スイングしないでスコアアップ!?

2017.04.07
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

最近は気温も暖かくなり
関東は桜も見頃を迎えました。^^

あなたも週末はお花見ゴルフに出かけよう
と、ウズウズしているのではないでしょうか?

先日も春の陽気の中、
コースティーチングをしたのですが、

正直ビックリしました。

冬のブランクもあるのか、本当に多くの方が
「ある失敗」を犯していたんですね。

その、ある失敗とは、、、

「スイングのこと」
ではありません・・・

「コースマネージメントのこと」
でもありません・・・

「トップ・ダフリ・スライスが云々、、」
ということでもありません・・・

それでは、その失敗とは?

それは、、

アドレスが出来ていなかったことなんですね。

今回は、その中でも特に多かった
アドレスの間違い3選をご紹介していきたいと思います。

1つ目の間違いは、

ターゲットラインとアドレスがズレていること

ティーショットで目標に対して肩のラインや
そもそも構えている向き(右・左)がズレてしまっていることです。

ドライバーで多いのが上図のように
ターゲットラインに対して肩が開いてしまっている状態です。

このように右肩が
前に出てしまっている方が多いです。

そのまま打つと状態が開いているので
アウトサイドイン軌道になりやすく
スライスの原因となります。

スクウェアに構えることが出来れば、
ドライバーがつかまるようになります。^^

自分でセルフチェックする場合の
確認ポイントもご紹介します。

まず、足元にクラブを置いて
自分がどっちを向いてるかを確認します。

自分でも気づいていない内にずれていることが多く、
レッスン中最も多いミスの原因でもあるんですね。

あなたはしっかり構えられていますか?

ドライバーの場合、
ボール位置は左脇の前辺りになりますが、

左側にあるボールを見てアドレスを取ると
目標方向に対して左に向いてしまいやすくなります。

くれぐれも注意しましょう。

また、ティーグラウンドは
傾斜があることが多いですので、
出来るだけ平らな場所を探してあげます。

この時、左右のティーマーク
後方2クラブ分の範囲まではOKです。

2つ目の間違いは、

ハンドレートなアドレス

アプローチなどでボールを上げようとしすぎて
このような構えになる方が多いです。

つまり、アプローチで手元が
遅れてしまっている状態ですね。

これはすくい打ちとも呼ばれます。

この失敗も多く、手首をこねて
打ってしまっている方がいます。

大事なのは、
「アドレスの時点でインパクトの形」
しっかりと作ってあげることです。

イメージとしてはアドレス時に、

左手が左腿の内側でクラブシャフトと
左腕が一直線になるように構えます。

常にハンドファーストに構えられるように
練習場でも意識してみて下さいね。

3つ目の間違いは、

前傾姿勢

うまく前傾姿勢が取れていない方も
多く見受けられます。

どういうことかと言うと、アドレスが
棒立ちのようになっている姿勢ですね。

具体的にはお尻が真下に落ちてしまっている
骨盤が起き上がっている状態です。

アドレスから上体が起きているので
スイング中に起き上がりやすくなったり

身体が開きやすくなりますので
トップも出やすくなります。

右側の正しい前傾姿勢のように股関節から前傾し、
しっかりと体がボールに向いている状態を意識しましょう。

良いアドレスが出来ることで
自然とスイングも改善される方が
たくさんいらっしゃいます。

もしあなたが、練習場では調子良いけど、
コースでは崩れてしまうのなら、、、

まずスイングする前にしっかりと
アドレスのポイントを押さえておきましょう。

是非、あなたもラウンド前に
チェックしてみて下さいね。^^

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それではまたメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

あの頃のドライバー飛距離を
もう一度出したいあなたへ。

小原大二郎の「飛距離UPプログラム」ベスト版
ただいま、150名限定で無料プレゼント中。

なぜこのような無料プレゼントを行っているのか?
その理由は・・・

http://g-live.info/click/fr20170406/

 

Facebookでコメントする

スイングしないでスコアアップ!?」への2件のフィードバック

  1. 宮内準二

     水柿プロ、本当にその通りだと思いますね。 私はアドレスで
    右を向く癖があります。 注意していてもそうです。
    11月下旬がシーズンオフになりますが1月初旬の
    トレーニング開始時には前年に付いた悪癖を
    取り除く為に最初は基礎を、確認、確認、確認、です。
    それは、グリップ、アドレス、アライメントが最初です。
    特にアライメントに最も気をつけます。
    右を向いて左に打つのが癖になったら
    怖いからです。 私と同じく、アドレス右、
    スイング左、の人が多いように思います。
    それが正しい体の向きだ、正しいスイング方向だ、
    と信じる事が怖いです。 本当に正しいのか、
    を確認する作業は本当に大事だと思います。
    以上は私の失敗談から学んだ事です。
    参考になれば幸甚です。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      宮内 準二 様

      コメントありがとうございます。

      スイングは基本の部分、アドレス時のアライメントは方向性に直結するところなので、
      練習時やラウンド時は毎回チェックする必要がありますね!
      せっかく良い動きをしようとしてもそこでズレが生じるとイメージと違ったものになってしまいます、、、

      練習などではスティック、クラブなどでチェックするのを癖つけていけるようにしましょう!!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。