フルショットゴルフは卒業しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.12.10
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「フルショットゴルフは卒業しましょう」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

想像して下さい。

下記のようなシチュエーションなら、
あなたは何番で、どんなふうに打っていきますか?

残り120ヤード…

 ・つま先上がり

 ・ラフからのショット

 ・残りは120ヤード

 ・パーオンのチャンス。。。
 

さあ、あなただったらどう打つでしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 
 (さあ、イメージできましたか?)
 
 ・
 

 ・
 

 ・
 

どうでしょうか。
こういうシチュエーションの場合、
 

「9番アイアン」…

あたりを手に取る方が
多いのではないでしょうか?
 

ですが。。。

 ・9番アイアンでフルショットしたら、
  左にひっかけてOB。。。

 ・結果、パーどころか、ダボだった。。。
 

なんて、身に覚えはないでしょうか?
 

このシチュエーションから考えたいのは、
コース攻略をレベルアップさせるために。。。
 

 フルショットだけのゴルフを卒業する
 

これを考える必要が、
どうしてもあるかと思います。
 

特に、これからコンスタントに
スコア100~90を切っていこうと
思っているなら、なおさらです。
 

冒頭のシチュエーション
「つま先上がり」「ラフからのショット」「傾斜地」は、
ただでさえバランスを崩しやすいライです。

ですので、ここでのフルショットは
得策ではありません。
 

こういう場面ではやはり。。。

1番手上げての、スリークォーターショット

これで攻めるのが、正解ですね。
 

あるいは、残り100ヤードちょっとの所であれば
ピッチングウェッジでナイスショットしたのに、

右からの風にあおられて、結果
グリーン左の深いバンカーに落とした。。。
 

そんな悔しい経験も、あるかもしれません。

あなたもすでにご承知の通り、
ショートアイアンやウェッジは、球が高く上がる分
風の影響を受けやすいです。

ですので、こういった場面では
 

 ・パンチショットで低い球を打つ

 ・あるいは、1番手上げて
  スリークォーターショットで打つ

 

これが適切と言えます。

意外に思うかもしれませんが、プロの場合
1ラウンド中にフルショットする割合は
「50~60パーセント程度」です。

あとはみんな、コントロールショットなんです。
 

とはいえアマチュアゴルファーの方々の中には、
 

 「そんな、パンチショットなんて打てないよ」
 

という方も多いでしょう。
 

そんな、練習もしたことのないショットを
本番で使うのは、絶対に無理です。

そこで登場するのが、
スリークォーターショットです。
 

1番手、番手を上げるとそれだけ球は低くなります。

また、スリークォーターショットなら
バックスピンも減って、
風の影響を受けにくくなります。
 

さらに、スウィングがコンパクトになれば。。。
 

ミート率も上がり、球筋のコントロールも
しやすくなるだけでなく、
バランスを崩しにくいというメリットも生まれます。
 

ということで、
スリークォーターショットの練習をして、

フルショットだけのゴルフからの卒業を
目指していきましょう。

追伸:安定して90台を出したいなら…

 「無駄な力みのないスイングを身につけたい。。。」

あなたがそう思っているのであれば、
下記の私の人気プログラムは
ぜひ見ていただきたい内容です。

人気プログラムのため
このメルマガ読者限定でご案内している関係で、
「人数限定」でのご案内となっていますが。。。

ご興味のある方は、どうぞお早めに
コチラから申し込んでおいて下さい。

コチラをクリック

本数限定。先着順で特典あり
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アイアン, コースマネジメント, セカンドショット, メルマガ, ラインショット, 新着メルマガ, 距離感 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

フルショットゴルフは卒業しましょう」への1件のフィードバック

  1. YAYASU

    おはようございます。今日からは、フルショットの練習(150ヤード以内)からスルークォータショットの練習を
    取り入れます。有難うございました。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。