気分でスイングが変わる

2014.01.21
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先週末は寒かったですねー。
芝もおそらくかっちかちだったでしょう。

今週末はついに、
ゴルフ理論を1日でマスターするセミナーを
行います。

今みなさんにためになる話が出来るよう
必死に準備していますので
楽しみにしていてくださいね。
(まだ金曜日に若干の空きがあります)

さて、今日はもしあなたが、
ここ最近スイングが上手く行かなかったり、
特に、ラウンド中に大崩れしてしまう!

なんて方に参考になる記事をお届けします。

スコアが不安定な原因

スコアを不安定にさせる要因。
それは、あなたの調子が悪い時、
悪い条件が重なってしまった時

理由が全くわからない時もあるかもしれませんが
とにかくミスショットを繰り返してしまうことにあります。

それがドライバーだったり、
パターだったり、
グリーン周りだったり。

一度、状況が悪くなると
それを繰り返してしまい、
一日が終わることもあるでしょう。

どうしたらそんな
状況を脱することができるでしょうか。

安定したスコアとは?

スコアを安定させたいと
多くのゴルファーが願っています。

ベストスコアを出して喜びもつかの間

次のラウンドで過去最低のスコアが
出たなんてこともあるかもしれません。

ゴルフライフというのは本当に
ジェットコースターのようだな、
そう感じられるかもしれませんね。

勿論、プロゴルファーでさえ
毎回同じスコアでラウンドできるわけではありません。

あなたのスコアというのは
ある程度ブレるものです。

どんなに上手いプロゴルファーでさえ
あなたの人生の中の全ての期間で
勝ち続けることは不可能です。

状況は無限にある

スコアが不安定になる原因の考え方に
条件が一定でないということが挙げられます。

ゴルフ場が変わったり、
一緒に回る人が違ったり、
コースが違ったり

ボールが違ったり
クラブを変えていたり

天候が違ったり
芝の状況が違ったり

ルールが違ったり
キャディが違ったり

このように様々な条件の違いが
あなたのスコアをさらに不安定にさせていると
考えていいでしょう。

さらには、その日によって
あなたのスイングは変わるので

それを上手く制御できないと
ブレが大きくなってしまい

良い時と悪い時の差がでることになります。
(※もちろん、何もしなければ平均スコアは下がる一方なのですが・・・)

最もスコアに影響があること

それは、あなたの精神状態です。
言葉を変えると、その時のメンタルです。

初心者ゴルファーはほとんどの人が
スイングの時にとても不安そうな顔をしていて
実際に、びくびくしながらスイングしているかもしれません。

緊張していて、身体もこわばっているかもしれません。
そんなとき、ショットがうまくいかないことがわかりますよね。

不安で、緊張していれば、
ショットの成功する確率もかなり低く
なってしまうのです。

例えば、ここはパー取れるだろ!
と思ったところでグリーン周りでダフってしまった。

ボギーを叩いて、とてもイライラしてしまった、
そんなとき次のホールに

そのイライラを引きずって
スコアを悪くしてしまうかもしれません。

逆にナイスショットをうてた時は
次のショットも気分よくアドレスできて

リラックスしたショットが
打てるかもしれません。

つまり、あなたの気分
精神状態でいくらでも
あなたのスイングは変わるということです。

あなたのスコアのブレを
抑えるためにも

あなたのラウンド中の
考え方も安定すると
変わるかもしれません。

またメールします。

追伸:とはいえ、パーを取り損なうと私もイライラします(笑)

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: スコアアップ, ストレス, メルマガ, メンタル | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

気分でスイングが変わる」への5件のフィードバック

  1. ヨッシー

    小原プロこんにちは。
    昨日ラウンドしてきましたが、また100切りできましたが満足はしていません。
    もちろん90切りが目標なので。。

    昨日は昼食前の9番でバーディーが出たのですが、
    午後一のティーショットはロングホールで途中から下っていたのですが、320
    ヤード飛んでしまいました。。もちろんランが相当出たのでしょうが、バーディー
    後のティーショットって気分良く打てますね(^。^)
    その反面、グリーン周りからのアプローチ、冬の薄い芝からのミスヒットでグリーン
    オーバーが3回もありました。。この場合気持ちが沈み、苦手意識が出てしまいます。

    メンタルって、本当大事だとリアルタイムで痛感しています。

    返信
  2. 山中

    今日のお話、納得です。
    ラウンド中にも気持ちの揺れ、葉たびたび起こります。
    良いショットの後は、気持ちの余裕がありショットが力みなく打てるので又良いショットへとつながる。
    でも、ミスショットをした後は、気持ちを引きずって次のホールへ進みそのままショットしてしまうと、当然良いショット葉生まれません。
    ミスショットをした後、いかに気持ちを切り替えて、次のショットに集中することができるか、
    個の切り替えがうまくできれば、大たたきもせず、スコアも大きく崩れることが少なくなってくると思います。
    今年は、これに注意してラウンドに臨みたい。

    返信
  3. ヌイちゃん

    小原プロの7daysの教えもとてもよく、こういうお話もいつもなるほどと、要するにすばらしく、絶対の信頼がおけます。それで、実際にお会いして話を聞く機会、行きたいと思いますが、女性で高齢であることを思うと中々申し込む勇気は出ません。それで今後もこのパソコン上でよろしくお願いいたします。

    返信
  4. 佐々木 明教

    メールマガいつも拝見しています。ゴルフの事を語りながら、実は自己内観を教えてもらているような感じを抱いています。結果に結びついている自身のあり方こそが原因であることはすべてに通じることなのでしょうね。
    現在70歳です。肩から肩の練習を根気よく続けていこうと思っています。左の壁が逃げてスライスする球筋になることの矯正を課題にしています。100前後が90台前半で落ち着いています。80代を目指しています。

    返信
  5. まあ

    DVDを購入しました。以後、好調なラウンドが続いています。
    それでも、ダメダメになる瞬間が必ず訪れます。
    そんなときは、小原プロの語り口で「前傾姿勢を維持しましょう」と自分に言い聞かせます。
    心が落ち着き、なんとか普通のスイングに戻すことができます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。