グリップは握る?→残念!それ間違いです…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.11.03
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「グリップは握る?→残念!それ間違いです…」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

今日はこんなお悩みをいただきました。
詳しくは以下。。。

グリップに違和感があるとミスショット

> グリップがとても良い感触の時もあるが、
> 時々違和感があって振りにくい時があります。
>
> そしてそういう時はほとんどミスショットです。
> どうしたら毎回同じ感覚で
> 握れるようになるのかがわかりません。。。

はい、これをお読みでいらっしゃるあなたも
 

 「グリップが毎回安定して握れない」

 「そのせいでミスショットが出る」
 

とお悩みかもしれません。
 

ですが、これについての具体的な解決法を
お伝えする前に。。。

 グリップを「握る」

この言い方はNGだということを
あなたにお伝えしておきたいのです。どういうことか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(これは以前にお伝えしたこともあるかもしれませんが。。。)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、どういうことかと言うと。。。

グリップは握るのか? 持つのか?

私の指導する方法に慣れていらっしゃる方は
すでにお気づきかもしれませんが。。。
 

 グリップは「握る」のではなく「持つ」
 

この意識を忘れないで下さい。

もし、グリップを「握る」という意識をお持ちなら、
それはすぐに変えたいところですね。
 

冒頭にご紹介した質問者様のように、
「グリップが安定しない」方というのは。。。

ほぼ例外なく、
グリッププレッシャーが強すぎます。

これはまさに、クラブを「握る」という
意識が強すぎる証なのです。

違和感の原因

クラブは強く握れば握るほど、
クラブそのものの重さを感じられなくなります。

またクラブを握る強さが安定しないので、
感じる重さも毎回変わってしまう。。。

まさにこれが、違和感の原因です。
 

 「でも江連さん。
  『クラブを握らずに持つ』って言われても
  いまいち意味がつかめないんですが。。。」

 

はい、そのへんがよくわからないという方のために、
ちょっとここでここでおさらいをしておきましょう。
 

たとえば、中身が空のペットボトルと
水が満タンに入ったペットボトルを持つとしたら。。。

それぞれ、どうやって持つでしょうか?
 

おそらく、中身が空なら軽く持つでしょうし、
水が満タンならそれなりの強さで持つはずです。

これはクラブを持つときにも
同じことが言えます。

クラブの重さに釣り合わない強さで「握る」と、
重さは感じられなくなりますが、

クラブの重さの分だけの力で
「持つ」ようにすれば
 

 ・持つ強さが常に一定で安定して

 ・毎回同じ感覚でグリップできるようになり

 ・自然と同じリズム、同じ感覚で
  クラブを振ることができるようになる

 

これらが実現できて、ミスショットの可能性も
グンと減っていくはずです。
 

ぜひ、お試し下さい。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

先日からご紹介している
最新ホームゴルフシミュレーションシステム…

今までは価格面で個人で所有することが
難しかったのですが、最新テクノロジーによって
このような安価でのご提供が実現しました。

「一家に一台」どころか「一人一台」も可能です。

今年アメリカで発表されたばかり。
日本で手にできるのは、ゴルフライブだけです。
どうぞお見逃しなく。

詳細はコチラをクリック

残りわずか。なくなり次第終了
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: グリップ, スイング, メルマガ, 力み, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

グリップは握る?→残念!それ間違いです…」への1件のフィードバック

  1. 山本日出男

    いつも楽しく勉強させてもらっています。ご指摘のように持つのではなく、左手の小指、薬指、中指でヘッドを支える(ヘッドを立てる)そして右手は左手に添える感じでグリップしています。
    昔は右手の親指に力が入って豆ができ痛い思いをしながら練習していましたが現在では全く綺麗な手をしています。
    現在の課題はフィニッシュを綺麗に決める事を心がけていますが体重移動がいまいちうまく行かずばらつきがあります。
    常に課題を持ちながら練習しています。
    今後ともご指導宜しくお願い致します。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。