パターで距離感と方向性の両立するには?

2018.10.23
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

今日は
「距離感と方向性の両立」
についてお話をしようと思います。

ゴルフは距離感も、
そして方向性も両方大事ですね。

これについては。。。

すべてのクラブで重要

距離感と方向性。
これはアイアンもアプローチもパターも
すべてにおいて大事ですし。。。

難しいかもしれませんが
フェアウェーウッドやバンカーも、大事です。
 

ドライバーは飛距離においては
飛んでくれるとありがたいものです。

ですが、グリーンやピン(カップ)を狙うショットにおいては
飛びすぎても困りますよね。

ちょうどいい距離と方向を両立させるのは易しくありません。
 

距離感と方向性の二つを両立させるには
他のファクター(要素)が多いほど、難しくなります。

という事で、本日はその中でも
まずパッティングの距離感と方向性について
考えてみることにしましょう。

パッティングの優位性

ということで、まずはパッティングについてですが
 

 「他のクラブよりも圧倒的にダフリ、トップが少ない」
 

これが最大の特徴と言えるでしょう。
 

あなたも無意識に自覚があるとは思いますが、
パターは練習しなくてもフェースに当たってくれます。

そのため、上級者以外はあまり練習をしません。
 

他のクラブ(特に地面から打つクラブ)は
フェースに当てるのが難しいので練習をします。

ですが、パターはフェースに「当たる」ので
まずはフェースに当てにくいクラブから練習する。。。

どうしても、そういう順番になるのでしょう。
 

これについては、考え方としては間違ってはいません。
ですが、少し考えてみましょう。
 

フェースに当てるのに苦労しているクラブで
距離と方向まで何とかしようというのは
そもそも無理がありますよね。つまり。。。
 

 距離感と方向性の両立は
 パターが一番意識しやすい

 

ということです。

ここまで、よいでしょうか?
 

では、距離感と方向性の両立に向けて
何が大切かというと。。。
 

 距離感は距離感だけの練習をすること
 方向性は方向性だけの練習をすること

 

です。

聞けば当たり前。でもなかなか出来ない…

これは全ての練習に言えることですが
あなたは何か一つを意識して練習しているでしょうか?
 

答えが「イエス」という方も、
一緒に考えて下さい。ショットで言えば、
 

 1.フェースに当てる
   (出来ればなるべく芯の近く)

 2.いい方向へ飛び出す

 3.目指した球筋で飛んでいく
   (どれくらいのフック、スライスなのか)

 4.大体の自分の飛距離に落ちる
 

という事を意識しているとして、
このとき同時にすべてをしようとすると。。。
 

なかなか思い通りの球は出ませんよね。

フェースに当たらない時は
フェースに当てることだけを意識するようにしましょう。

「右に行っても左に行っても成功」
ぐらいに思っていると1番はクリアしやすくなります。
 

パターについては
 

 1.フェースに当たる

 2.フックやスライスはほとんどしない
 

という傾向にあるので、
距離感と方向性に意識が向きやすいのです。
 

 1.方向性の練習をする

 2.距離感の練習をする
 

どちらか一つだけを意識した方が習得しやすいですし、
上記の順番の方が効率的です。
 

ここでも1を意識しているときは
2は少々合わなくても成功と思いましょう。

逆に、2を意識しているときは
1が違っていても成功と思う事です。

これについてはそのうちに
両立できるようになってきます。

どちらの練習も自分なりにやってもらってもいいですが、
僕のDVDを参考にやってもらえると、より効率的です。(^-^)
 
 

 ゴルフの上達は小さな一歩から
 
 

頑張って距離感と方向性を習得し、両立して下さい。
パターは一番、スコアに直結します。

追伸:千葉でレッスン会あり。

事務局からの依頼がありまして
千葉で下記のレッスン会を開催します。

毎回すぐに埋まってしまうので
どうぞお早めにお申し込み下さい。

(すでにお申込みをされて、案内が行っている方は
 お席は確保されています。どうぞご安心下さい)
 

◆千葉(11/4 日)

アプローチショット人数限定レッスン会(12:30~15:30)
日時:11月4日(日)
場所:ジャパンゴルフ(千葉市若葉区)

http://g-live.info/click/kl181104_1230/
 

アイアンショット人数限定レッスン会(16:30~19:30)
日時:11月4日(日)
場所:ジャパンゴルフ(千葉市若葉区)

http://g-live.info/click/kl181104_1630/
 

ゴルフの上達は小さな一歩から
 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川武志
 

<本日のオススメ>

体力や筋力だけで飛距離が決まるのなら…

身体の小さい人、年齢を重ねた人が
飛距離UPを望むこと自体、
全くの無意味になってしまいますよね?

ですがコレを使えば、今より飛距離を
アップできる「新しい方法」があるのですが…

その新しい方法とは?

http://g-live.info/click/okstab181018/

個数限定。3つのスペシャル特典付き。残りわずか

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。