2メートルショートパット攻略法

2020.05.20
志賀さんプロフィール写真

From:志賀康平
千葉の自宅より、、、

こんにちは!
志賀康平です。

一部地域では
緊急事態宣言が
解除されたようですね。

私の住んでいる千葉県では
まだ解除はされていないので

相変わらず
ステイホームをしています。

自粛期間前は
ほとんど外食だったのですが、

この機会に
自炊をするようになって
ずいぶんと経ちました。

最近は自分好みの料理を
いつでも食べられるので
食事が日々の楽しみになっています。

ただジムに行けないので、
体重が増えつつあり
すこし焦っております(笑)

自粛期間の緩和も
もうまもなくとなってきて、

そろそろゴルフへ行きたいと
うずうずしてくる頃なんですが…

自粛期間が明け、
久しぶりにゴルフへ行かれる方も
いらっしゃると思います。

そこで本日は
スコアがまとまるか
はたまた大たたきしてしまうのか

大事な局面である
パッティングについて
お伝えしようと思います。

ひさしぶりのゴルフで
いいスコアでまわれるよう
今日お伝えするドリルを
ぜひ参考にしてみてくださいね。

2メートルのショートパットのコツ

「2mのショートパット」

すこし不安じゃありませんか?

パッティング成功確率は
2m前後から大きく変わってきます。

2mのパッティングは
プロゴルファーですら難しいです。

しかし

この距離のショートパットを
克服することで、

パット数が減り
スコアアップには大きく貢献します。

そんなスコアアップに
直結するショートパットですが

大切なのは、
正しいストロークを身につける
ということです。

そこで重要なのは
「ショルダーストローク」
です。

ショルダーストロークとは
ブレやすい腕を使ったパッティングではなく、
背中の大きな筋肉を使ってパッティングをする
ということです。

腰、頭、手首、眼球を固定して
肩の動きで打つのが基本なのですが、

特に頭、眼球(目線)が動き易いので
固定する練習がオススメです。

2メートルショートパット攻略法

2メートルショートパットを
攻略するための練習方法としては、
「4拍子ドリル」
です。

①始動 
②トップ 
③インパクト 
④目線+顔を上げる

という感じで、

カウントしながら
正しい目線を上げるタイミングを
覚えていくのがとても効果的です。

また、

上り・下りの打ち分けを
聞かれることがあるのですが…

上り下りによって
打ち方を変えることは
あまりオススメしません。

練習量が多くない方には
非常に難しいやり方です。

大事なのは
「距離感を正しくイメージすること。」

特に、
「カップにどういうスピードで入るのかをイメージする」
のがオススメです!

上りだったら奥のフチに当たって入るイメージ、
下りだったら手前からコトンと入るイメージ

このようなイメージを持てば
自然とタッチの強弱が合ってきますので、

まずは打つ前に転がりのスピードを
イメージする癖をつけて下さいね。

この2mのショートパットを
完全に攻略できれば
ぐっとスコアを
縮めることができます。

ぜひ、
今日お伝えしたことで
2mのショートパットを攻略して、
自粛明けのゴルフを
楽しんでくださいね。


〈本日のおすすめ〉
驚きの結果を生み出す
常識はずれのドライバー

今の飛距離に
満足していないのなら
これはあなたのためのものです。

飛ばすことに特化した秘密兵器

このドライバーを手にした時
あなたは人生最高の
ティーショットを打つことができます。

限定入荷。のこりわずかです。

気になる方はこちらから…

https://g-live.info/click/freiheit2005/

ーーーゴルフライブのマスクが再入荷ーーー

ゴルフライブ提携工場で作った
50枚入り不織布マスクが入荷しました。

わざわざお店に出向かなくても、
あなたのご自宅までお届けいたします。

ご注文はこちらから

https://g-live.info/click/mask2005/

The following two tabs change content below.
志賀康平

志賀康平

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。
カテゴリー: 100切り, ドライバー, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
志賀康平

志賀康平 について

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。

 

Facebookでコメントする

2メートルショートパット攻略法」への1件のフィードバック

  1. 佐野 均

    志賀プロご無沙汰しております。外出自粛で自宅での練習ですが,登りのラインでカップの奥のフチを狙うことにより、手前のフチで止まるミスが大幅に減りそうです。また目線のとりかたが大きく影響することも感じており、良いかたちを検討中です。最近ではラウンドで30パット前後です。ありがとうございました。早くラウンドしたいです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。