あなたのそのクラブ、軽すぎかもですよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.09.03
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「あなたのそのクラブ、軽すぎかもですよ」
 

という話をさせていただきます。
  

さて、こんなご質問をいただきました。
 

> 自分にとって軽い・柔らかいクラブが
> 良いのか悪いのか(合っていない)迷っています。
>
> よく、自分が振り切れる重い重量が良いとの話を
> 聞きますがいまいち理解できません。

 

はい、これについてはそもそも。。。

実際にどの重量のクラブを試打しているか?

このようにおっしゃるお客様というのはたいてい
 

 そもそも「重たいクラブ」を打ったことがない
 

ということが多いのかなと思っています。
 

どういうことかというと、

 実際に「適正」と考えられる重さのクラブで試打したことがない
 (=適正の重さより軽いレベルまででしか試打をしたことがない)
 

つまり「適正重量まで行ききらない試打」しか
したことがないのであれば、
「しっくり来る」はずがないのは当然のことといえば当然で。。。
  

少し意地悪な言い方ですが、
「1グラム重たい」のも、言葉にすれば「重たい」ですし、

極端に言ったら、「100グラム重たい」のも
同じ「重たい」という部類に入ります。
 

その中にあって、
 

 ・自分にとって一番良い「重さ」を見つけること

 ・そのためには(当然のことながら)
  適切な重量を知るために「振れる重量の限界」を知ること

 ・その重さの広いレンジの中で、
  最適な重さをしっかり見極めること

 

これらが重要になってくるというわけです。

適切な重さを知る「基準」

しかも、今回ご質問をいただいたお客様の年齢(68歳)を考えると、
おそらくゴルフショップに普通に入って
 

 「クラブを探しています」
 

と店員さんに伝えた場合、
いわゆるパッと見た感じの印象だけで
 

 シニア向けコーナー
 

に「こちらですよ~」と連れて行かれてしまったら。。。

軽い柔らかいクラブだけを勧められて、
他の様々な選択肢(重さ)のクラブを振ってみる機会すら
なくなるわけですから。
 

「試打」をしているといっても、
実際のところは試打をしていないのと同じです。
 

そんなこともあって、こうした重さを
ゴルファー自身で理解して決めるというのは。。。

実のところ、やはりなかなか難しいかもしれません。

年齢や性別は…

ちなみに、そうした現実は横に置いておくとして
適切な重さを知る大まかな「基準」としては、
 

 ヘッドスピードが高いところで安定している
 

自分たちがフィッティングをする際には、
そこを見るポイントにしています。
(これにはもちろん、ヘッドスピードが測れる機械が必要ですが)

そして、以前にもお伝えしましたが
自分たちがフィッティングする場合は。。。
 

 年齢や性別は、まず一度置いて考える
 

ようにしています。
 

確かに実年齢のことは考慮したくなるんですけれども
その人個人、パーソナルな部分によって
どのぐらいの重さが振りきれるのかは、異なってきます。

ですので、年齢というものをあまり判断材料にはせずに
自分に合ったものを選んでいただくのが
一番よいだろうというのが、基本のスタンスです。
 

男性でも女性より力が無い方もいらっしゃるかもしれませんし、
(実際、女性でも男性よりも力がある方もいらっしゃいます)

その人の実際の個人の能力としてどうか、ということを
先入観なしに見たほうが、最終的にクラブ選びはうまくいきます。

それを単純に「性別」だ「年齢」だって言って
分けてしまうっていうのは。。。
ちょっとナンセンスかなと、正直思います。

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

上手く行かないゴルファーがすべき
スコアアップのための第1段階のゴール。
それは「アプローチの精度を上げること」。

そしてそのスキルを最も効率的に
身につけられる方法が…
江連忠プロが開発した

 「4(フォー)ウェッジ・システム」

今なら新発売の特別価格でに入ります。

詳細はコチラをクリック!

期間延長しました。お早めに
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 重量フロー | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

あなたのそのクラブ、軽すぎかもですよ」への2件のフィードバック

  1. カズキ

    アイアンのリシャフトを含めてシャフト重量と調子が自分に合っているか分かりません。H/S42~43くらいで、今使用しているシャフトがNS950GH SRです。自分はパワーが無いと思っているので重いシャフトを試した事がありません。
    mizunoのフィッティングにて見て貰ったところ、シャフト重量の推奨帯が110~130gでSのMID調子と診断が出てしまい分からなくなりました。打って見ると、方向性が上がっている事は分かりましたが、飛距離は落ちましたが気になる程は落ちてないとおもいましたが。重い硬めにしたほうが良いでしょうか?

    返信
  2. 伊ちゃん

    仕方がないのかもしれませんが、レフティーもフィッティングしていただける機会が欲しいです。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。