【ビデオ】腰で切り返す

2019.08.09
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今週は飛距離アップをテーマに
動画をお送りしていきます。

飛距離を上げたいときに意識して頂きたいのが、
下半身の動きです。

欧米に「ヒップターン」という言葉があるほど、
腰の切り返しの効果は絶大です。

そもそも腕の振りを早くしたり、強く叩いたりしても
クラブが加速しきれず飛距離を出すことはできません。

バックスイングから
下半身を先行させて切り返す
ことで、
クラブにスピードがのります。

そして最後にしっかりインパクトさせていきます。

この一連の動作を自然に行うことができれば
ほとんどの方は飛距離を上げることができます。

そんな「下半身リード」を身につける為の方法を
動画でお伝えします。

是非、ご覧になって下さい。

下半身リードに慣れないうちは
多少インパクトが安定しないはずです。

これは体がスピードに慣れていないことで起きる
振り遅れが原因
です。

しかし、うまくミートすれば確実に
今までよりも飛距離がアップします。

なのでしっかりと練習を重ねて
スピードに体を慣らす必要があります。

是非繰り返し練習をして
確かな飛距離を手に入れて下さい。

追伸:アンケートにご協力下さい

実は、近日中に私のセミナーを開催予定なんですが、、
(募集は準備中です。今しばらくお待ち下さい)

話す内容を考えるにあたり、
お客様からのリクエストを募ったほうが
お役に立てる話ができるかと思いました。

以下にアンケートページを用意しましたので、
ぜひコチラからご回答下さい。お待ちしています。

アンケートはコチラ
 

あなたの上達を応援します。

小原大二郎
 

<本日のおすすめ>
ライバルと同じような方法で
ライバルと同じような練習器具を
使っているにも関わらず、、

ライバルより”いいスコア”が
出るはずがありませんよね、、

”その他大勢と同じ”から脱出し、
スライスを激減させ、
効率よく、周りのゴルファーと
自分を完全に区別する方法はこちら

詳しくはこちら

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 100切り, 90切り, スイング, ビデオ, 新着ビデオ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】腰で切り返す」への1件のフィードバック

  1. 時任 清志

    何時も分かりやすいレッスン動画有難うございます。
    プライベートレッスンでも下半身リードに取組みましたが身に付けることが出来ませんでした。
    下半身のみを動かそうとしても上半身が動いてしまいます。
    下半身のみを動かす為のエクササイズが有りましたら教示下さい。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。