ミスしないアプローチの2ヶ条

2020.02.12
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
府中の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「アプローチ下手から抜け出す方法」

というテーマでお話をしたいと思います。

ゴルフライブのアンケートを見ていると、
「アプローチが苦手で…」というお悩みをよく目にします。

実際に僕がレッスンしている生徒さんにも

「ホームランを恐れているためか、
ザックリやショートが連発してしまい、
グリーンに乗せるまで何回も打ってしまうんです…」

というお悩みを抱えている方がいました。

ホームランが出てしまうのは、

・トップする

・インパクトでパンチを入れている

・バックスイングが大きくて、
 もとから距離が出るスイングになっている

・フリが強くてオーバーする

といった原因からです。

そして同じミスが続いてオーバーが怖くなると、
インパクトで帳尻を合わせようとスイングが緩み、
ザックリを起こし始めてしまいます。

(鋭角に打ち込んでザックリになるケースもありますね^^;)

なぜスイングが緩むとザックリが起きるかと言うと、
これはクラブが重力に引っ張られて落ちてしまうためですね。

シャンクもそうですが、
こういったミスを繰り返して、「ミスの再現」をしてしまうと
悪い癖になって身についてしまいます。

なので、早めに原因を突き止めて、
スイングを修正する必要があリます。

ミスしないアプローチをするには?

アプローチにおけるトップやザックリを直すためには、
大切なポイントが2つあります。

それが

①腕の三角形を維持すること

②一定のリズムでスイングすること

この②つです。

①腕の三角形を維持する

これはつまり、体幹を使って
スイングをするということです。

手を使うと腕の三角形が崩れてしまうので、
これを維持できるようになると
必然的に体を使ったスイングが身につきます。

しっかり体を使ってあげることによって、
スイングの緩みやパンチを入れるといった
ミスの原因となる動きを防ぐことができるようになります。

②一定のリズムでスイングする

過去のメルマガでもよくお伝えしていたのですが、
スイングの再現性を高めるには、
スイングリズムを一定にする必要があります。

三角形を維持する話にもつながって来ますが、

・パンチ=インパクトでの加速

・緩み=インパクトでの減速

というリズムの変化が起きています。

逆に捉えてみれば、一定のリズムでスイングすることによって
これらのミスの原因を取り除くことができます。^^)

アプローチの処方箋 2段階ドリル

ここまででお伝えしてきた三角形の維持と
一定リズムでのスイング。

これを身につけるためには、
今からご紹介する2段階の練習方法が効果的です。

・まず第一段階が、
 「三角形をキープしてのビジネスゾーン練習」です。

アプローチ、といえばビジネスゾーンです。

まずは、このビジネスゾーンで、
「腕の三角形をとにかく維持」して
練習をしてください。

実際にボールも打っていただいて構いません。^^)

これは手ではなく、体の回転でスイングするためのドリルです。

繰り返しになりますが、三角形を維持できれば
手を使ったパンチや緩みが解消されます。

まずはこの練習で、
体幹を使ったスイングを体に馴染ませましょう。

・体幹を使ったスイングが身についたら、2段階目に
 「ティーの連続打ち」を行ってください。

そしてティーを連続で打つ際に
「イチ、二」と一定のリズムで打つようにしていきます。

コレを10往復行ってください。

連続打ちをする際に、
「自分の気持ちいいリズムで振る」ように
心がけてください。

また音も、「ペチッ!ペチッ!」と
むらなく、気持ちよく鳴らせると理想的です。

この練習を続けることでスイングリズム・スピードが一定になり、
「スイングの再現性」を飛躍的に高めることが可能です。

最後に

この2段階の練習を、毎回続けていただければ、
どんどんアプローチのミスが減っていきます。

できているか、できていないかについては

・フィニッシュで止まって、三角形が崩れていないか

・メトロノームを使い、テンポがずれていないか

といった方法でセルフチェックもできます。

アプローチの成功率が上がることで
スコアに直結してきますし、

今回のドリルで培ったインパクトは、
広い振り幅のスイングからみても柱となってきます。

ゴルフ歴問わず、アプローチのミスに悩む方は
ご紹介したドリルを取り入れてみてください。^^)

今日もここまでメールをお読みいただき、
ありがとうございます。

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

<本日のおすすめ>
圧倒的な飛距離を実現する
至高のドライバーが新登場!

飛距離は出したいが、ドライバーが苦手…

そんな方は必見です。

このドライバーで、
圧倒的な飛距離を手に入れてください。

詳しくはこちら

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
カテゴリー: アプローチ, スイング, ダフリ, トップ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

ミスしないアプローチの2ヶ条」への4件のフィードバック

  1. やっちゃん

      連続打ちのリズムは、メトロノームを使用して(ピアノに使用している)身につけます。
     メトロノームとは! 今まで思ってもみなかった。
      有難うございました。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      やっちゃんさん
      いつもコメントありがとうございます。
      リズム感は音からです(^ ^)
      メトロノーム、ぜひ試してみてください!!

      返信
  2. てるてる

    ティーの連続打ちの動画よいですね。見ているだけで体にリズム感が生まれてきます。クラブを振りたくなりました。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      てるてるさん
      コメントありがとうございます。
      映像から良いイメージをつかんでいただけると幸いです(^ ^)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。