自分の出やすいミスでクラブは決められる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.11.12
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「自分の出やすいミスでクラブは決められる?」
 

という話をさせていただきます。
 

今日はこのような質問をいただきました。
 

> ゴルフショップに行かなくても
> 球筋や、多く出るミスや年齢、身長、体重、握力などで
> 適したクラブを見つけられる方法はありますか?
>
> あれば教えてもらいたいです。

 

はい、コレについては。。。

単刀直入に言います…

 「ごめんなさい。ありません!」
 

すみません。
なんだか突き放した言い方になってしまいましたが。。。

ですが、冷静になって考えてみてください。

そもそも、ミス一つ取ってみたとしても
球筋や多く出るミスなどが、
 

 ・そもそも、そのミスはクラブの問題なのか

 ・あるいは、スイングの問題なのか
 

質問者様からの情報では
それらについて、全くわからない可能性が高いです。
 

 「え、じゃあ徳嵩さん。
  客観的に見てもらうために、動画を送ります!」

 

はい、どうもありがとうございます。
ですが仮にもし、動画をお送りいただいたとしても。。。
 

その動画の打球が何球も打っていて、
たまたま出た「いい球」を送っていらした場合は
正確な判断はできません。

当たり前ですが、わざわざ「悪いもの」を
送ろうとは思う方は、なかなかいないでしょう。

実は、プロの話(感想)もアテにならない

と、ここまでの話を聞いていると
なんだか身も蓋もない話になってしまっていますが。。。

もちろん、もしスイングの動画が送られて来れば
それはそれで、何らかの判断や
オススメできるクラブをご提案はできるかもしれません。
 

ですが、年齢や体重、握力、あるいは性別などで
クラブを選ぶというのは。。。

自分たちの中では、かなりイレギュラーなことだと
思っているわけです。

全てがそうだと言うつもりはありませんが、
プレイヤー、買う側の話だけでクラブを選ぶと。。。

クラブ選びに失敗する可能性は
大いにあるだろうな、ということです。

そしてそれは、別にアマチュアだからということではなく
プロゴルファーについても同様で。。。
 

自分が「ツアーレップ」として、
ツアーに同行していた時もそうだったんですが、

※ツアーレップ:
 ゴルフトーナメントに帯同し、会場内でクラブやボール、
 ウェアやシューズなどのギアを選手に供給する仕事。
 

たとえば、Aという選手のクラブを
たまたまBという選手が見て、あとで自分のメーカーに
 

 「あのクラブ、良さそうだから僕にも作ってください」
 

という電話がかかってくることがあります。
 

スペックはこんな感じで、こうしてください、
みたいな感じで伝えられるのですが、その選手に対して
 

 「そのクラブ、実際に(借りたりして)打ちましたか?」
 

と聞いてみると、
 

 「いや、打ってはないんですけど、
  僕のスペックはこれなんで、
  とにかくそれでお願いします」

 

と言われて、まあオーダーには応えて
作って渡すものの。。。
 

次にもしお会いする機会があっても、
そのクラブはだいたいバッグに入っていません(笑)。

そんなことが、大半なのです。
 

こんな話をすると、プロゴルファーたちが
あたかも横柄に感じるかもしれませんが。。。

そういうことではなくて、
それぐらいプレイヤーが言ってることというのは
(プロゴルファーですら)当てにならないということなのです。

数値には出ない、クラブ選びの要素

ということで、一番最善な方法は、
 

 ・ちゃんとスイングを見させていただいた上で

 ・「こういうシャフトの特性です」「こういう重さですよ」
  「こういう風なグリップにしましょうね」というふうに
  選ぶクラブを決めていく

 

という手順を踏んだほうが、
やはり失敗は少ないかなと思います。
 

今はクラブ制作の技術、テクノロジーも格段に進化してます。

そうした技術の進歩によって、全てを数値という形で
可視化することもできるのですが、

「数値が全て適正だから、いいクラブ」
というわけでもないのです。
 

たとえば、数値で表せない代表格が「ヘッドの形」です。
 

 ・ゴルファー目線のヘッドの見え方

 ・その見た目に対しての、振るイメージ
 

当たり前ですが、こういうところは
なかなか数値化は出来ないのですが、

実は、構えた時のヘッドの見た目によって
振るイメージが出てしまうということもあるので、
意外とゴルファーに大きな影響を与えています。
 

ですので、クラブを選ぶということにおいては、
そうした「見え方」も見ていかないと難しい部分はあると、
自分の経験上は感じています。

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。


 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

祝!マスターズ2020開催記念!

未だ収束の兆しの見られない
コロナ禍にあっても…

マスターズを見られる幸せを
あなたと分かち合いたい。

そんな想いから、
江連忠プロのこのベストセラーを
破格の75%オフでどうぞ!

あのレジェンドのスウィングを
自分のものにする方法を手に入れる

詳細はコチラをクリック

期間限定。お早めに 
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ゴルフパフォーマンス, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。