ゴルフの上達を遅らせる「悪魔」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.09.13
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「ゴルフの上達を遅らせる『悪魔』」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

悪魔なんて、なんとも物騒な話ですが。。。
 

ですが、ゴルフがうまくなるためには
この悪魔を振り払うことは必須事項です。

前回のメールマガジンで

このようなことをお話させていただきましたが
 

ゴルフで手のひらが痛くなる人へ

https://g-live.info/click/220906_nikkan/

 

まさに今回の悪魔とは
 

 「グリッププレッシャー」
 

グリッププレッシャーが強いことです。
 

とにかく、グリッププレッシャーが強い状態、
クラブを強く握っていることで起こる問題は
手のひらが痛くなるだけではありません。
 

では、どんな問題が起こるのか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・

「手が痛くなる」などという問題だけではなく

とにかく、グリッププレッシャーが強いと
 

・上半身が力んでしまい、クラブの重さが感じられず
 クラブも身体もコントロールできなくなります

  ↓

・そうすると当然、クラブの軌道も打点も安定しなくなり、
 方向性も悪くなります

  ↓

・さらには、クラブの運動量も減ってしまい
 飛距離も出なくなります

 

ということで、グリッププレッシャーの強さというのは
手のひらが痛くなるとかいうだけの問題ではなく。。。

ゴルフの上達を遅らせる「悪魔」だというわけです。
 

ということで、グリッププレッシャーの強さについては
しっかりと直しておきたいところなんですが、
そのために大切なのが(前回も少しお伝えした)
 

 正しい姿勢
 

たとえばお尻が落ちた構えや背中が丸まった構えでは
クラブを上手に持つことはできないからです。
 

正しい姿勢を作るためには、こんなことをやってみてください。
 

1.まず、クラブを持って座ります

2.クラブヘッドを地面からわずかに浮かせます

3.そこから背筋を伸ばして、つま先に体重をかけ
  ゆっくりと立ち上がります

 

こうすることで、自然にお尻の上がった
いい構えができるはずです。

クラブの重さを感じることが大事

この正しい姿勢を作るにあたっては
ヘッドは地面から浮かせたままにしておきます。

そうすることで、クラブの重さを
ひじ、腰、背中、下半身で感じることができます。
 

この構えができるようになったら
次にやっていただきたいのは
 

 重いものを持っての素振り
 

できるだけ持ちにくいもの、重いものを持って
素振りをしてみてください。たとえば
 

・グリップにタオルを巻いたクラブ

・3キロぐらいの重さのボール

・バットや竹ぼうき
 

こうしたものを持って、
スウィングをしてみてください。
 

そうすることで、それらの重さを
腰や背中で感じることができます。

クラブを握るのではなく「持つ」という感覚が
まさにわかってくるはずです。
 

ゴルフの上達に大切なのことですので
何度も繰り返しますが、
 

 握るのではなく、持つという意識
 

どうかこれを大切にしてください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

理想的に飛ばせるスイングを得られる
人気の練習用アイアン

「トバシアEXアイアン #7」のご案内、
もうご覧いただけましたか?

あの有名プロも同種のものを使い
スイングを作るという、このアイアンの秘密…

続々とお申し込みをいただいていて、残りわずかです。
ぜひ、完売前にお確かめください。

詳細はコチラをクリック

もうすぐ終了。お早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: グリップ, スイング, メルマガ, 上達テクニック, 力み, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。