フィニッシュはスイングの通信簿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.26
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「フィニッシュはスイングの通信簿」

というテーマでお話をしたいと思います。

先日、生徒さんから水柿プロのフィニッシュは
『ピタッ』っと止まってカッコイイですね!

「どうしたらプロのように
カッコよくフィニッシュが
決まるようになりますか?」

というご質問をいただきました。

これまでたくさんの生徒さんに
レッスンをしてきて思うのは、

なかなかフィニッシュがビシッと
決まっている人が少ないということです。

特に100切りを目指している方などは顕著ですね。

もしかすると90切り、80切りを壁に感じている方も
実はフィニッシュがうまく決まらない・・・
と感じている方は少なくないのかもしれません。

気持ちはわかります。

頭の中は、
色んなことを考えて、どうやってインパクトするか。
ということでいっぱいですよね。

実は、フィニッシュは作るものではなく、
「結果として出来る」ものなんです。

では、なぜアベレージゴルファーは
フィニッシュが『ピタッ』と決まらないのでしょうか?

答えは簡単です。

ボールに当てにいく
スイングだからです。

実は、スイングには
大きく2つのタイプがあります。

それは、

手打ちタイプとスイングタイプ

手打ちタイプは、
当てることに意識が集中し過ぎて、

クラブを振り下ろすところまでのスイングスピードが速く、
インパクト直前でスイングスピードが落ちてしまい、

フィニッシュの前でブレーキがかかり、
結果として飛距離もロスしてしまいます。

腕の力で振る人はインパクト前からの加速がないので、
フィニッシュの前でブレーキがかかります。

結果として飛距離もロスしてしまいます。

当てることに意識が集中し過ぎて、
ヘッドを走らせることができていないんですね。

よくインパクトを点だとか線でという表現をしますが、
「ボールに上手く当てよう」という意識が働くと、
インパクトは点になってしまいます。

すると、ダウンスイングで力が入ってしまったり、
体の上下動が起こったりして、インパクト以降の
振り抜きがスムーズにいかなくなってしまうのです。

対して、スイングタイプは、
力まずにリズムよくしっかりと
振り抜けているスイングのことです。

振り抜かずして綺麗なフィニッシュは作れません。
具体的には、左の肩が頭の後ろに行き、
左の肩甲骨が背骨に寄ってくるのが正しいフィニッシュです。

これが、フルスイングです。

ナイスフィニッシュはナイスショット

綺麗なフィニッシュが取れているということは、
バランスよく振り切れているということ。

体の動きも正しいという証明でもあります。
そして何と言ってもゴルフが上手く見えます。

この「上手そうに見える」という見た目は、
実はゴルフではとても大切だと思います。
まずはフィニッシュから上級者の仲間入りをしてみませんか?

また振り抜くことで、
自然にインパクトゾーンの安定につながります。

インパクトで余計な力が入って、
スイングにブレーキがかかるようなことはなく、
スイングスピードが加速しながらフィニッシュへと向かいます。

また、手元で当てに行くスイングではないので、
スイング軌道のブレも少なく抑えることができるようになります。

フィニッシュが安定してくると、
ドライバーショットの飛距離アップ!
アイアンの精度もアップしてきます。^^

まずは以下のチェックポイントに
注意してみてください。

水柿流チェックポイント

① 力感(クラブヘッドの重さが感じられる程度)

② 自分が心地よいと感じるリズムであること

③ 腰を90度回っていること

④ 両腿の付け根がくっついていること

⑤ 右足のかかとがしっかり立ちあがっていること

です。

ベタ足スイングをしているプロでも
よく見ると、最後は右足が完全にめくれて
左足に体重が乗り腰が90度回っています。

プロのフィニッシュを見ていると
本当に『カッコ良い』『綺麗だな』と見惚れてしまいますよね。

また、アベレージゴルファーでも
しっかりフィニッシュが決まっていれば

「ちょっとレベルが違うな~」と周りから
一目置かれる存在になると思います。^^

まずは、素振りから意識してみてください。

テークバックでスイングプレーンに乗せて、そのままトップへ。
切り返しから腕の重さ、クラブの重さを使って
少しずつ加速をしていきます。

そのスピードのままインパクトを迎え、
クラブに体が引っ張られるような感覚を持って、
しっかりと振り抜いてみてください。

ナイスフィニッシュで
ナイスショット間違いなしですね。^^

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

PS:

フィニッシュと言えば、
最近活躍している韓国のチェホソン選手。

彼はとても個性的なフィニッシュですが、
あれはパフォーマンスですので、
絶対にマネしないで下さいね。(笑

チェホソン

 

<本日のオススメ>

「ツアーで勝てる」プロゴルファーを
数多く輩出したプロコーチが明かす
ゴルフスイングの真実。

次回ラウンドまでに、、、
ドライバーを34y伸ばし、
アプローチを確実に決め、
7打以上スコアを縮めたくはありませんか?

http://g-live.info/click/edsw_1810/

※10月31日までの限定公開です。

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, 90切り, フィニッシュ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

フィニッシュはスイングの通信簿」への3件のフィードバック

  1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

    Jun Tozawa様

    コメントありがとうございます!!

    少しでも戸澤さんのご参考になれば幸いです。^^

    返信
  2. YAYASU

    「 かっこいい!」を目指します。 ありがとうございました。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      YAYASU様

      コメントありがとうございます!!

      上手でカッコいいスイングを目指しましょう。^^

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。