【ビデオ】「なんでミス?」練習場でやりがちな間違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.03.05
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

練習場では良いショットが打てるのに、
コースに行くとなかなか良いショットが出ない。

このような悩みをお持ちの方、
多いと思います。

実際僕もよく相談を受けます。

もし、練習場では良いショットが
打てているのであれば、
あなたのゴルフの技術は確かなものです。

ではなぜコースで同じような良いショットが
コースでは打てないのか

それは。。。

練習場とコースでは無意識に違うことをしている

練習場(打ちっぱなし)と実際のコースを
イメージしてみてください。

決定的な違いは、
練習場では同じクラブで繰り返しボールを打ちますが、

実際のコースではその時々の状況に合ったクラブ
しかも1回で結果を出さなくてはいけない

というところです。

実際のコースでも良いショットを打つには、
コースを意識した練習、
実践練習をする必要があります。

今回は、練習場でコースを意識した練習をする方法を
ビデオで撮影しました。御覧ください。


※3/5 12時現在、youtubeにて配信障害が起きております。すぐにご覧になりたい方はこちらよりご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。





御覧頂いたビデオでは、練習場でショットを打つときの
ターゲットについてご紹介しましたが、
これ以外にも練習場とコースには違いがあります。

ビデオでも軽く触れましたが、
ショットを打つリズムの違い

練習場でも実際のコースで打つときと同じく
ご自分のルーティーンを行うことをオススメします。


また、マットの上から打つ練習場と芝の上から打つコース

マットと芝では打つときの感触がかなり違います。

練習場に行く回数よりコースに出る回数を増やせば、
コースでも良いショットが打てるようになりますが、

根本的すぎて解決方法になっている気がしませんね。
すみません。


今回のビデオで紹介した練習方法は
僕も実際に練習場で行っていて効果も実感しているので、
ぜひみなさんも試してみてください!

近藤雅彦


<本日のオススメ>
江連忠が監修の
飛距離アップ専用「Eドライバー」
残り35本限定です。

なぜ、この7Iと同じ長さの短いドライバーが
60歳以上の飛距離アップを実現するのか…

月一ゴルフでも、
レッスンに通わなくても大丈夫…

http://g-live.info/click/edu1w_1903/

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。