的確なコースマネージメントのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.11.18
morisaki

From:森崎 崇
新宿四谷店の事務所より、、、

こんにちは森崎です。

コースマネージメント。
戦略を持ってコースを攻略すること。

どんなゴルファーでも
一定期間練習すれば、

ある程度は安定的にボールを
真っ直ぐ飛ばせるようになります。

しかし、
ボールが真っ直ぐ飛ばせるようになったからと言って、
それでスコアがみるみる縮まっていくかというと、
そんな事はありません。

練習場で、同じくらいまっすぐに
飛ばすゴルファーが2人いたとして、

一人は90を切るレベルなのに、
もう一人は100すら切れないなんて、
ゴルフではよくある話です。

この2人のスコアの
善し悪しを分けているものこそ、
「コースマネージメント」なのです。

100点満点はプロでも無理

ゴルフでは、
たとえ賞金を稼ぐトッププロでも、
100点満点のショットを1ラウンドの間
ずっと打ち続けることは不可能です。

しかし、上手いゴルファーほど、
自分がどんな状況でミスしやすいか、

逆に、
どんな状況ではミスしにくいかという
自己分析がしっかりできていて、

だからこそ、コース状況と、
自分のスキルを照らしあわせながら、
攻める場面と守る場面を最適に
組み合わせてコースを周ります。

「戦略」をもってプレーすること、

つまり、自分のプレーを
「マネージメント」するということは、

スコアアップの面では、
ドライバー飛距離を10y伸ばすことよりも、
ずっと効果があります。

しかも、ドライバーの飛距離アップと違って、
やろうと思えば今からすぐにでも実行でき、
スコアアップを果たせる分野でもあります。

なので、本日は、
的確なコースマネージメントを行うための
コツをご紹介したいと思います。

一番簡単に、そして短期間で
スコアアップしたいと少しでも思ったことがあるなら、
ぜひ参考にしてみてください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら


要点をまとめます

コースマネジメントで
一番大事なのが「状況判断」

そして、状況判断をさらに深堀りすると、

・距離
・風
・傾斜
・ライ

この4つのポイントが
浮かび上がってきます。

この4つをしっかりと判断した上で
何番で打つのかが定まるのですが、

これら4つのチェック項目を
1ショット1ショット丁寧に実践することで
次第と早く状況判断できるようになります。

早く状況判断ができるということは、
ラウンドのリズムも改善され
スコアに必ずポジティブな影響が
あらわれてくるでしょう。

この4つの項目が、
瞬時に頭のなかで判断できるようになるまで
根気強くトレーニングしてみてください。



<本日のオススメ>

もしあなたが、

 「練習しているのに
  なかなか飛距離が伸びない…」

 「最近飛距離が落ちてきて悩んでいる… 」

 「プロのようなドローボールや
  300y超えのドライバーショットを打ちたいけど
  私には到底無理だと思う…」

ドライバーショットの飛距離アップに
こうした「不安」を少しでもお持ちなら…

練習の不安を解消して理想のスイングが手に入る
こちらの「ワン・サード理論」を使ってみてください。

https://g-live.info/click/one-third2011/


The following two tabs change content below.
森崎崇

森崎崇

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アウトサイドイン, ビジネスゾーン, ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。