クラブヘッドなんてどれも同じでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.01.24
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

最近よくやっているテレビのCMで
 

 「自動車保険なんて、どれも同じでしょう?」
 

みたいなセリフがあったと思いますが、
それと似たような感じの質問をいただいたので。。。

今日はその質問について、お答えしたいと思います。

質問(ご意見?)いただきました

> 私のクラブに対する考え方ですが
> シャフトが自分のスイングに適しているかどうかが
> 一番大切なことではないかと思っています。
>
> クラブヘッドはどこのメーカーも
> 似たり寄ったりのものだと思うのですが、
> 間違いであればお教えいただけたら幸いです。

 

ご質問いただきまして、どうもありがとうございます。
 

そうですねえ。。。
これについて、本題に入る前になんですが、
 

 ・基本的に、弾道の要素や球筋を決めるのは、実はヘッド

 ・次に、ミート率などの他の要素を占めるのが、シャフトの役割
 

だと、自分は思っています。
 

当たり前のことですが、クラブのパーツには
それぞれに役割があります。
 

ヘッドなどはパット見、
同じに見えるかもしれませんが、個々の製品ごとに
実はそれなりに機能は異なります。
 

 ・どういうターゲット層のためのものなのか?

 ・低スピンなのか、高スピンなのか?

 ・どのようなミスに強いのか?
 

こうしたターゲットだったり機能だったりは違いますので
自分の見解として、質問者様に対する答えは
 

「それは、ちょっとね…」

という感じに、なってしまうかもしれません。
 

この質問者様はおそらく
「だって、クラブはどれもほぼ、同じカタチをしているし」
というふうに、思っているのかもしれませんが。。。

もし、この質問者様自体が
(何度かクラブを買い替えていたとしても)
同じセグメント(趣向)の中で選んでいれば、

毎回、似たり寄ったりのクラブになるはずなので、
違うタイプのクラブは手元にないことになります。

たとえ、メーカーを変えたとしても。。。です。

それについては、以前にもちょっと
このメールマガジンで書きました。

クラブを買い替えているがうまくいかない…

http://g-live.info/click/170727_nikkan/

 

ですが、アイアン一つ取ってみても
 

 ・マッスルバック

 ・キャビティ

 ・ポケットキャビティ

 ・中空
 

これだけの種類があるわけです。

もし、あなたが車好きな人に
 

 「車なんて、4つタイヤが付いて
  上に箱が乗っていれば、どれも同じ車でしょう?」

 

と言ったら、その車好きな人は
全力で否定してくるんじゃないでしょうか?
 

車のクラウンとスカイラインが違うように
見た目も中身もちゃんと違いますし、

使う人が求めるものによって
クラブも当然違ってくるものです。

そうでなければ、世の中にこれだけのクラブを
出す必要もなくなってしまいますから。。。

シャフトだって「ただの棒」?

乱暴な言い方をするのなら、クラブというのは
ただ「球を打つというもの」というくくりなら、
確かに一緒だとも言えるかもしれません。
 

ですが、各メーカーごとに特徴があるから
そんなメーカー自体も乱立していたり。。。

同じメーカの中でもいくつもシリーズがあったり
各製品ごとに違っていたり。。。

そうしたことで、お客様のセグメントごとに
商品を開発して、リリースしているわけです。
 

今回の質問者様が大事にしているシャフトについては
確かに、シャフトにはいろいろな特性がありますから、
お客様にフィットしていないと、うまくいきません。

ですがそのシャフトだって
「ただの棒だ」って思えば、どれも一緒といえば、
一緒になってしまいますよね。

ですが、そうではないから
(そうではないと信じて作っている人がいるから)
これだけの種類のものが出回っているわけで。。。

シャフト屋さんに聞けば
「シャフトが大事」と言うはずですし、

ヘッド屋さんの立場からしたら
「ヘッドが大事」と言うはずです。
 

じゃあ、自分たちフィッタータイプの人間は、
どのように思っているかというと
 

3つがトータルに大切

 「グリップも含めた
  シャフト、ヘッド、グリップの3者が大事」

 

というふうに考えています。
 

ちなみにグリップについて言えば、
硬めのほうがしっくりして滑らないという人もいれば、
柔らかいほうが好みの方もいらっしゃいます。

そうしたことで、使う人とのマッチングが必要です。

グリップ選び(グリップ交換)については、
ちょうど去年の今頃にこのようなビデオで
お伝えしたことがあったので、

まだご覧でない方は
こちらを参考にしてみてください。

[ビデオ]春に向けコレだけやればスコアUP!?

http://g-live.info/click/180125_nikkan/

 

シャフト、ヘッド、グリップの重要性について
それぞれに割合を付けるとすれば
 

 シャフト:ヘッド:グリップ = 33:33:33
 

あるいは
 

 シャフト:ヘッド:グリップ = 40:40:20
 

といった具合になるでしょうか。

このへんの配分率はお客様、あるいは
フィッターの考え方にもよるかと思います。

ですが、今回の質問者様のように
 

 シャフト:ヘッド:グリップ = 98:1:1
 

ということにはならないのではないでしょうか?

この3つの要素については、以前にビデオでも
お話ししたことがあるので、
よろしければこちらも参考にどうぞ。

[ビデオ] 再現性UP!クラブ選び3つのPOINT

http://g-live.info/click/180531_nikkan/

 
 

「チーム徳嵩」フィッティング

ということで、そうした三要素を大事にしながら
あなたに最適の一本を選ばせていただく
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」。。。

枠数限定ですが若干名、ご用意いたしました。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 

東京千葉大阪
各3店舗でお申込みいただけます。

しかしながら、こちらからのお申込みで予約確定ではなく
後日担当者から連絡が行きます。

そこでのやり取りの上での日程確定となりますので、
その点、あらかじめご了承ください。
(必ずご連絡は行きますので、ご安心ください)
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」

を地で行く、ゴルフのスコアアップ
そして生涯現役ゴルファーを目指した
ダイエットプログラム…

 「ゴルファー肉体改造・GSP1分ダイエット」

人数限定で参加者を募集しています。

http://g-live.info/click/modt1901/

返金保証付き

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: クラブヘッド, ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, シャフト, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。