ダボを取り返そうと思って泥沼に…(泣)

2015.05.30
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今回は、

 「ダボを取り返そうと思って深みにハマる。。。」

について、その対処法をお話しします。。。

たとえばボギーペースを目指していたとして、
ダボを叩いちゃった。。。

そんなときについ考えるのは
「次にパーを取ってペースを取り戻そう!」
そんなふうに考えてしまいますよね。

でもですが、これが最大の落とし穴です!(キッパリ)

これに思い当たるフシがある方は、
ぜひここから先、読み進めてみてくださいね。

あれよあれよとボギーペースから脱落。。。

ということで、まずは質問からいってみましょう。

> 現在のハンディーキャップは18.7です。
> ラウンドする際目標はボギーペースで廻る事を心掛けています。
> ダボを叩いた時には早くパーをとりボギーペースに戻す事を考えながら
> プレーをしていますが、ミスが続いて途中から諦め遊んでしまい
> スコアを崩す場合が多いです。
> 良いペースで回っている場合残り2ホールボギーペースでも
> 目標達成だなと考えて失敗する場合もしばしばです。
> 昼食後の1番ホールで大叩きするケースが多いのも悩みです。

まず、最後にある「昼食後の1番ホールで大叩き」というのは

 「お昼にビールを飲んじゃって。。。」

とかいう理由じゃないですよね。。。^^;

えーと、それは論外として(笑)。

本題の「取り返そうと考えてダメになる」ことについては、
結構みなさん、お悩みとして持っていらっしゃいます。

よく言わることで、モンゴも以前に話したことがあるかもですが、
「3ホールで区切って考える」とかいう方法もありますよね。

そういう考え方は確かに効果的といえば効果的なのですが、

 「あと2ホール残して、ボギー1つならベスト!」

 「残り1ホール、ボギーでもベストスコア達成!」

なーんていう状況になると、人間どうしても、
「制限を作るな」というのが無理なんです。^^;

そしてそういう時に限って、今まで自分が注意していたことが
「あれも気をつけて、これも気をつけて。。。」
と、アタマをグルグルしてしまいます。

では、どうするか?

緊張した時。モンゴの方法。。。

こうした状況ではどうしても
身体の筋肉が固まってこわばってしまうものです。

そんなときにモンゴがよくやるのは、

 「クラブ2本を持って大きく素振り」

です。これをゆっくり行うようにしています。

身体を温めるための動的ストレッチとして行うわけですが、
これで硬くなった筋肉を緩めていきます。

だって、心理的にどうこうするのが無理なわけですから、
だったら体のほうからケアしてしまおう、というわけです。

そして、もう一つ大切なことは、
もう何度も繰り返し言っていることですが、

 「注意点は1個だけに集中させる」

もうコレしかありません。

やらなければいけない、という気持ちは
どうしても注意点を増やしてしまうものです。

「いろいろ大事、こうしてああして」
となると、結局どの注意点もおろそかになります。

かといって「何も考えない」「無心」がいいかというと、
それも難しくて、禅の修行でも必要になるかもしれません!(笑)

ですのでとにかく、一つだけに集中します。
1個だけというのが難しいのなら、せいぜい2個ですね。

取り返したいは、取り返せない

何だか身も蓋もないことを書いてしまいましたが。。。^^;

「取り返したい!」と思ってはみるものの、
それがうまくいくかどうかというと、かなり難しいです。

それはアマチュアだろうがプロだろうが、
どんなゴルファーでも同じことだと、モンゴは思います。

ところで、トッププロがツアーでトップを走っている時、
かならずやっている「あること」があります。それは。。。

 「ピンを狙わない」

ということです。

狙ってうまくいかないと傷が大きくなる。
だから常に、グリーンの真ん中狙い。

もちろんこれはプロによって、考え方の違いはあるでしょうが、
そのようなマネジメントを崩さずにいくことで、
最終日のバックナインであっても冷静さを失わずに済むわけです。

たとえばこれとは逆に、ピンを狙って、
その的(マト)を小さくしてしまうと、
だんだんと自分が許せなくなってきます。

そしてどんどんミスが出来ない状況を自分で作って
自分で自分の首をしめてしまいます。

でも逆に、いい意味で「ぼやけた目標」にしていれば
ちょっと何かがズレても、自分を許せるようになるわけです。

精度の高いプロですら、そうなのですから、
アマチュアだったらグリーンに乗ったら万々歳!

ラフ、バンカー入らなければOK!
ぐらいの気持ちが、いい結果を生むのではと思います。

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

モンゴより

<今日のオススメ>

「アイアンが番手通りにうまく飛ばない原因は何か?」

アイアンでうまく飛ばせないほとんどのゴルファーが
不足している「あること」。。。
岩本プロは20年近くのレッスン経験で発見しました。

http://g-live.info/click/iwa150528/
※期間限定の公開。お早めにチェック!

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: スコアアップ, ストレス, メルマガ, メンタル, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

ダボを取り返そうと思って泥沼に…(泣)」への1件のフィードバック

  1. ヨッシー

    モンゴプロお楽しみ様です。

    私もパーがなくダボが2回出たりすると
    やばいっ!パーが欲しい!
    、と思ってしまいますが、次のホールで
    取り返そうとは思いません。
    やはりダボが出たと言うことは、ミスが
    出ていると言うことですから、次のホール
    から一打一打のミスを無くす事に集中
    すれば自ずとパーも出てくる物だと思います。

    私は午前中50、午後から39で89という
    スコアを出した事があります。その時も
    午前の事は忘れ、新しい気持ちで一打一打
    大切に打った結果でした。

    冷静になる事が一番ですね^_^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。