FWは打ち込む? それとも払い打つ?

2020.03.17
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「フェアウェイウッドは打ち込む? それとも払い打つ?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

フェアウェイウッド(FW)を
打ちこなしたい方は多いでしょう。

ボールの位置はどう変わるのか?
そして、打ち込むのか、払って打つのか?
その答えは。。。

あなたはどっち?

 「打ち込むのか? 払って打つのか?」
 

これ、あなたはどちらが正しいと思いますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

どうでしょうか?
 

この議論は、教本や教える人によって
表現が違いますが、個人的には

「打ち込むか、払い打つかは、どちらでもいい」

僕はそのように考えています。
 

そもそも「打ち込む・払う」という動きは
意識して行うものではなく。。。
 

ボールの位置によって自然と決まるものだと
理解しておいてください。
 

 「ボールの位置によって自然と決まる」
 

さらっと言ってしまいましたが、
この理解はとても大切です。
 

たとえば、同じスウィングをしても
 

 ・曲げたくない場面では、ボールを右に置いて、
  ヘッドが上から入って打ち込むイメージ

 ・一方、距離を出したいときや振り切りたいときは
  ボールを左に置くので払うイメージ

 

こうしたイメージが強くなります。
 

このボールの位置については、
 

 ・自分のスウィング

 ・使っているクラブ

 ・体力、パワー
 

これらを総合的に見て、
一番良い位置を見つけるしかありません。

球が上がらない場合、ロフトの大きいFWの場合…

僕個人としては、どんな番手でもボールを右目に置いて、
少し打ち込んでいった方が良いとは思います。

ですが、パワーの無い人が3Wを打ち込んでいくと
球は上がらなくなってしまいます。

こうした球が上がらない場合は、
 

 ・ボールを左に寄せるか、

 ・ロフトの大きいクラブに替える
 

ようにするのが良いでしょう。
 

逆に、7Wや9Wといったロフトの大きいクラブの場合は、
ボールを右に置いて打ち込んでいかないと
ボールコントロールが難しくなりますので、注意が必要です。

(このへんはショートアイアンやウェッジなども同じです)

効果的な練習法

ここまでお話しししたボールポジションは、自分の上半身、
特に左胸を基準にして左に寄せたり右に寄せたりすると
安定したポジションを保ちやすいでしょう。

具体的な練習方法としては、
 

 ・ボールをティーアップして、ライナーを打つ

 ・同じ高さ、同じ強さのボールが
  コンスタントに打てるようになるまで繰り返す

 

これがオススメの練習法となります。
 

ぜひ、お試しください。

追伸:スウィングの基本を見直したいあなたへ…

 「ダフらない、力みのないスウィングを身につけたい。。。」

あなたがそう思っているのであれば、
下記の私の人気プログラムは
ぜひ見ていただきたい内容です。

人気プログラムのため
このメルマガ読者限定でご案内している関係で、
「人数限定」でのご案内となっていますが。。。

ご興味のある方は、どうぞお早めに
コチラから申し込んでおいて下さい。

コチラをクリック

本数限定。先着順で特典あり
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
カテゴリー: スイング, フェアウェイウッド, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

FWは打ち込む? それとも払い打つ?」への1件のフィードバック

  1. 古澤完三

    いつも楽しく読んでいます。この記事を読むとゴルフがしたいと感じられますが、何せもうすぐ70歳昔と違って飛びません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。