切り返しとトップの関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.09.09
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「トップの位置&切り返しで
飛距離アップ」

というテーマでお話をしたいと思います。
 
 
「160,779」
 

皆さんはこの数字、
一体何の数字だと思いますか?

この数字、実は

私が出したレッスン動画で
最も再生された動画の再生数

なんです。

今までに

・スイングチェック

・飛距離アップ

・トラブルショット

などなど、シチュエーションやお悩みに合わせて
動画をお送りさせて頂きましたが、
最も再生数が高かったのは

「トップの位置と切り返し」
動画だったんですね。

先日ゴルフライブのスタッフからその話を聞いたのと、
今見ても大切なことをたくさん言っているなと感じたので、
今日はこの動画をお送りします。

どうぞ御覧ください。

今考えるとこの動画を撮ったのも
だいぶ前のことに感じますが、

こうして多くの方々に見ていただいているということは
単純にすごく嬉しいです。

これからもゴルフ上達に役立つメールをお送りしますので、
あなたの参考になれば嬉しいです^^

ここまでお読み頂き
ありがとうございました。

それでは、
またメールします。

ガッツパー水柿

<本日のおすすめ>
・前半8ホールより、
 必ず後半8ホールのスコアが悪い…

・集中力が切れて、大たたきしてしまう場面がある

・ラウンドが終わると疲れ切っていて、
 いつか帰り道に事故を起こしそう…

あなたもそんな悩みを抱えていませんか?

もしも、たった13秒だけでそんな悩みが消え去るとしたら、、、

あなたも試してみたいと思いませんか?

そんな方にうってつけの
ご案内があります。

詳しくはこちら »

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, 90切り, インパクト, トラブルショット, メルマガ, 傾斜, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

切り返しとトップの関係性」への3件のフィードバック

  1. 鈴木佐喜夫

    いつもメールマガジン見ています。今回のトップの切り返し、とても参考になりました。練習場で実践しました。肩の回転不足、下半身からの動き不足であったことがわかりました。今までもゴルフライブの年間会員として小原プロのビジネスゾーン関連でかなり打ち込んでいますが、どうしてもターゲットから左側方向にいい打感があった時、飛距離も飛びます。打球はストレートで真っ直ぐに飛びます。色々試行錯誤していますが、改善されません。前傾角度、浅いような、インパクトで起き上がるのか、アドバイスお願いします。
    鈴木

    返信
  2. 小次郎

    フルショットに近いスイング時は肩を90度入れられますが、特にアプローチなど距離を合わせてのスイングでは肩を十分に回すことが出来ず(そこまでは不要?)、手打ちになりダフリ、トップが出易いです。対処方法のアドバイスをお願いします。

    返信
  3. オカ

    切り返しの時、グリツプと右肘の動きについてコメントお願い致します。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。