フィッティング、成功と失敗の分かれ道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.12.10
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「フィッティング、成功と失敗の分かれ道」
 

という話をさせていただきます。
 

今日はこのような質問をいただきました。
 

> 以前、ドライバーを見ていただいて、
> 新しくしましたが、
> なかなか結果が伴っていません。
>
> 道具に頼るのも選択肢の一つ
> ということは理解していますが、
> ジャストフィットという感覚が
> 持てていないのが「?」ですね。

 

ドライバーをお買い上げいいただいたとのこと、
どうもありがとうございます。

そして、まだジャストフィットの感覚が持てない
とのことなんですが、実はコレ。。。

ゴルフパフォーマンスのお客様からの質問

実はこの質問は、
ゴルフパフォーマンス内でのフィッティングを
早い段階で受けていただいた方からのものでした。
 

実は、これからお話しすることというのは
お客様にもよくご説明することなんですが。。。

フィッティングというもの自体には、
実は下記の2種類が存在しています。
 

 1.現状対処型

 2.将来展望型
 

まず、一つ目の「現状対処型」ですが、
 

 ・スイングは今のままで変わらない(変えない)けれども

 ・そのプレイヤーの悩みを解決するクラブをご提案する
 

というものになります。
 

簡単に言えば、ドライバーのスライスで
悩んでいるお客様に対して、
 

 「じゃあ、スイングは今と変えなくていいので
  このドライバーを使ってみて下さい。
  これで対処しましょう」

 

というパターンですね。
 

いわゆる、通常のゴルフショップさんとかですと、
割とこういうパターンが多いかもしれません。

現状対処型の長所・短所

確かにこの方法(現状対処型)でも
ドライバーのスライスは止まります。

ですが、その後レッスンに通ったりして努力して、
スイングスキルが上がってきた場合。。。

そうしたドライバーを使っている方に
どういう球が出てくるかというと、
 

 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 

 今度は引っ掛けが出るようになる
 

はい、賢明なゴルフライブ読者のあなたであれば
これは少し想像すればわかるとは思うのですが、

クラブでスライスを矯正していて
スイングが良くなってきた場合は当然、
今度引っ掛けるような球が出やすくなるわけです。
 

そんな状況に直面して、
 

 「ああ、自分は今この状態で
  このクラブで左に引っ掛けるようになったから
  きっとスイングスキルが上がったんだな」

 

こんなふうに、ちゃんとその状況を分析できて
またクラブを買い替えられるのなら、問題はありません。
 

ですが、おそらくかなり多くの方は
 

「あれ、今度は左か… 困ったな」

そんなふうに考えて、
 

 「今のクラブのまま、狙ったところに
  飛ばすには、どうしたらいいのかな」

 

と考えてしまった場合。。。
 

また自然と、スライスを打つスイングに
戻ってしまうということが、起こり得るわけです。
 

一方、自分たちゴルフパフォーマンスでは
二つ目の「将来展望型」を採用しています。

つまりこの将来展望型は、
 

 ・スイングは変わるものですよ

 ・ですから、スイングを正しい方向に導くクラブを
  選ぶようにしましょうね

 

という考え方になります。
 

ですので、冒頭の質問者様のように
特にレッスンに通い始めた方の場合、
 

 「なかなかすぐに結果が出ないんですが」

 「クラブを使っていても、
  何となく違和感があるんですが」

 

というご意見をいただくことが、少なくないのです。

そのへんについては、きちんと事情をお伝えして
 

 「自分たちのこうした考えに基づいて
  フィッティングを行っているので
  すぐにジャストフィットはしないかもしれません。

  ですが、信じて付いてきていただければ
  しっかりを後で結果を出していただけるはずです」

 

というふうにお伝えしています。
 

もちろん、現状対処型にしても将来展望型にしても
それぞれにメリットとデメリットがあるわけです。
 

どちらがいい悪いというのは、ありません。

大切なのは、そのへんの事情を知った上で、
信頼のおけるフィッターにクラブの提案を受けること。

結局のところ、それが重要になってきます。

フィッティングのご案内

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」…
 

募集を少しずつ再開しています。

詳細はコチラをクリック!
 

このフィッティングでは、
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することが可能です。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

先日、新商品として公開された
「飛んで」「曲がらない」それでいて「優しい」
新製法のフェアウェイウッド

 『FREIHEIT THE-G チタンFW』

もうご覧になりましたか?

今までフェアウェイウッドに
苦手意識をお持ちだった方でも
簡単に打って飛ばせる

スコアアップの立役者になってくれる
オーダーメイドのフェアウェイウッドですので
ぜひお早めにご覧ください

詳細はコチラをクリック

先着20名様限定。なくなり次第終了 
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ゴルフクラブ, スライス, ドライバー, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

フィッティング、成功と失敗の分かれ道」への1件のフィードバック

  1. Kenkon-Itteki

    私がGPでフィッティングを受けたのは、レッスンを始めた月でした。コーチから早めに受けるように勧められたからです。もちろんスイングは我流そのものでした。
    フィッティングの際は、ヘッド、シャフトの複数の組み合わせを試打して、フィーリングの良いものを選択しておススメクラブを見積もっていただきました。
    これは現状対処型なのでしょうか?それとも将来展望型なのでしょうか?よくわかりません。今はクラブとコーチを信じて練習を続けています。

    返信

Kenkon-Itteki にコメントする コメントをキャンセル

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。