ショートコースに行く3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.28
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、

こんにちは森崎です。

先日、車で移動していた時に
思わぬところにショートコースを見つけました。

あなたはショートコースには
普段から行っていますか?

こう聞くと、あまり行ったことがないという
ゴルファーが意外と多かったりします。

ですが、実はショートコースは
たくさんのメリットがあります。

そこで、今日はショートコースに
行く上で、大きなメリットを3つ
紹介したいと思います。

普段、打ちっぱなしでの練習が
メインという方、必見です。

1、芝の上から打てる

1番のメリットと言えばこれでしょう。

ゴルフ場以外で身近に芝から打てる
環境はそんなにありませんよね。

そんな時、ショートコースなら
芝の上からボールを打つことが出来ます。

練習場のマットだと、例えばアイアンの
練習をしていても、マットより下に
クラブがいくことはありません。

それはどういうことかというと、
本来ダウンブローで打つべきアイアンで
ダウンブローが打てないという現象がおきます。

なので、ミスが分かりづらいんです。

その点、芝から打てるということは
本番のコースで打つのと変わりませんから、
ちゃんと打つことが出来ます。

それだけでもショートコースに
来た甲斐があります。

2、緊張感が違う

ショートコースは小さいと言っても
大抵は9ホールあり、50y~170yくらいの
長さがあります。

コースレイアウトとしては、
本番環境と大きな違いはないので、
単にボールを打つのとは緊張感が違います。

本番さながらの緊張感です。

そうすると、一打の重みが大きく変化。

例えば、138ヤードのホールなら、
まずは8番、9番辺りを使って
グリーンそばまで寄せる。

次にウェッジで寄せる。

そして、ワンパットで入れる…

といったいつもと変わらない
ショートホール攻略を
実践することが出来ます。

練習場で200球打っても味わえない本番環境が
ショートコースならたった3球で味わえます。

3、近い・安い・速い

ショートコースは多くの場合、
予約はいりません。

価格も9ホール数千円くらい。
タイムサービスを使えば、9ホールの
値段で18ホール分回れたりもします。

そして、全部回るのに、
順調に行けば90分あればいけます。

混雑していたとしても、
併設されている練習グリーンや
アプローチ練習エリアで練習すれば

充実した時間を過ごすことが出来ます。
(しかも芝の上から練習出来ることが多い)

ゴルフ場に行く時に必要な
大きな荷物も準備も必要ありません。

ゴルフ仲間も出来ることが多いです。

そういった部分でのメリットも大きいです。

まとめ

今日はショートコースのメリットを
ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ちょっと行ってみたいと思いましたか?

個人的には練習場で何百球も打つなら、
近くにあるなら絶対に行くべきです。

これまでの何倍も上達スピードが加速します。

とってもおすすめです。

<本日のオススメ>

コーチ歴20年、教えたゴルファー5万人、
100切り請負人とまで称された小原プロが
210ページにもわたって書き上げた

アプローチ書籍の決定版。

返金保証付きであなたの前に
立ちはだかる全てのリスクを
取り除きました。

http://g-live.info/click/obwin_1811/

The following two tabs change content below.
森崎崇

森崎崇

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, アウトサイドイン, インサイドアウト, コース, ドライバー, ビジネスゾーン, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。