なぜ、そのパットは大オーバーしたのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.06.16
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「なぜ、そのパットは大オーバーしたのか?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

見事にパーオン。
これを入れたらバーディー。。。

こんな局面で、あなたはどのように打ちますか?

パットが大オーバーする理由

しっかりラインを読んで打ったはずだった。
 

でも、打つ前の距離よりも遠くまで転がってしまい。。。
 

バーディーパットのはずだったのが、
3パットで結局ボギー。
 

 「あ゛ぁ~」
 

この怒り、この屈辱を一体どこに向けたらいいのか。。。
 

そんな経験、あなたもありませんか?
 

そんなとき、もし冷静に振り返ったとしたら
 

 「ラインはフックに読んでいたから、
  強く打ちすぎたんだろう。」

 

たいていの方は、そのように解釈するかもしれません。
 

でも。。。

実はコレは「ライン読みのミス」

ですが、これは盲点で、実はこういったミスというのは
完全に「ライン読みのミス」であることがほとんどなのです。
 

「え、どういうこと?」
あなたはそう思ったかもしれません。

では、これがなぜ「ライン読みのミス」だと言えるのか、
ちょっと考えてみてください。
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・

なぜ、ライン読みが間違っていたから
大きくオーバーしてしまったと言えるのか?
 

タッチと曲がりの関係

詳しく説明していきましょう。
まず、前提条件として。。。
 

 ・同じラインであっても
  タッチが強ければ、球はあまり曲がらない

 ・逆に、タッチが弱ければ、曲がり幅は大きくなる
 

この理屈をまず、押さえておいてください。
 

それを踏まえて、
ラインからタッチをイメージしていきます。
 

 ・ラインを厚く取ったならば、タッチを弱く

 ・逆にラインを薄く取ったのならば、タッチを強く
 

このようにしなければ、
ボールはカップには入りません。

これについては、もう少し具体的に
お話してみましょう。
 

たとえば、30センチ曲がるラインに対して、
10センチしか曲がらないと読んだとします。

この時、あなたの脳は
 

 「10センチしか曲がらないんだったら、
  強く打たないと入らないぞ」

 

そのように感じ取り、自分では気づかないうちに
タッチが強くなってしまうのです。
 

そうして、大きく曲がるラインに対して
薄くライン読みしたため。。。
 

体が反応して、必要以上に強く打ってしまった。
そのため、オーバーしてしまった。

と、このような具合です。
 

ここまでお話ししたことをちょっと頭に入れて、
朝の練習グリーンでパター練習をしてみてください。

これだけで、あなたに悔しい思いをさせてきた
3パットを大きく減らすことができるはずです。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

先日ご案内した
ゴルフライブが自信を持って
オススメ出来るホームゴルフシミュレーター…

 『tittle X PLAY 2020』

一瞬で完売したため、
急遽メーカーに連絡を入れたところ
予約での販売の目処が付きました。

予約分も個数限定となっておりますので、
どうぞお早めにお申し込みください。

今すぐチェックする

予約分は50個限定
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: パター, パッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 方向性, 距離感 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

なぜ、そのパットは大オーバーしたのか?」への1件のフィードバック

  1. tokusuru

    先日のラウンドでパー3で2m弱にワンオン、
    そこから何と4パット、ダボとしそこから後はガタガタ、
    冷静さを欠き残念ながら後悔ばかりのラウンドでした。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。