貴重!タイガーの目線映像からの発見

2020.02.12
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

先週末、
自宅でゴルフ関連の動画を見ていたら
ふとこんな動画を見つけました。

これはタイガー・ウッズのキャップに取り付けた
小型カメラによる目線映像なんですが、
見てわかるようにとても古いです。

たしか2006年とか。

でも、
最近の映像を探してみても見つからず、
数少ない貴重な目線映像だと思います。

僕はもちろん、
全ゴルファーの憧れであるタイガー・ウッズ

彼のスイングを手に入れたいと
強く願っている方も
たくさんいるのではないでしょうか?

タイガー・ウッズの目線映像をみて
何を感じますか?
あなたのスイングとどう違いますか?

今日はせっかくなので、
タイガー・ウッズのドライバーショットについて
解説をしていきたいと思います。

注目すべきは目線

目線カメラなんだから
目線に注目するのは当たり前なんですが…

バックスイングからインパクト、
そしてフォロースルーにかけて
タイガー・ウッズはどこを見ていますか?

2000年代のタイガー・ウッズと言ったら
グランドスラムからトリプルグランドスラムまで
一気に駆け上がっていったまさに全盛期

全盛期のドライバースイングには
飛ばしの秘訣が詰まっているはずです。

ぜひこの記事の冒頭に貼った動画を
注視し探してみて下さい。



どうですか?
タイガーの飛ばしの秘密、
見つかりましたか?



僕個人の意見ですが、
この映像をみて、まず印象に思ったのが
「ビハインド・ザ・ボール」です。

目線映像だからここまではっきりわかるのですが、
流石にタイガー・ウッズは綺麗な
「ビハインド・ザ・ボール」で打ってますね。

ビハインド・ザ・ボールとは?

ビハインド・ザ・ボールとは、
ゴルフスイングの基本の一つ

右打ちの方の場合、
インパクトを迎えた時に頭の位置が
ボールよりも右側にある状態の事です。

ビハインド・ザ・ボールで
ドライバーを打つことができれば
腰が入ったスイングで飛距離が出ます。

飛距離を伸ばすために必須な
スイングスキルですね。

タイガー・ウッズの目線映像を
もう一度確認してみましょう。

映像の後半にスローモーションがありますが、
一緒に確認してみましょうか。



↓これがアドレス
キャプチャ



↓これがインパクトの瞬間
キャプチャ2



明らかにアドレス時より
頭が右側にズレていますよね。

そして、タイガーの右足が
右側面から見えるくらい
上体が右に傾いていますね。

インパクトからフォローでは、
目標と逆の方向に頭が強く引っ張られるため上体が右に傾き、
アドレスの位置よりも頭はさらに右に残るのです。

まさに理想的な
ドライバーショットと言えるでしょう。

「右足を右側面から見る」
意外なチェックポイントかも

このメルマガをお読みの皆さんも
「ビハインド・ザ・ボールが大事」ということは
どこかしらで聞いていると思います。

でも、ビハインド・ザ・ボールって
ほとんどが正面から撮影された
このような写真で説明されませんか?

キャプチャ3
(松山英樹のドライバーショット)

実際僕も生徒さんに説明する時
正面からのスローモーションを
お見せながら説明しています。

でも、たまたまタイガー・ウッズの
目線映像をみていて気付いたのですが、

実際に目線映像を撮影して
「インパクト時の頭の位置」や「目線映像」も

ビハインド・ザ・ボールで
打てているかチェックするのに
とても有効なのではと思いました。

というわけで、
こちらも偶然なのですが、

昨年のラウンド中にドライバーショットの
目線映像を撮っていたので、
見返してみることにしました。



写真でも確認してみましょう。



↓アドレス時
キャプチャ4



↓インパクト時
キャプチャ5



どうでしょうか?
インパクト時にしっかりと頭は右側にあり、
右足の右側面が写っていました。

なんだかとてもわかりやすい指標を
発見した気分です(笑)

とはいえドライバーショット中に
ボールではなく右足を見るのは危険ですので、

もし目線映像を撮る機会があれば
「右足の右側面」が写っているか
チェックしてみて下さい。

近藤


<本日のオススメ>

小原プロが大絶賛!?
アメリカPGAゴルフショーで見つけた
飛ばしの新常識

それは、なんと日本発の
こだわりが詰まったドライバーでした。

今すぐ飛ばしたい方
圧倒的な飛距離を手にしたい方必見

17本という限られた本数を、
ゴルフライブメルマガ読者限定で公開中です。

https://g-live.info/click/docus_2002/

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: ビジネスゾーン, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。