。

「まだまだ飛びますよ」

「まだまだハイスコアを狙えますよ」

「まだまだ上達する余地がありますよ」

まだまだ・・・まだまだ・・・

その日一日を楽しみながらも
満足せずに、向上心を持ってプレーしているようで
素晴らしいですよね。

せっかくゴルフをするのなら
楽しい方がいいに決まっているし、
スコアが良いほうがいいに決まっています。

楽しんでいるようで、結果を諦めていない人。
過去との自分とは決別し、今の自分に挑戦している人。

そんな人を尊敬しますし、
私は、常にそうなふうでありたいと思っています。
あなたにも、そうあって欲しいと思っています。


<本日のオススメ>

週末に、100を切るにはどうしたら?

「たった一週間で、一年分の上達を実現するベストな方法」

「スイング」と「正しい知識」を手に入れる
秘密のメソッドを公開…

http://g-live.info/click/kdth_1810/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

「このゴルフ場遠かった~」」への1件のフィードバック

  1. 織田

    小原プロ。
    とても素晴らしいコメントを有難う御座います。
    まだまだ行ける!まだまだ出来る!まだまだやれる!まだまだ!
    千葉GPのプロコーチから指導を受け、毎回ダメだしされる度に、
    伸びしろがあって.まだまだ上に行けるんだな~と自分で勝手に思い、
    私まだまだ伸びしろありますよね~て.プロにも言ってます!笑
    プロからまだまだいけますよ~て言われると嘘でも嬉しいです。
    まだまだ伸びしろが..まだまだ可能性を秘めて..と勝手に思っています!笑
    小原プロのコメントと同じく私も.日々前向きで、ポジティブで、感謝の気持ちを持つ事だと。
    不平不満、愚痴、他責は前に進めないと.今まで周りに言い続け、これからも言っていきます!笑
    最近は中々お会いできませんが、次にレッスン頂けた時、良くなりましたね~と言って貰える事を期待して、
    まだまだ練習しますね。

    返信

織田 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。