もっと大きなフィニッシュを取りたい方へ

2019.06.11
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「もっと大きなフィニッシュを取りたい方へ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

今日はフィニッシュについてなんですが、
こんな質問をいただきました。

フィニッシュでピタッと立てない…

> フィニッシュがきっちりと取れないことが
> 目下の私の悩みです。
>
> 胸が目標を向くぐらいとか、
> 右肩が目標を指すまでとか、いろいろ言われます。
>
> ですが私の場合は、体は正面を向いたまま、
> フィニッシュでもピタッと立つことができません。
>
> どうしたら、フィニッシュをもっと大きくできるのか、
> フィニッシュをピタリと決めることができるのか、
> 教えてください。

 

確かに、ツアープロのフィニッシュを見ていると、
それに憧れてしまうということも
あるかもしれませんね。
 

もし、あなたが30代までの若い年齢で、
極端に太っていたり、あるいは異常に身体が固いといった
ことがないのであれば。。。

ある程度大きなフィニッシュを目指してよいと思います。
 

ですが、右肩が目標を指して
クラブヘッドも目標を指すというような
教科書的なフィニッシュは。。。

ある程度身体が柔らかい人でないと難しいです。

そのため、やみくもに自分の能力以上の大きなフィニッシュを
目指すことは、あまりお勧めできません。
 

ですがもし、あなたのフィニッシュが
 

 ・身体は正面を向いたままで
  フィニッシュでピタっと立つことができない

 ・胸が目標方向に動かない
 

そんな状態であれば、柔軟性や体型の問題ではなく。。。
 

あなたのエネルギーの使い方に
問題があるかもしれません。
 

大きなフィニッシュは、自分の力だけでは無理

基本的にフィニッシュの大きさは
 

 ・クラブの遠心力に任せて

 ・身体が引っ張られる力の大きさ
 

これで決まります。
 

大きなフィニッシュの取れるプロと言って、
真っ先に思い出されるのは、片山晋呉プロあたりでしょうか。

もちろん、片山プロ以外のプロも含めての
大きなフィニッシュが取れるプロの共通点は
 

 「フォローからフィニッシュにかけて
  上手に脱力できていること」

 

これが挙げられます。
 

これとは反対に、
フィニッシュの小さいゴルファーというのは
 

 ・自分の力でクラブを動かそうとするので

 ・遠心力が小さくなってしまい

 ・クラブに引っ張ってもらえない
 

ということで、フォローそしてフィニッシュが
小さくなってしまうのです。

遠心力を感じるためには?

では、遠心力を感じるためには
何をどうすればよいのか?
 

一番確実なのは、
 

 「長いもの、重いものをゆっくり振る」
 

この練習ドリルが、一番効果的です。
 

可能なら、野球のバットくらいの長さと重さの物から
始めるのがよいと思います。

これによって、クラブに引っ張られて
大きなフィニッシュをとる感覚を
育てることができるのです。
 

ここでの大切なポイントは、
 

 ・自分の力で振らない

 ・長さ、重さに振られる感覚を感じようと試みる

 ・上半身、特に腕をリラックスさせる
 

です。
 

身体がクラブに引っ張られる感覚を身につける事こそ、
大きなフィニッシュへの第一歩です。

ぜひ、試してみてください。
ただし、腰の悪い方などは、くれぐれも無理は禁物です。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

ゴルフを愛するゴルファーであれば…

ベストを1打でも更新することが
どれだけ難しいことか、
理解しているとは思います。

だからこそ、この「嘘のような事実」を
あなたにお伝えせずにはいられませんでした。

なぜなら、先週まで100を切れなかった
ゴルファーが、この秘密兵器を使っただけで…

「105→98」までスコアを縮めたからです。

コチラをクリック

個数限定でのご案内なのでお急ぎください
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
カテゴリー: クラブヘッド, ツアープロ, ドリル, フィニッシュ, フォロー, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

もっと大きなフィニッシュを取りたい方へ」への2件のフィードバック

  1. 刑部覚司

    なにごとも真剣にやって、始めて本当の面白さが
    わかってくる。単に遊びのつもりで始めた筈のゴルフ
    ですが!
    姿勢を少し見直したい!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。