え、なぜフィッティングの提案が10本なの?

2020.03.19
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに
 

 「え、なぜフィッティングの提案が10本なの?」
 

という話をさせていただきます。
 

フィッティングにいらしたお客様から
 

 「徳嵩さん、ご提案のクラブはわかったんですが
  どうして14本セットじゃなくて10本なんですか?」

 

このように質問されることがあるのですが、
これには深い理由があります。。。

残りの「3~4本」を提案しない理由

以前にこちらでもお話ししたことがあるように、

クラブに今後の成長を見込むべきか?
2016.08.25

https://g-live.info/click/160825_nikkan/

 

自分たちがフィッティングにいらしたお客様に
ご提案させていただくクラブは、
たいてい10本とか11本という提案がほとんどです。

いきなりフルセットの14本の提案をすることは
極めてまれです。そうなると、
 

 「その10~11本セットを購入したとして
  残りの3~4本は何を入れてもいいんですか?」

 

ということなんですが。。。結論から言うと

 その足りないスキマ部分には当面、
 何も入れないのが理想

 

ということになります。
 

そのようにお伝えすると、
 

 「え、徳嵩さん。14本より少ないけど
  それでいいんですか?」

 

と聞き返されてしまうんですが

提案の本数で目標は達成される(はず…)

基本的に、誤解を恐れずに言えば
自分たちが提案した本数のクラブについては、
 

 「今のお客様のレベルであれば
  この本数があれば十分、今の目標に対しては
  その達成をお約束できますよ」

 

というセッテイングのご提案になります。
 

とはいえ「少ないけど大丈夫かな?」
と思うかもしれないんですが、
 

 まずこのクラブで回っていただいて

   ↓

 その状態で「足りない」と感じる時があれば。。。

   ↓

 その「足りない番手」について改めてご相談いただく
 (そして必要となれば、追加でご提案)

 

というスタイルになります。

ですので、変にそこに足りないからといって、
今まで使ってたものをそのまま残すといったことは
あまりされない方がいいかなと、思っています。

「変なスイング」を身につけないために

そもそも、フィッティング時にお客様がおっしゃる
「足りない番手」が打てるぐらいの
スイングスキルがおありのなのであれば、

自分たちも「無いよりは、あった方がいいですね」と
お伝えして、初めから提案をするはずなのです。
 

ですが、それでもそのご提案をしないのは、
 

 今、そのクラブを入れることによって
 かえってスコアを悪くしてしまう可能性がある

 

このリスクを排除したいという思いから、
そのようにしているわけです。
 

このように言うと、
 

 「え、でもなんか14本入ってないと
  なんとなくカッコがつかないから、
  やっぱり、入れてほしいな」

 

と言われることも多いんですが。。。
 

 ・持っていると、どうしても使いたくなってしまう

 ・「打てない番手」はどうしても練習量も多くなる

 ・結果、変なスイングが身についてしまう
 

ということも、やはり実際にあります。
 

ということで、
 

 ・今だとうまく打てないというクラブは
  初めから入れない

 ・今の現状のスイングの段階や
  スコアのレベルに応じて、
  セッティングを少なくしておく

 

というのは、理に適った法則だと
自分たちは考えています。

10~11本のクラブでも… 結果は保証します

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」
を、ご案内させていただきます。

詳細はコチラをクリック!
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することができました。

詳細はコチラをクリック!
 

日程の決定につきましては、
こちらのお申込みだけで予約確定ではありません。
後日、担当者から連絡が行きます。

そこでのやり取りの上での日程確定となりますので、
その点、あらかじめご了承ください。
(必ずご連絡は行きますので、ご安心ください)
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸… おまけ

最後になりますが、今日お話しした内容を
ビデオでもお届けします。

よろしければ、こちらもご覧になってみて下さい。
 

音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい。
また、ビデオの中盤あたりのところで一部映像が乱れていますが、
どうぞご了承ください。
 

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: ゴルフパフォーマンス, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。