クラブとの相性ってあるんですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.09.10
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「クラブとの相性ってあるんですか?」
 

という話をさせていただきます。
  

「クラブとの相性はあるのか」
というご質問を、先日いただきました。

これは「相性」と言うと
なかなか難しいニュアンスにはなるんですが、
「ある」か「ない」かで言うと。。。

合う合わないは… 必ず存在する

ズバリ言って、
その人に合う合わないというのは
やはり必ず存在します。

というのも、クラブというものは
最初に作る段階で
 

 こういうゴルファーに使ってもらいたい
 

というものは、必ずあるからです。
 

特に最近は、ゴルフクラブというものは
ものすごく細分化されていますので。。。

「全員に合うクラブ」というものは
基本的に無い
と思ってください。
 

ですので、たとえばその人のミスの傾向と
クラブがマッチしていない場合は。。。

クラブをそのまま変えなければ、
ミスはどうしても目立つようになります。
 

その人のミスを、
クラブがちょっと助けてくれるという方向にいけば
相性が良いですけれども、

逆にそのミスを消してくれないクラブだと
たとえ「易しいクラブだ」と言われていたとしても、
全く意味がないことになります。

ということで、今まで申し上げたような意味での
「相性」というものは、存在します。

スキルが上がってもミスの傾向は存在する

 「とはいえ徳嵩さん。それでもかなり上手くなったら
  そうしたミスの傾向も、なくなるんでしょう?」

 

とお思いになる方もいるかもしれませんが、
なかなかそうではありません。

ある程度スイングスキルが上がったとしても
その人個人で、基本的なミスというのは存在します。

たとえば、少しトップ目に入りやすかったりとか、
逆にダフリ目に入ってしまったりなど、ですね。
 

たとえば
「ミスはトップの方が多いんだよね」
という人であれば。。。
 

 下の方に当たったとしても、
 それでも高さがちゃんと出てくれるクラブ

 

こうしたことを実現できるのが、
クラブの役割だったりします。
 

またあるいは、
フェアウェイウッドの3番ウッドや5番ウッド、
ユーティリティなどでもそうですが。。。

「ヘッドスピードが足りず、ロフト以上に球が上がらない」
のであれば、クラブの性能で球を上げてくれる、
なんて言うのも、クラブとその人との相性になります。
 

こうしたことは、簡単に言えば
 

 自分で頑張ってもできないことを、
 あえてクラブの力を借りて、助けてもらう

 

こういう認識を持っておいていただけると
わかりやすいかなと思います。

クラブのお助けは「邪道」?

ですが、このようにお伝えすると、
 

 「ですが徳嵩さん。ゴルフをやっていて
  クラブに助けられるのは、邪道ではないですか?」

 

そのようにおっしゃる方も
いらっしゃるかもしれません。

このメールマガジンを長いことお読みの方は
さすがにそのようにはあまり感じないかもしれませんが、

いわゆる昔のクラブの時代、
まだドライバがパーシモンだったり、

アイアンも種類が選べなかった時代から
ゴルフをなさっている方は、未だにそのように
思っている方も、いるかもしれませんね。

昔の当時のクラブであれば、種類もないので
やはりプレイヤーがどうにかするしかありませんでした。

ですが今はこれだけ多種多様なクラブが
存在しているという事を考えれば。。。

クラブ選びもゴルフの一部と考えて、
うまく自分の欠点を補ってくれるクラブを使うことも
上達の早道ではないかと思います。
 

ですが、その点については一点だけ注意として
 

 正しくスイングした結果として
 

という前提は忘れないでいただきたいです。
 

というのも、明らかにスライスするスイングの人を
クラブの力を使って、スライスをしないようにしてしまうと、
その人のスイングスキルが伸びないことになります。
 

 正しく打てているんだけれども
 スキル的にどうしても厳しい部分だけ
 クラブに助けてもらう

 

こうした姿勢で、クラブとの相性を考えながら、
理想のクラブ選びをしていただきたいと思います。

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

追々伸:こちらのご案内見ましたか?

このたびご案内があった、私のTKパターですが。。。

詳細はコチラをクリック!
 

 ・製造工程を一切省くことなく

 ・質の高い、他にはないヘッド形状を実現し

 ・構えやすいパターヘッド、
  かつ、パターの錯覚を起こすこともない

 

そんな、他にはないパターに仕上がっています。
 

なくなり次第終了となりますので、
ご興味のある方は、お早めにどうぞ。

詳細はコチラをクリック!

本数限定

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ゴルフクラブ, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。