7~5番アイアンだけ別のシャフトにしたい

2018.10.04
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

こんなご質問をいただきました。
 

> 重さと同様重要な
> シャフトの「硬さの適性」の目安をご教示下さい。
>
> 現在オノフのアイアン「NSPRO950・S」を
> 使用していますが
> 7番、6番、5番が少し硬く感じ始めてます。
>
> オフを待って同じNSPROの「SR」か「R」に
> リシャフトしようと考えてます。
>
> その際は全部(PWから5I)を
> 同じ硬さに替えた方が安全でしょうか。
>
> アドバイス頂けたら幸いです。

 

ご質問いただき、どうもありがとうございます。

7~5番が少し硬く感じているとのことで、
そこだけシャフトを変えたいということですが、
結論から言うと。。。

違うシャフトは避けたほうが無難…

すでに何度もこの場で申し上げているように、
基本的にシャフトの硬さというのは
スイングのリズムとテンポに直結してくる部分になります。

硬さが違ってくると、インパクトで
クラブヘッドが戻ってくるところがズレが生じてきます。

軟らかいシャフトはワンテンポ待たないといけませんが、
逆に硬いシャフトは待っていると戻ってきてしまい、合いません。
 

そうすると。。。
 

私たちゴルフパフォーマンスが提唱している
「一つのスイング」がズレてきてしまうので。。。
 

リズムなどを変えないと、
まともに打てなくなってしまいます。
 

ちなみに、なぜ
「一つのスイング」であることが必要なのかについて
以前にお話ししたのはコチラです。
 

石川遼プロの『不調』は、クラブのせい?

http://g-live.info/click/180607_nikkan/

 

【何気に社外秘…】徳嵩「超ズボラ」練習法

http://g-live.info/click/170713_nikkan/

 

何故?スイングがよくなったのにミスが出る

http://g-live.info/click/170518_nikkan/

 

こうしてみると、このネタについては
何度もお話ししていますね。。。

とはいえ、こちらをまだお読みになっていない方は
この機会にぜひどうぞ。

そもそも「同じスイング」とはどういうことか?

ちなみに、先ほどから言っている、全てのクラブで一緒になる
「一つのスイング」「同じスイング」というのは、
 

 ・スイングの形

 ・力加減

 ・リズム
 

この3つがそろって初めて
「そろった」と言えるものです。

ちなみにこれら3つの要素の中で
特に崩れる、ズレるのは「リズム」だと思います。

どちらにしても、同じシャフトにしないのは
自分たちとしては、オススメしません。
やめたほうがいいかなと思います。
 

ただ、この方のご質問を読ませていただいて
ふと思ったのは。。。質問の最初の内容が
 

 「特に長い番手が振り切れないから
  柔らかいシャフトを。。。」

 

という話なんですが、

そもそも原因は本当に「硬さ」なのか?

 「5、6、7番アイアンが振り切れないのなら、
  そもそ振り切れない原因は硬さではないのかも」

 

SRか、Rかというところを
質問者さんは話題にしたいようなんですが。。。
 

根本的な原因はそこではないのかもしれません。

もしかしたら、原因は「硬さ」ではなく
「重さ」なのでは。。。?

そんなふうにも、感じてしまうのです。
 

たとえば、1キロのものを持ち上げるとしましょう。
その時に、
 

 「丸太の形だったら持ち上がらないけど、
  同じ重さで長細いものだったら、持ち上がる」

 

ということって、考えられるでしょうか?
 

これ、ちょっと不思議なことを言っているということですが、
実際ここで質問者様が言っているのは
それに近いことだったりもするのです。
 

重量が変わっていないのであれば、
何かを持ち上げるという点において
根本的なところは変わっていないと言えます。
 

ということで、振り切れない原因としては
 

 「重量」
 

まずはココを疑うのが、
先決なのではないでしょうか?

クラブフィッターとしては、まずはそこを
見させていただきたいと、感じています。
 

よろしければぜひ、
フィッティングにお越しください。
お待ちしています。

「チーム徳嵩」フィッティング受付中(残席わずか)

ということで、用意枠は少ないのですが
今でしたら「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」を
受講していただけます。

ほんの少しだけ枠を広げまして、
東京(秋葉原店)千葉(千葉店)大阪(弁天町店)
各3店舗で「枠数限定」で枠をご用意できました。

私たちゴルフパフォーマンスのフィッティングでは
ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので、
そこはご安心いただければと思います。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

実際、この方法を学んだ方は

 ・それまで90の壁が高いと思っていたのが、
  1週間で90切りの「87」を達成

 ・100以上打つことがなくなり、
  悪くても90台前半をキープ

 ・夢のシングルへの道が間近に…

という驚きの結果を出しています。
その意外な上達法とは?

http://g-live.info/click/kdth_1810/

期間限定の割引は10/8(月)まで。お早めに

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: アイアン, ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

7~5番アイアンだけ別のシャフトにしたい」への6件のフィードバック

  1. bb

    徳嵩さま
    はじめまして。
    フィッティングを是非一度、受けてみたいと思い、コメントさせていただきます。
    わたしは福岡に住んでいまして、「チーム徳嵩」のフィッティングを受けるとしたら、なかなか時間(往復の荷送で1週間程度マイクラブを手放さないといけないのと自身の移動時間も含めるとまあまあの時間的余裕が必要)と費用面(往復交通費等)でキビシイと考えております。
    そこで、大変勝手なお願いですが、福岡もしくは山口あたりで「チーム徳嵩」のイズムといいましょうか、同じ「思い」をお持ちのフィッターの方がいらっしゃいましたら、ご紹介いただけないでしょうか。
    不躾なお願いとは、重々承知の上で、何卒、ご容赦ください。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      bb様
      コメントをいただきまして、どうもありがとうございます。
      bb様と同様の質問については、このメールマガジンなどでも何度もお受けすることがございます。
      しかしながら、過去のメールマガジンでもお話ししたこともある通り、地方のお客様に現地のフィッターさんをご紹介することはしておりません。

      地方でフィッティングしてくれるお店教えて
      2017.01.12
      http://g-live.info/click/170112_nikkan/

      bb様のご期待に添うことができずに申し訳ございません。

      bb様のお住まいの近辺で出張フィッティング会が行えれば一番よいのですが、2018年の秋現在、福岡・山口方面でのフィッティングは予定しておりません。上記、2017年のバックナンバーにもありますように、場所の確保が一番の課題となっております。

      何卒ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

      返信
  2. 波多野隆博

    はじめまして。ドライバーのことでお聞きします。
    同じ重さのクラブで、一方は、ヘッドが重めで308㌘、もう一方は、シャフトとグリップが重めの308㌘。
    ヘッドスピードが45m/sを越える場合、選択肢としてどちらを選択したら良いのでしょうか?
    そもそもクラブの選択が間違えているのでしょうか?
    お教え下さいませ。

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      波多野隆博様

      コメントをいただき、どうもありがとうございます。結論から言ってしまいますと、

      ・前者(ヘッドが重め308グラム)がいいかもしれない
      ・後者(シャフトグリップが重めの308グラム)がいいかもしれない
      ・あるいは他のチョイスがいいかもしれない

      ということになります。

      ヘッドスピードも記載してくださっていますが、今までにもこのメールマガジンでお話しているように、ヘッドスピードだけの情報で、クラブフィッティングをすることを、自分たちはしていません(その点については過去のバックナンバーをお読みいただければと思います)。

      もしご質問の点が気になっていて、関東近郊ないしは大阪付近にお住まいなのであれば、一度フィッティングにいらしていただくことをオススメいたします。原因はドライバーではなく、他のクラブが影響を与えているということもあります。フィッティングは有料となりますが、いらしていただければトータルにクラブを診断させていただきます。

      返信
      1. 波多野隆博

        ご回答ありがとうございます。
        そうなんですね。
        トータルで、ヒッティングする必要があるのですね。
        ヒッティング興味は、ありますが怖さもあります。
        使ってるものを全て変える必要があることもありますよね。

        返信
        1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

          波多野隆博様
          ご返答、どうもありがとうございます。
          フィッティングでは話の流れの中でクラブのご提案もさせていただきますが、その提案を受けてクラブを変えるかどうかは、波多野様次第となります。
          今年の春のメールマガジンで、下記のようなお話もさせていただいたので、参考にどうぞ。
          (この他にもバックナンバーは多数ありますので、ご興味ががあればお読みになってみてください)

          フィッティングで予算を聞かない理由…
          http://g-live.info/click/180426_nikkan/

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。